• ホーム
  • 音楽
  • 伝統的ある“付属女子校系” 欅坂46の戦略とは?

伝統的ある“付属女子校系” 欅坂46の戦略とは?

 乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾となるアイドルグループ・欅坂46(けやきざかフォーティーシックス)の初代22人が決定した。グループのカラーや乃木坂46との関係などについて、運営側は「どういうふうにしたいか、というものはない。メンバーたちから生まれる何かで決まる」としているが、そのなかで選ばれたメンバー22人から見える方向性を探ってみよう。

乃木坂46の“即戦力性”に対し、欅坂46は長期的な育成か?

 グループ名は当初、鳥居坂46としてメンバーを募集。最終審査が終わって会見となり、フォトセッションまで進んだ段階で、欅坂46への改名がサプライズ発表されてメンバーたちを驚かせた。“鳥居坂”は語感も実際の坂も地味な印象なのに加え、通り沿いには乃木坂46のアンダーライブが行われた六本木ブルーシアターがあり、一部でアンダーメンバーの鳥居坂46への移籍も噂されていた。今回の突然の改名には、“乃木坂46のアンダー”=妹分的な序列イメージを消す意図もあったかもしれない。

 メンバー22人の年齢構成は17歳が7人、18歳が5人と多く、最年少は14歳、最年長は20歳。会見では全員、それぞれ別々の制服衣裳を着用し、スカートは膝丈。基本的には乃木坂46と同様、清楚な路線を打ち出すのは間違いなさそうだ。乃木坂46メンバーのヴィジュアルの良さはアイドルグループでトップと言われているが、欅坂46も顔立ちのきれいな美少女が揃っておりレベルが高い。特に、最年長20歳の渡辺梨加や14歳の平手友梨奈ら会見で最前列に並んだ4人はかなり目を引いた。

 ただ全体的には、乃木坂46が当初からヴィジュアル的に出来上がっている感じのメンバーが多かったのに比べれば、素朴さがあり“原石感”が強い。また、乃木坂46ではオーディション合格時点で『ミスマガジン2011』のグランプリだった衛藤美彩や、ももいろクローバーの初期メンバー、地方アイドルグループの元メンバーなどもいたが、欅坂46には大きな芸能活動歴のあるメンバーはいない模様。“AKB48の公式ライバル”を掲げてスタートした乃木坂46には即戦力性が求められていたのに対し、ある程度長期的な視野での育成も見据えられていそうだ。

乃木坂46の“女優顔”対し、欅坂46は“モデル顔”が多い

 ヴィジュアルについてもうひとつ加えると、乃木坂46には“女優顔”が多かった。運営スタッフからも「女優集団にしたかった」との話が出ていて、舞台演劇『16人のプリンシパル』公演が毎年行われている。それに対して欅坂46には“モデル顔”が多い印象があった。実際にモデル活動も希望しているメンバーも少なくないそうだ。

 会見では「センターになりたい人は?」との質問に手を挙げたのは5人と少なめ。今後のグループとしての抱負は、「乃木坂46さんやAKB48さんと肩を並べたい」といった定番の答えに混じり、「仲良しなグループになりたい」との発言も続いた。普通の中高生たちがオーディションを終えたばかりの会見で、緊張で控えめになるのは当然としても、全体の雰囲気は穏やかで朗らかに感じられた。

乃木坂46より親近感があり、伝統ある“付属女子校”イメージ

 AKB48は郊外の県立の共学校、乃木坂46はミッション系の私立女子校のイメージと言われることが多いが、会見での欅坂46の印象は、伝統ある家政系大学の付属女子校、といったところか。“良妻賢母”を校是としているような。乃木坂46より親近感があり、AKB48より清廉さが高い路線に行く気配がする。前述のモデルっぽさとも相まって、普通の女子に受けが良いアイドルグループになるかもしれない。

 とはいえ、総合プロデューサーの秋元康氏は「予定調和的な企画を嫌う」とスタッフがよく語っている。秋元氏自身、アイドルグループのプロデュースについて「ポップコーンをフライパンで火にかけて、どの豆が弾けるかはわからない」との例え話をラジオでしていたこともある。欅坂46がどんなグループになるのか? 乃木坂46の妹分なのか? それともライバルなのか? 「すべてメンバーたちから生まれるもの次第」との運営側の発言はそのままの意味で受け取り、予断なしに展開と成長を見ていくのが楽しみ方としては正解なのだろう。

(文:斉藤貴志)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!