• ホーム
  • グルメ
  • 新商品から高級レトルトまで “夏カレー”で猛暑を乗り越えろ!!

新商品から高級レトルトまで “夏カレー”で猛暑を乗り越えろ!!

 8月に突入し、各地で連日の猛暑日が続く今日この頃。熱中症で救急搬入された人が2008年の統計開始以来過去最多となるなど、体調にも大きな影響を及ぼしている。暑さで食欲がなくなる人も多いだろうが、倒れないよう栄養のある食事を摂りたいところ。ついつい、そうめんや、冷やし中華に手を伸ばしがちだが、そんなときこそスパイスの効いたカレーで元気をつけたい!

夏こそカレーの季節! カレー専門店では様々な“夏カレー”が彩りを見せる

 四季を通して日本人に愛される「カレー」だが、やはり暑い夏にこそスパイスの効いた辛いものが食べたくなるもの。各店舗では個性溢れるカレーが売り出されており、夏限定メニューも多数登場。金沢カレーの火付け役『ゴーゴーカレー』では、ハンバーグ&フライドエッグがのった「ハワイアン・ロコモコ風カレー」を、『カレーショップC&C』では「夏野菜とピリ辛ひき肉のスパイシーカレー」や「彩り野菜のオムカレーカレー」など、夏を乗り切る旬の野菜がふんだんに使用された特別メニューを展開。

 さらに、『カレーハウスCoCo壱番屋』では夏の期間限定メニューである「手仕込チキンカツ」「チキンと夏野菜」「イタリア風トマトバジルソース」の3種類を一皿に集結させた、ボリュームたっぷりの「真夏の祭典カレー」が登場。実はこの商品、新日本プロレスリング「G1 CLIMAX」とのコラボカレーで、同商品を食べた人から抽選で新日本プロレスの選手とカレーを食べることができるイベントに招待するという。

ホテルならではのオシャレな高級カレーも人気

  • 『第14回東急ホテルズ料理コンテスト』のランプリを獲得した「野菜と穀物のスパイシーカレー 菜園仕立て」

    『第14回東急ホテルズ料理コンテスト』のランプリを獲得した「野菜と穀物のスパイシーカレー 菜園仕立て」

 また、今年5月に開催された『第14回東急ホテルズ料理コンテスト』では、「東急ホテルズ夏カレー」をテーマに、全国の東急ホテルズの料理人たちがその腕と味を競い合った。グランプリを獲得したのはセルリアンタワー東急ホテル所属の竹末宗弘氏。考案されたメニューの「野菜と穀物のスパイシーカレー 菜園仕立て」は7月と8月の2ヶ月間、全国の東急ホテルズのレストランで販売され、ホテルならではのオシャレなカレーが味わえる。

 一方、お手軽に夏カレーを堪能できるのが『モスバーガー』の夏限定メニュー「カレーモスバーガー」だ。代表作モスバーガー史上で初となるカレーソースということで話題を集めている。「もしも、モスバーガーのミートソースが、カレーだったら?」をテーマにモスのソースづくりの達人が、日本人に愛される味を追求。ソースの味が決まるまで100以上のレシピが試されたといい、ハンバーガーと相性バッチリの奥行きのある味わいを堪能することができる。

外には出たくないインドア派には“レトルトカレー” 変わり種から本格派まで

  • レトルトカレーで味わえるご当地カレー

    レトルトカレーで味わえるご当地カレー

 「美味しいカレーは食べたいけど、蒸し暑い日に外に出るのはイヤ!!」。そんなインドア派にぴったりなのは、お手軽なレトルトカレー。全国のご当地カレーなど様々な種類のカレーを自宅で楽しめるのがレトルトカレー最大の魅力である。実はお中元として贈る人も多く、毎年夏前にお中元特集サイトを開設する『楽天市場』では、レトルトカレー特集ができるほど人気が高まっている。

 なかでも注目したいのは、レトルトカレーの定番『ボンカレー』から夏限定で発売された『ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー』。なんとこの商品、冷蔵庫で冷やして“カレーそうめん”としても食べられる“冷やしても美味しいカレー”なのだ。同商品を麺つゆ代わりに使用するというお手軽さも大きな魅力だ。
  • 新ブランド『メイフェアキッチン』のレトルトカレー7種類

    新ブランド『メイフェアキッチン』のレトルトカレー7種類

 お店で食べるような本格派カレーを家で楽しみたい人にお勧めしたいのは、8月に販売を始めた新ブランド『メイフェアキッチン』のインドカレー。本場インドの女性シェフと同社の開発チームのコラボにより作られたこだわりの一品で、細やかで上品な味わいに仕上がっている。安全性にも気を配り、一切小麦粉を使用しないなどのこだわりもみせている。種類も豊富で、日本ではあまりなじみのないウコンカレーやほうれん草カレー、現在、流行の兆しを見せている本格派のタイカレーなども販売されている。

 一口に“カレー”言ってもその楽しみ方は多種多様。庶民的なカレーを食べたい日もあれば、本格的なインドカレーを食べたくなる日もあるし、ちょっと変わり種に挑戦したくなる日もあるだろう。猛暑で何をせずとも大量の汗をかくならば、思いっきりカレーを掻き込んで、文字通り“いい汗”をかきたいものだ。

公式サイト『メイフェアキッチン』
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!