• ホーム
  • 芸能
  • 知英、日本デビュー1年で女優としての新境地「自分を捨てています(笑)」

知英、日本デビュー1年で女優としての新境地「自分を捨てています(笑)」

日本を中心に女優活動をスタートしてから1年。元KARAという肩書きもすっかり不要になった知英(ジヨン)が、難役に挑戦して女優としての新たな顔を見せた。総理大臣とその息子の心と体が入れ替わる奇想天外なストーリーで話題を呼ぶドラマ『民王』(テレビ朝日系)の14日に放映された第3話。知英演じる女子大生が、なんと総理の政敵と入れ替わっていたことが明らかになった。女子大生の姿でオヤジを演じる知英に、新境地となった女優業について、日本での1年を経た“今”について聞いた。

あっという間の1年 すべてのことを覚えている

――日本の夏をまるまる経験したのは初めてですよね?
知英昨年8月の終わりに日本に来て、そのときはもう涼しかったんですけど、今年はすっごい暑くて! 『民王』で大学のキャンパスで朝から晩までロケをしたときは、暑さで言葉も出なくなって、体が溶けちゃいそうでした(笑)。

――食欲が落ちたりもします?
知英それはまったくないです(笑)。日本の鰻みたいに、韓国料理のサムゲタンを食べる日があって、ちょうどその日にマネージャーさんたちと食べました。そのおかげか、夏バテはまったくしていません。
――日本で女優活動を始めて1年、順調に歩んできているようですね。
知英あっという間でしたけど、それぞれの瞬間ごとに何をやっていたか、全部覚えています。『暗殺教室』を観た方からは「KARAにいたジヨンだとわからなかった」というコメントをいただきました。

――それだけ役に入っていたのかと。女優を始めた頃と今で、演技への取り組みとか変わった点もありますか?
知英日本語が1年前よりだいぶわかってきて、自分で監督に「ここはこうすれば?」と相談したり、お芝居にちょっとだけアドリブも入れられるようになりました。

いろいろ男性を勉強しました(笑)

――そんななか、『民王』ではここにきてまさかの物語の展開で、オヤジと心が入れ替わるという日本人でも難易度の高い役を演じましたね。韓国人の知英さんが日本人を演じるだけでもハードルは低くないのに。この作品のオファーを受けたときはどう思いました?
知英正直、私にできるのだろうかという不安ばかりでしたが、マネージャーから「大丈夫。できるよ。やり切ったらすごい」と力いっぱい背中を押されたのと、台本を読んだらとてもおもしろかったので。「自信を持て、知英!」と自分に言い聞かせて、オヤジ研究を始めました。

――どんなふうに?
知英父に「私と入れ替わって男友だちと会ったらどうする?」と聞いたり、周りの男性を毎日じ〜っと観察したり(笑)。そうしていたら、ある日、打ち合わせでテレビ局の方がアゴを指でさすっていたんです。クセでヒゲが伸びたのが気になるんですって。「男の人ってそうなんだ」と思って、いただきました(笑)。あと、立つときに男の人は片足に重心をかけて、腕を組んだり腰に手を当てていたり、座っているときに足を開いていたり。皆さんを見ていろいろ男性を勉強しました(笑)。
――蔵本役の草刈正雄さん自身の仕草を取り入れたりも?
知英出演されていた作品を観ましたけど、草刈さんはダンディな方で姿勢もきれいで、オヤジっぽくなくて。ただ、『民王』の第1話から、蔵本は考えごとをしながら「んー」と言うんですけど、すごく独特だったのでそれをマネするのは難しかったです(笑)。草刈さんも監督の演出でやったわけではなく、何となく出たのが蔵本のクセということになったそうです。そんなところもおもしろいです。

――“オヤジ練習”もかなりしたんですか?
知英現場で監督の演出を受けています。急なオーダーもありますが、おもしろく作ってくれるので助かります。今では、もうすっかり自分を捨てて演じています(笑)。どんな変な顔、姿に映っていてもぜんぜん気になりませんし、むしろそれが楽しいです。私のイメージなんて関係なくて、知英はそこにいないので「ここまでオヤジ!?」とガッカリされる方もいるかも(笑)。でも、こんな役には2度と出会えないと思うし、自分がここまでできて嬉しかったです。女優として演じることの本当の楽しさを教えてもらった気がします。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!