• ホーム
  • 映画
  • 中島裕翔インタビュー『やりたいことと求められていること… 自分にしかない“武器”はなんだろう』

中島裕翔インタビュー『やりたいことと求められていること… 自分にしかない“武器”はなんだろう』

ドラマへの出演が続き、いまやすっかり俳優としても人気のHey! Say! JUMPの中島裕翔。NEWS・加藤シゲアキの処女小説の実写化で映画初主演を務める『ピンクとグレー』では、同年代の実力派俳優・菅田将暉との共演も経て、ひとまわり成長した姿を見せている。そんな中島に、俳優としてのいまの想いとHey! Say! JUMPのメンバーとしての自身について聞いたロングインタビュー!

メンバーよりどうやって目立つか…思い悩んでいた過去

――映画は、身近な仲間のなかで葛藤する主人公を描いていますが、中島さん自身が過去に「自分はどうしたいのか、どうなりたいのか」と悩んだり葛藤したりしたことはありましたか?
中島Hey! Say! JUMPはメンバーが9人いるので、そのなかで自分が目立つために、これからどうしていこうかと悩んだ時期はあります。自分はなにができるのか、自分にしかできないことはなにかって探したりして……。そのころは、自分のやりたいことと求められているものがまだわかっていない段階でしたけど、なにかを武器にしなくてはいけないと思って、ドラムやカメラをやってみたりいろいろと手探りで始めていました。

――ほかのメンバーは仲間であり、ライバルですよね。
中島やっぱりメンバーとのことで過去に葛藤はありました。僕が自分の武器を考えている時点で、すでに山田(涼介)はドラマに主演していて、自分に彼と同じことができるかというとできない。でも、自分にできないことがわかっているなら、できることに取り組めばいいんだって気づいて、そこから考え方が切り替わって。思い悩んでいたことが吹っ切れました。

――いま中島さんがメンバーに勝っている武器はなんですか?
中島えー……身長! 背が高いこと! それしかない(笑)。いやいや、しっかりとした武器を見いだせているかと言えばまだそうでもなくて。でも、こうやってお芝居の仕事をいただくのが最近では多くなって、それはすごく嬉しいことだし、“ジャニーズっぽくない俳優”を目指していけたらという目標はうっすらと見えてきています。お芝居をもっともっと突き詰めていけたら……。歌って踊るジャニーズなのに芝居もすごくうまい。岡田(准一)くんのような存在になりたいです。

――岡田さんが目標なら、NHK大河ドラマへの出演も視野にあったり?
中島先日、『デート 〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)の撮影現場でキャストのみなさんとドラマの話になって、大河は撮影期間が長いから大変だし、ほかの仕事も入っているとスケジュールが厳しくなるよねって話を聞きました。でも長谷川(博己)さんに「裕翔はオファーがきたら絶対やった方がいいよ」って言われました(笑)。僕としてもやっぱりやってみたいですね! 未体験のことは経験してみたいし、そこから自分にどういう役が向いているのかということも模索していきたいです。

映画主演の次の有言実行させたい目標とは!?

――10代の頃のインタビューで「22歳で映画主演」と宣言していて、有言実行されました。覚えていますか?
中島えーー! 22歳って言っていたんですか? 覚えていない……。占い師になれるな。未来が見えますみたいな(笑)。

――次の目標をいま宣言していただくことは……?
中島やめてくださいよ(笑)。いつもあたるとは限らないので!! でも、映画はまたやりたいですね。すごくハマりました。

――また違った役をやりたい? 悪役とか?
中島やってみたい役はいろいろありますけど、いつかは悪役もやりたいです。いまはわりと好青年なイメージの役が多くて、自分でもそれが合っていると思うし、やっていて楽しいんですけど、役の幅をどんどん広げていきたいですね。今回はけっこう人間臭い役をやっていて、人間のダークな部分を表現できていると思います。

――オネエ役もうまそうな気がしますが(笑)。
中島うーん、まぁオネエ役もいいかもしれないですね(笑)。「長身を活かしてやってみたいです」(棒読み)。ははは、まったく心がこもっていないですね(笑)。でも、新しい自分を開拓できるという意味では、そういう挑戦もいいですね。

――期待しています。
中島では、それも有言実行させたいと思います(笑)。

リアルすぎて現実との境目がわからなくなった

――今作では、Hey! Say! JUMPの中島裕翔ファンからすると衝撃的なシーンもありましたが、演じるうえでハードだったことは?
中島この映画は、撮影中ずっと山場のシーンが続いているような感覚でした。とくに(菅田将暉との)殴り合いのシーンは深夜2〜3時のすごく寒いなかで大声を出して演じていて。リアリティをすごく追求していたので、感情とアクションをコントロールするのがとても難しかったですね。自分を奮い立たせて本番に臨んだんですけど、役に入り込みすぎて、馬乗りになって殴るシーンで将暉の鼻に肘を当ててしまったり……。そのときはふたりとも一瞬我に返って(笑)。でも、ここで止めるのも将暉に対して失礼だと思ったからそのまま続けたんですけど、カットがかかった瞬間に土下座しました(笑)。

――それは忘れられないですね。大丈夫だったんですか?
中島将暉は大丈夫って言ってくれたんですけど、切り傷を作ってしまって。感情が高ぶっているなかで、うまく殴っているようにみせなくてはいけないから、アクションと感情を見せるお芝居の部分のバランスがとても難しかったですね。

――映画では、脚色されてはいますけれど、芸能界の裏側の事情がけっこう生々しく描かれています。実際に身を置いている世界だからこそ、湧き上がった感情とかはありましたか?
中島芸能界の裏を演じることはわりとやりやすかったですね。さすがに経験したことない部分もあるんですけど、リアルにできたんじゃないかなと思います。インタビューを受けるシーンは本当にリアルで、逆に怖くて(笑)。劇中に映画を試写するシーンがあるんです。(中島、菅田、夏帆の)3人で「映画が完成したら、試写を観ているシーンを実際に試写することになるから、なんか嫌だよね(笑)! 試写後の挨拶で、映画のセリフをそのまま言おうかな」とか話していました(笑)。もう本当にリアルなことをやりすぎているので、現実との境目がわからなくなりました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!