• ホーム
  • 音楽
  • 人気ピアノ・トリオ・バンドMV制作の裏側ストーリーに学ぶ ビジネスマンの仕事効率アップ術

人気ピアノ・トリオ・バンドMV制作の裏側ストーリーに学ぶ ビジネスマンの仕事効率アップ術

 “現代版ジャズ・ロック”をコンセプトに、国内外で幅広い活動を展開しているピアノ・トリオ・バンド、fox capture planが、11月4日発売の4thアルバム『BUTTERFLY』に収録される新曲「Supersonic」で東芝「dynabook」とコラボ。dynabook 30周年記念企画として、斬新なミュージックビデオ(以下、MV)企画を実施している。MVを公開するだけでなく、そのMV制作の様子を描いた“ドキュメンタリー風”ストーリーを展開。その中では、新人マネージャーの主人公がdynabookにインストールされているアプリを活用しているのだが、その活用法は、ビジネスマンにとってとても参考になるものばかりだ。

滅多に見られないMV撮影の“裏側” 新人マネのビジネスアプリ活用

 今回はそのアプリについて、ストーリーとともに紹介していきたいのだが、まずその前にMVドキュメンタリーのあらすじを簡単に紹介しておこう。レコード会社に就職したばかりの新人・清水(架空人物)は、fox capture planのマネージャー。初めての大きな仕事として、新曲のMV制作という超大型プロジェクトを任される。右も左もわからない中、この仕事を完成させるため、清水はdynabookと、3つの本格派ビジネスアプリを駆使し、奔走していく。

 ストーリーは4つの場面に分かれていて、まずは清水が上司とバンドメンバーから、MV制作を指示されるミーティング風景から始まる。ここで登場するアプリが、ボイスレコーダーアプリ「トゥルーレコーダー」だ。

 同アプリは、会議などの議事録として強い力を発揮する。1レコード最大約3時間の録音が可能で、なんと音声を分析して、話し手を識別。複数の声のなかから特定の人物の発言のみを再生したりすることができる。たしかに、会議や打ち合わせなどで、多くの人が話している場合、どの声がどの人のものか、後で録音した音声を聞き直してもわからなくなってしまうことは多い。そんなときでも、このアプリがあれば特定ができるし、重要な人の発言だけ聞きたいという場合にも、とてもありがたい。

オフィスでの“あるある”で大活躍

 次の場面は、MV監督との打ち合わせ。深夜まで、ホワイトボードを前に、2人は激論を繰り広げる。ここで清水が活用していたのが、カメラアプリ「トゥルーキャプチャ」と、手書きノートアプリ「トゥルーノート」。「トゥルーキャプチャ」は、対象物を撮影し、ノートに添付することが可能だ。斜めから撮影しても正面からの画像に補正することができ、撮影した書類の文字を認識して自動でテキスト変換もしてくれる。「トゥルーノート」は、書きたい時にすぐメモを取れ、手書き文字や図形をデータに変換することが可能。さらに、メモした文字やマークを検索できたり、書いた文字の色や太さを、あとから変更したりすることもできる。

 打ち合わせで清水は、ホワイトボードを「トゥルーキャプチャ」で撮影して、その画像を「トゥルーノート」に貼付。そこに手書きで書き込んだり、さらに画像を付け加えたりしながらブラッシュアップし、監督も納得の書類を作成する。さらに、手書き文字などをテキストデータにして、完璧な企画書をつくり上げた。ストーリーを実際に見れば、ほとんどの社会人が、この清水の活用法に、「これは便利!」「すぐにこのアプリを使いたい!」と感心するはず。それぐらい、会社などではよくある風景であり、この2つのアプリが活躍するシーンは、働いているときにはそれこそ無数に直面する。

使い方次第で無駄な残業とももうサヨナラ!?

 そしてさらにうなってしまうのが次の場面。MVの企画プレゼンで清水が、多くの関係者の前で、先述の企画書のパワーポイントのデータをプロジェクターに映し出す。「トゥルーノート」で作成したものを、そのままパワーポイントに変換して、会議に出席したのだ。「トゥルーノート」と「トゥルーキャプチャ」があれば、打ち合わせからプレゼンまでがとてもスムーズに繋がる。メモ書きをいちいち記録し、それをデータに打ち直して、という手間が一気に省けて、効率のアップ度は計り知れない。誰もいなくなったオフィスで1人、終電まで企画書づくりなんていう無駄な残業とも、もうサヨナラだ。

 ストーリーは、関係者を集めての試写において、完成したMVが絶賛される場面で完結。スペシャルサイトではもちろん、“完成”した「Supersonic」のコラボMVも公開されている。fox capture planが奏でる小気味良いメロディを聞きながら、ぜひあなたの仕事も、dynabookと3つのアプリでテンポよく進めてみてはいかがだろうか。会社での時間の使い方が、これまでとはガラリと変わるはずだ。

TOSHIBA dynabook 30周年記念企画 MVドキュメンタリー「fox capture plan × dynabook」(外部サイト)

Sponsored by 東芝

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!