• ホーム
  • 芸能
  • ケイン・コスギ、実は弱かった? 反響大で幻の映像再放送

ケイン・コスギ、実は弱かった? 反響大で幻の映像再放送

 俳優のケイン・コスギが出演し、たった一度しか放送されなかったオンライン動画配信サービス『Hulu(フールー)』の幻のテレビCM「フールーとヒーロー」が、WEB上で公開され、話題を呼んでいる。その反響を受けて8月30日に再放送も決定。CMでは、普段はかっこいいケインだが、ヒーロースーツを着た瞬間、マッチョで頑張り屋ではあるものの、弱く頼りないヒーロー“ケインジャー”に変身してしまうというもの。ハリウッドでも活躍するアクション俳優が、とんでもなく弱いヒーロー役をコミカルに演じている。

弱すぎる頼りないヒーローの“ケインジャー”、ケインの身体能力を活かせず!?

 ケイン・コスギといえば、ハリウッドスターのショー・コスギを父に持ち、柔道や剣道、空手やテコンドーなどのあらゆる武道を幼少期より学び、アクション俳優としてハリウッドでも活躍。8歳のとき、父の主演するハリウッド映画『ニンジャII・修羅の章 (REVENGE OF THE NINJA)』で俳優デビュー。ワイヤーアクション全盛のなか、体ひとつでストイックなまでに役に取り組み、スコット・アドキンスとのダブル主演のハリウッド映画『ニンジャ・アベンジャーズ』(2015年日本公開)では、体脂肪率を4パーセントに絞って撮影に臨んだ。日本では、スポーツバラエティ番組『筋肉番付』(TBS系)で優れた身体能力を発揮し、スポーツタレントとしてお茶の間を賑わした。
 そのケイン・コスギが、同作では勝てないヒーロー“ケインジャー”役を熱演している。『ウルトラマンパワード』(TBS系)では主演のケンイチ・カイ役を、『忍者戦隊カクレンジャー』(テレビ朝日系)ではジライヤ(ニンジャブラック)役と、颯爽と悪を倒す特撮のヒーロー役を演じてきた。一方、『Hulu』のテレビCMでは、悪にやられる弱く頼りないヒーロー“ケインジャー”。

 『Hulu』で配信中の映画『スパイダーマン』や『ウルトラマン』、『アイアンマン』の必殺技を自宅でコツコツと練習し、人気海外ドラマ『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウアーさながらの拳銃さばきも習得。そんなとき、ケインジャ―の携帯電話が鳴り、SNSを見ると怪人からの動画を発見し、拉致された女の子が助けを求めている。女の子を救うべく、タクシーに乗り込み、移動中も『アイアンマン』の戦闘シーンをマスターするべく練習に励むが、いざ怪人と戦うも、あっけなく負けてしまうというもの。

バカバカしさが笑える、ツッコミどころ満載の映像!

 このCMの面白さは、ケイン・コスギが弱いヒーローというだけではなく、どのシーンを取ってもツッコミどころが満載だということ。怪人に負けて、部屋の片隅でヘコみ、悔しさのあまり『Hulu』で配信中の特殊能力を持ったヒーロー映像を参考にするが、『スパイダーマン』のように糸を出せるわけでも空を飛ぶわけでもなく、テレビに向かって仕草を真似するだけ。壁によじ登る練習に至っては、部屋のふすまに張り付き、クモが動くような仕草をするのみと、これでは到底強くはなれない。
 さらに、敵である怪人とはSNS上で友だちで、SNSに投稿された動画を観て連れ去られた女の子を助けに行くが、移動手段はタクシー。家で観ていた『アイアンマン』の続きを移動中もスマホでチェックし、戦い方や動きを練習するが、あくまでそれは振りのみ。にも関わらず、女の子の前では自信満々で爽やかに振る舞うも、あっけなく敵にやられてしまう。思わずクスっと笑ってしまう映像だけに、ツッコミながら観るというのも、楽しみ方のひとつ。

 体脂肪率を4パーセントにまで絞って役に挑むストイックでかっこいいケインとはひと味違う、ダメすぎるケインジャーにも魅力が溢れている。また同CMは、反響が大きく8月30日に再放送されることも決定。テレビでもチェックしよう!

たった一度しか放送されなかった幻のテレビCM「フールーとヒーロー」

『Hulu(フールー)』オフィシャルサイト(外部サイト)

Sponsored by Hulu

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!