• ホーム
  • 音楽
  • アーティストデビュー30周年の石井竜也の軌跡を振り返る!

アーティストデビュー30周年の石井竜也の軌跡を振り返る!

 アーティストデビュー30周年を迎えた歌手の石井竜也が、10月21日に日本武道館でアニバーサリーライブを開催。その模様が、WOWOWで生中継される。米米CLUBのメンバー、ソロアーティストとして活動するだけでなく、映画監督や芸術家としても才能を発揮する石井が、現在の心境やこれまでの苦悩について語った。

アーティストデビュー30周年……ここに至るまで随分悩みました

――今年アーティストデビュー30周年を迎えられますが、今、どんなお気持ちでしょうか?
石井竜也 みなさんに「石井さん、30年はやっぱり長く感じるでしょ?」といろいろ聞かれますが、俺の場合は、米米CLUBがまずあって、ソロがあって、また米米CLUBが始まって……と10年、10年、10年といった感じで、音楽的にも3つぐらいに区切られているので、正直、30年と言われてもあまりピンとこないんです。石井竜也という米米CLUBに属した人間が一時期ソロになって、また現在はソロと米米CLUBを両立してやっていますが、そういう人間がやれる30周年というのはどういうことなんだろうか、ここに至るまで随分悩みました。

――悩まれたというのは?
石井 米米CLUBと一緒にやったほうがいいんじゃないかと思ったりもしたのですが、既成事実として米米CLUBは一度解散という言葉を使っていますし、そもそも何十周年を記念して何かをやるのが好きじゃないバンドなんです。“米米=88”ということで、8周年を迎えたときに、8角形の日本武道館で8日間ライブを開催したりと、シャレでやったことはありましたが、真面目に○○周年をお祝いしようってことはなかったです。でも、僕個人としては、そういう節目も大事だと思っているので、いろいろご意見はあるかとは思いますが、30周年は、僕だけでやらせてもらおうと決めました。

――悩まれた結果、石井竜也として30周年を記念した全国ツアー、さらに30周年を迎える当日(10月21日)には、日本武道館でスペシャルライブを開催することになったと。
石井 ひとりでいい思いしやがってとか、いろいろ言われるかもしれないですが(苦笑)、まあ米米CLUBのなかにも個人の石井竜也はいたわけですしね。

――確かに。しかも、米米CLUBでは、ボーカリスト&MCとしてのみならず、楽曲からステージセット、脚本、コスチューム、アートワーク、メイク……を手掛けるなど、石井さんがバンドを総合的にプロデュースされていましたよね。
石井 まあ、誰もそんな面倒くさいことやりたがらないですよね(笑)。自分でもよくあれだけやってたなって。ある意味、常に自分との戦いでもあったので、今回は自分にちょっと見えない勲章でもあげようかなと思ったんです。それで今回のツアーでは、“壮絶 石射矢の乱”と題して、自身を将軍に見立てました。

――なるほど。
石井 米米CLUB、ファンの方たち、スタッフとみんなありがとうなんだけど、一番はやっぱり俺の努力で素晴らしいな、石井竜也って(笑)。あっすみません……ちょっと調子に乗っちゃいました(笑)。

映画監督、芸術家……隙間を見つめながらやってきただけ

――いえいえ、まさしくおっしゃる通りですから(笑)。毎回斬新なアイディア、圧倒的なパフォーマンスを披露していらっしゃいますが、今回は30周年ということで何か特別な内容を考えていらっしゃるんですか?
石井 25周年のときには杏里さんをはじめ、多くのアーティストの方が来てくださったので、今回はさらにたくさんのゲストを呼んで、より盛大にやろうというアイディアもあったのですが、いや、待てよと。これは自分で言い出したことだし、自分の問題だし、ステージもファッションもすべてこれまで自分自身でデザインして30年きたんだから、諸先輩方に持ち上げていただいてやるのではなく、徹頭徹尾ひとりで歌ってみようと。声が枯れようが、フラフラになろうが、歌いに歌いまくって、凄まじいなこの人って、たったひとり孤軍奮闘している石井竜也をステージで見せるべきなんじゃないか、何よりもファンのみなさんに観てもらいたいと思ったんです。

――来場されるファンの方たちも、ある種、石井さんと1対1の勝負といいますか。
石井 そもそもコンサートに来ること自体、すごく大変なことだと思います。いろんな街から何ヶ月も前からコンサートのために大切な時間を作ってくださったり……いろんな思いや事情を抱えながらもたくさんの方がわざわざ僕のコンサートに足をくださる。その現実を目の当たりにしたときに、いろんな人に助けてもらって「てっぺいちゃん(石井の愛称)よかったね」って称賛されるよりは、「てっぺいちゃん倒れちゃった。でも、歩伏前進しながら歌ってるよ、すげー!」って(笑)、こっちも必死にコンサートというものに挑みたい。

――まさにそんな石井さんの想いは、9月にリリースされたアルバム『STONE』にも表されていますよね。
石井 これは、ストーンと落ちないという意味もあるのですが(笑)、僕自身の固い意志を示しています。

――石井さんといえば、独自のユーモアあふれるトークセンスも魅力のひとつですが、アーティストとしてはもちろん、映画監督、芸術家としても活躍されていますが。
石井 僕はただ隙間を見つめながらやってきただけです(笑)。まさしくこの業界の隙間産業ですよ(笑)

――とはいえ、どれもが徹底されていらっしゃるじゃないですか。石井さんは、エンターテインメント・バンドを成立させた先駆者的存在でありながら、アートにしても、アーティストが生み出すアート作品ではなく、いち芸術家・石井竜也として国内外から高い評価を得ているのが凄いなと。
石井 まあ、自分が興味があることしかやってないですからね。

――まさしく才能の塊というべき、多才な才能をお持ちでいらっしゃいますが、30年間常にアグレッシブに活動し続けるのは大変じゃないかと。
石井 特に、米米CLUBの全盛期の頃は、ツアーをやっている最中に、次のツアーが既に控えていたので、その為の絵をずっとホテルの部屋で書いていたという記憶しかないですね(苦笑)。コンサートが終わると、疲れきっちゃって、お風呂に入りながら、そのまま眠ってしまって、起きたら水だったとか(笑)。へたしたら生死をさまようぐらいの経験を無意識のうちにたくさんしていました。

石井竜也の30周年スペシャル番組

石井竜也の映画監督初作品『河童』
【放送日時】10月21日(水)午後1時〜 [WOWOWライブ]
石井竜也監督の映画『ACRI』
【放送日時】10月21日(水)午後3時〜 [WOWOWライブ]
石井竜也&米米CLUB LIVE HISTORY
【放送日時】10月21日(水)午後5時〜 [WOWOWライブ]
生中継!石井竜也 30th ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2015 ARROWS HEAD
【放送日時】10月21日(水)午後6時30分〜 [WOWOWライブ]
石井竜也 30th ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2015 ARROWS HEAD
【放送日時】12月2日(水)午後4時30分〜 [WOWOWライブ]

WOWOW番組概要(外部サイト)
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!