• ホーム
  • 映画
  • 松山ケンイチ&倉科カナ、劇場マナーCMでも放送禁止用語連発

松山ケンイチ&倉科カナ、劇場マナーCMでも放送禁止用語連発

 俳優の松山ケンイチ&倉科カナのコンビで伝説のギャグ漫画を実写化する『珍遊記』(2月27日公開)の劇場マナーCMが解禁された。山田太郎(松山)と坊主・玄奘(倉科)の会話では、やはりふたりして放送禁止用語を連発。後半は“ピー音”ばかりの異色のマナーCMになっている。

 同映像は、『秘密結社鷹の爪』シリーズのDLEが制作したアニメに、役に扮した松山と倉科の顔をあて、この映像のためにふたりがアフレコを行った音声をあわせて完成。劇中さながらのお下劣な会話のなかで、映画館のマナーを説いている。

 BGMに使われているのは、RIP SLYMEによる書き下ろしのオープニング曲(主題歌)「Take It Easy」。同映像でお披露目となった。

倉科カナも田山涼成&笹野高史と“お下劣”会話 予告映像

 俳優の松山ケンイチ、倉科カナらの出演で伝説のギャグ漫画を実写化する『珍遊記』の予告映像が解禁された。温水洋一、ピエール瀧、板尾創路らの強烈なキャラクター役姿のほか、坊主・玄奘を演じる倉科がじじい役の田山涼成とばばあ役の笹野高史と真顔で「ち○こ」会話を繰り広げる衝撃シーンの一部も映し出されている。

 この日公開された予告編は、主人公・山田太郎(松山)とともに天竺を目指すことになる玄奘(倉科)が、太郎と出会う前に偶然立ち寄った家のじじい(田山)とばばあ(笹野)に相談を持ち掛けられ、真顔で「ちんこ」について会話を繰り広げる、妙にシリアスな映画のファーストシーンから始まる。

 続いて太郎、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水)、変身前の山田太郎(ピエール)、こづれ紳士(板尾)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった個性的なキャラクターが次々登場。原作漫画の空気感を再現しつつ、何とも説明しにくい衝撃のアクションシーンの数々を始め、荒唐無稽過ぎて目が離せない同作ならではの魅力を凝縮させている。

松山ケンイチ、お下劣ネタ全開!東映ロゴも○○○になった特報

 俳優の松山ケンイチが坊主頭パンイチで主人公・山田太郎を怪演する実写版『珍遊記』(2016年2月27日公開)の特報映像が解禁された。30秒の映像のなかでは、早くも松山の全裸姿のシーンのほか、変顔やケツのどアップ、オナラで空を飛んだあとの「身、出ちゃったかな?」などのセリフも収録され、劇中に満載されるお下劣ネタの一部が披露された。

 同映像の冒頭では、映画配給元・東映の伝統のあるロゴマークがまさかの湯気つき“うんこ”にトランスフォーム。原作のジャンプ・コミックスの書影や名場面も散りばめられ、伝説になった漫画『珍遊記』の世界観に染められている。そして映像のラストは、映画化決定の第一報でも世の中をざわつかせた原作者・漫☆画太郎氏の「史上最低のクソ映画にしろって言ったのに、なんでこんなにおもしろくしたんだバカヤローッ!! 『◯◯の巨人』の監督に撮り直させろーーッ!!!」コメントを掲載。ケタの違う大作に立ち向かう(?)映画製作陣の強い意思をにじませている。

 特報のナレーションは声優の千葉繁。オリジナル・ビデオアニメ『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』に続いての起用となり、ハイテンションで喋りまくっている。また、映像内では山田太郎以外のキャラクターも一瞬登場するが、配役も含めて作品の詳細はベールに包まれたまま。続報が待たれる。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!