• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、ドラマが生まれた横浜スタジアムの弾き語りライブ!3万人で雨上がりの大合唱

ゆず、ドラマが生まれた横浜スタジアムの弾き語りライブ!3万人で雨上がりの大合唱

 人気デュオ・ゆずが、8月15日、16日に地元・横浜スタジアムで『ゆず弾き語りライブ2015 二人参客』を開催した。同所での単独有料ライブは2000年夏に行われた『夏の野球場ツアー2000 満員音(楽)礼〜熱闘!Bomb踊り〜』以来、15年ぶりのことで、1日目を「緑の日」、2日目を「黄色の日」と命名。一部を除く演奏曲すべてを2人の弾き語りスタイルで敢行し、2日間で6万人を動員した。ORICON STYLEでは2日目、16日の公演をレポート! 土砂降りの雨に見舞われながらも、ゆずとファンの一体感を感じる非常に熱い一夜となった。

序盤に降り始めた雨がいつしか大粒に

 「黄色の日」と題された2日目。マーチングバンドのファンファーレとともにスタジアムの照明が点灯すると、ファンが着用した黄色いTシャツが鮮やかに映えた。バックスタンド前に設置された緑に覆われた巨大なアーチをくぐり抜け、北川悠仁と岩沢厚治が登場すると、“ゆずっこ”と呼ばれるファンは大歓声。岩沢が自身の右足と北川の左足をひもで結びつけると、バンドの演奏とファンの手拍子に合わせ、コンサートタイトルを体現した“二人三脚”でセンターステージへと上がっていった。

 360度ぐるりとファンに囲まれた舞台は、フラワーアーティストの東信氏が200種類以上の植物を用いて作り上げた“グリーンステージ”。巨大な樹木や色鮮やかな草木、水辺のシダやコケ、小さな魚などが共存する生命力あふれるステージでのコンサートは、「センチメンタル」で幕を開けた。ところが、いつしかレフトスタンド側一面に黒い雨雲が垂れ込め、2曲目「ところで」を歌い始めたところで、<雨雲が抜けるのを待ってる 雨降る晩は悲しくても…>の歌詞に合わせたかのようについに小雨がぱらつき始めた。北川は最初にうちこそ「雨!? ウソ! さっきまで晴れてたじゃん!」「けっこう、こういうの燃えちゃうよね」とおどけていたが、次第に大粒になり、みるみるうちにスクリーンが見えなくなるほどに。それでもフルスロットルでライブは続く。

路上時代のレア曲を次々と披露

 デビュー前、路上ライブを行っていた伊勢佐木町から横浜スタジアムはJR関内駅を挟んで徒歩10分足らずとあり、路上時代に歌っていたという「心の音」「ねこじゃらし」の2曲をホームベース側に向かって歌唱。歌い終えた北川が「360度ステージということで、せっかくなのでいろんな方向を向いて歌わせていただきたいと思います。実は今回、こういうシステムになっております」とにんまりすると、ステージが自動的にゆっくりと時計回りに回転した。「18年もやってると、ステージを回してくれるようになるんだね」(北川)、「偉くなったもんだね」(岩沢)と2人はご満悦で、3塁側の観客に向き合った。

 続いて北川が「次は路上時代よく歌っていた曲なんですけど、音源化されていない曲をお届けします。知ってる人がいたら大したもんですね」というと、岩沢も「大したもんだね。これは知らないと思いますよ。知らなくてもさ、知ったフリして手拍子してくれるとうれしいです」と追随し、路上時代に歌っていた「流れ者」を熱唱。「歌っていて思い出したけど、ファンがまだいないとき、雨が降るとせっかくのお客様が帰ってしまうなぁと思いながら歌ってたけど、きょうは帰さないからな」と茶目っ気たっぷりに宣言し、拍手喝さいを浴びた。

 ライブ前に特設サイトで募集していた風変わりなリクエストの結果も発表。応募総数2万8371件の中から、『コンビニで店員さんに「温めますか」と聞かれ、レンジでお弁当が温まるのを待っている間に聴きたい一曲』として選ばれた「もうすぐ30才」、『街中で「久しぶり!」と声をかけられたけど、誰だかまったく思い出せないときに聴きたい一曲』として選ばれた「連呼」の2曲を披露した。岩沢のバンジョーの演奏で歌った「もうすぐ30才」の最後の歌詞を実年齢の「もうすぐ40才!」に替え、ユーモアたっぷりに締めくくった。

