• ホーム
  • グルメ
  • 【2016年の方角は?】節分もこれで完璧!正しい恵方巻きの食べ方

【2016年の方角は?】節分もこれで完璧!正しい恵方巻きの食べ方

恵方巻き

毎年2月3日の節分に食べると縁起が良いとされている恵方巻き。2016年は2月3日(水)です。スーパーやコンビニでも良く見かけるようになりましたが、最近では、豆まきよりも恵方巻きの方が盛り上がっているのだとか。そこで、恵方巻きの知識や正しい食べ方をご紹介します!

そもそも恵方巻きって?

節分に、恵方を向いて願い事をしながら無言で食べると縁起が良いとされている「太巻き(巻き寿司)」のこと。「巻く」ということから「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という意味が込められており、具材は七福神にちなんで7種類使うと、より福が呼び込めると言われています。
ちなみに、7種類の具材とは、あなご(うなぎ)、卵焼き、しいたけ、でんぶ、きゅうり(ほうれん草)、かんぴょう、高野豆腐です。
ルーツは、大阪のある団体が元々江戸時代にあった節分の風習を海苔の普及のために復活させたと言われています。80年代からは各種流通がこれに着目し商品化、宣伝活動も加わりは徐々に知名度を上げてきました。

恵方ってどっちの方角?2016年はズバリ「南南東」!

2016年の恵方「南南東」

恵方とは、陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことです。その方角に、福の神・歳徳神(としとくじん)がいると言われています。今年2016年(平成28年)は「南南東」(南と南東の中間の方向)です。実際の方角は、Webサイトや、スマホのコンパスアプリで調べることができます。
みんなの知識 ちょっと便利帳 - 地図で調べる今年の恵方(外部サイト)

恵方の調べ方

これで完璧!正しい恵方巻きの食べ方

恵方巻きの正しい食べ方

恵方巻きを食べるときは、次の3つのルールで食べましょう。

その1)恵方(2016年は南南東)を向いて、1人で1本を丸かじりして食べる事!
恵方を確認し、「縁を切らない」よう切らずに丸ごと1本いただきます。

その2)恵方巻きは、黙って食べる事!
食べながら話すと、運が逃げてしまうと言われています。

その3)恵方巻きは、一気に食べる事!
願い事をしながら無言で最後まで一気に食べましょう。

ちょっと変わった恵方巻きたち

ただの恵方巻きにマンネリを感じている方に、昨年2015年に発売された一風変わった恵方巻きをご紹介します。
2015/02/01
変わり種恵方巻き『まるごといわし巻』(くらコーポレーション)
2015/02/01
海苔の変わりにズワイガニの脚を使った『一本勝負かに巻き』(大丸東京店)
2015/02/01
2つの味わいを楽しめる『ハイブリッド恵方巻』(松坂屋上野店)
2015/02/01
ブリと胡瓜を山椒と昆布で巻き、上にかぶらを乗せた『鰤恵方巻』(松坂屋上野店)
いかがでしたか。まだ恵方巻き・丸かぶりが未経験の方も、今年こそは挑戦してみてはいかがでしょうか?

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!