• ホーム
  • 芸能
  • 女芸人への“ブスいじり”、どこまで許される?

女芸人への“ブスいじり”、どこまで許される?

 ハリセンボンやアジアン、ニッチェ、おかずクラブなど、日々テレビ番組を明るく賑わせている女芸人たち。共演者からの“イジり”に対して芸人ならではのユニークな切返しで応え、番組を盛り上げてくれている一方で、最近ではアジアン・隅田美保が「ブスいじりのせいで婚期を逃した」と週刊誌の取材で訴えたとされ、各方面で物議を醸している。芸人なんだからいじられて当たり前なのか。それとも、対女性としての最低限のラインは守るべきなのか。女芸人に対する“いじり”の線引きは非常に難しい。

テレビ界で活躍する上では“イジられてナンボ”な面も

 女芸人への容姿に対するイジりは、今に始まったことではない。ストレートに“ブス”とは言わないまでも、容姿イジりは山田花子、オアシズ、森三中など、歴代の女芸人たちにとってはブレイク過程で必ず通るべき道でもあり、彼女たちはそのイジられる内容を最大限に活かした芸を武器に人気を伸ばしてきた。1万人はゆうに越える芸人が活動していると言われるお笑い界において、個性的な容姿は一歩抜きん出るにあたっての大きな武器となる。“ブス”という言葉が誇張表現だったとしても、少なくともテレビ界で活躍していく上では、“イジられてナンボ”と考えている人も多いのではないだろうか。

 一方で、いくら芸人とはいえ、武器になるといっても、“ブス”と言われ続けて全く傷つかないわけがない。そしてイジる側だって悪気があるわけではなく、女芸人ならおいしいだろうと、よかれと思ってやっているはずだ。『よしもとべっぴん&ぶちゃいくランキング』の「ぶちゃいく部門」で殿堂入りも果たしている隅田だってそんなことは百も承知だろう。「ぶちゃいく部門」「べっぴん部門」のそれぞれ1位がコンビを組んでいるというギャップは武器のひとつ。それでも「ブスいじりのせいで婚期を逃した」と訴えるに至るまでには、相当の葛藤があったに違いない。

ひとりの女性としての葛藤

 もちろん、容姿イジり=結婚できない理由だとは断言できない。女性の魅力は容姿だけではないし、山田花子や森三中の村上知子は容姿をイジられていても世間一般的に言われる“イケメン”をゲットし、結婚した。しかし年齢を重ねて、周囲がどんどん結婚していく中、女性としての幸せについて考え行動したとき、“ブス”というイメージが足かせになることも多いだろう。飲み会など私生活でも場を盛り上げるために「ブス」と言われることもあるかもしれない。

 山田や村上が結婚してからすっかり女性らしくなり、今や容姿をイジられなくなったことからもわかる通り、芸人であっても心は乙女。素顔は普通の女性だ。覚悟を決めてバリバリ働いていたキャリアウーマンがふと立ち止まって人生を振り返ったときに感じる寂しさのようなものを、女芸人も感じているのかもしれない。隅田は騒動以降、婚活のためにテレビ番組への出演を控え、舞台を中心に芸能活動を行っている。もともとお笑いコンビとして数々の賞を受賞するなど、漫才の実力は折り紙つきのアジアン。テレビで当分見ることができないのは少し寂しい気もするが、今後は原点に立ち返った漫才での評価を高め、再び話題をかっさらってほしいものだ。

 容姿イジり自体はエンタテインメントを面白くするうえで悪いものではない。覚悟を決めて女芸人になったのなら、ブレイクするためには“イジられてナンボ”だ。でも、一人の女性として考えると、やはり「可愛い」「美人」と言われたい。どちらの気持ちも理解できるからこそ、難しい問題だと感じる。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!