雨上がりの「虹」に「ライブっていいなー!」

 雨脚は弱まることなく強まる一方となり、北川は「みんな、ちょっとタイム! 大丈夫か? どうする? どうしようか? やめるっていうのもあるけど」と提案。観客の「エ〜!」「イヤー!」と悲鳴まじりの絶叫に「やめるわけないよな。よし、ついてこれるか? 大丈夫か? 歌って元気になろう!」と呼びかけると、「友達の唄」を歌い、雨に打たれ続けるファンを鼓舞した。岩沢が「(雨)すっげーな」と絶び、北川が「いけるかまだ? よっしゃ行くぞ、次の曲にいきたいと思います」と言ったところで一斉に照明が落ちた。「停電?」と客席がざわめくなか、しばらくして映像がスタート。演出であることがわかりファンが安心したところで、若手クリエイター集団・渋家(シブハウス)とコラボレーションした「柚渋メドレー」に突入した。

 EDMに乗せ、カラフルな衣装を着たダンサーとともに、「岡村ムラムラブギウギ」「する〜」「イロトリドリ」「LOVE&PEACH」をパフォーマンス。北川は「いちご」でパラパラ風のダンスを披露し、「向日葵ガ咲ク時」のサビの前で一瞬会場が暗転した直後、リストバンド型の「シンクロライト」が一斉に黄色く発光すると、大歓声があがった。<もうすぐ雨は通りすぎるから>と歌ったとおり、次第に雨脚が弱まっていき、「ワンダフルワールド」を歌唱中にはすっかり雨があがった。

 メドレーが終わり、再び2人だけのステージに戻ると、岩沢は「雨がやんだぞー!」と絶叫し、観客の手拍子に乗せて「シシカバブー」を歌唱。続けて、代表曲「虹」で力強いハーモニーを響かせた2人は演奏を止め、北川の指揮で<雨上がりの空に〜そっと架かる虹の橋〜♪>の大合唱となった。北川は「『ワンダフルワールド』で雨が上がって、みんなで『虹』を歌うなんて。ロマンチックだなー! ライブっていいなー!」と叫び、「すごいきつい雨の中、一緒に頑張って耐えてくれて。ホントに見てて泣けてきたよ。悪いな、ありがとな」と感謝しきりだ。

改めて伝えたファンへの感謝

 北川は「よかったら一緒に温まりませんか? 温まるのにピッタリの曲、いきたいと思います」と曲フリし、デビュー曲「夏色」を小躍りしながら熱唱。ファンがお約束の「もう一回」コールで盛り上がると、「何考えてんだよ、一時は中断しそうになったんだぞ」と苦笑いしつつも「でもさ、こんなすごい雨の中、みんな一緒に頑張ってくれたよね。もういっちょ、やらないわけないだろー。かかってこーい!」と叫び、サビの大合唱となった。一呼吸置いた北川は「うちのリビングで岩沢くんに『ゆずをやろう』と声をかけまして、ゆずが始まりました」と回想。「2人でしょうもない歌を作って歌っていたんですが、僕らの歌を聴いてくれる人が現れて、それがどんどん増えていって、こうして僕らが18年も歌い続けることができるなんて…。そして、ここ地元・横浜で、こんな雨に打たれながら、必死に応援してくれるお客さんがいて、ホントに幸せです。ありがとう」と改めて感謝した。

 続けて「僕らが歩き出した、ゆずという“二人三脚”。そこにたくさんのスタッフがかかわってくれました。その足は“何百人何百脚”となりました。そこにたくさんのお客さんが僕たちと息を合わせてくれて、時々つまずいても助けてくれたり、ちょっと行き過ぎたときは止めてくれたり、気がつけば、“何百万人何百万脚”になっていました。時間が経つと、たくさん変わっていくものがあると思います。しかし、変わらない思いもたくさんある。そんな変わらない思いを、これからも一緒に歩いてくれるみんなのために作り続け、歌い続けていこうと思います」と決意を新たにし、路上時代の映像とともに、本公演のテーマ曲「二人三脚」を熱唱し、本編を締めくくった。

 アンコールでは、関東学院マーチングバンド総勢114人による「夏色」の演奏とともに観客が手拍子し、ゆずの2人が再び登場ゲートから姿を現すと、同バンドとのコラボレーションで新曲「終わらない歌」をライブ初披露。再び2人に戻ると、「少年」に続き、「栄光の架橋」でフィナーレを迎えた。「1番は俺たちが伴奏するから、歌える人がいたら一緒に歌ってください」という北川の提案で、1番のファンの大合唱を引き継ぐ形でゆずが歌い上げると、大雨を乗り切った会場は不思議な一体感と感動に包まれていた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!