• ホーム
  • 音楽
  • ナオト・インティライミ、京セラドーム公演への想い「ようやくたどり着いた」

ナオト・インティライミ、京セラドーム公演への想い「ようやくたどり着いた」

 今年12月23日(水・祝)に自身初のドーム公演となる京セラドーム大阪でライブ『ナオト・インティライミ初ドーム公演 〜4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪〜』を行うことを発表したナオト・インティライミ。日本人男性ソロによる同所でのコンサートは6人目という快挙で、デビュー5周年目の集大成となる。デビュー8ヶ月で男性ソロとしては今世紀最速となる日本武道館公演を行い、その後も両国国技館、国立代々木競技場第一体育館、ホールツアー、アリーナツアーと、着実にステップアップしてきたナオト。やはり今回の京セラドーム公演には特別な想い入れがあるようだ。

一歩ずつ来られたのは「ヒット曲がなかった」から

――2010年4月に「カーニバる?」でメジャーデビューされてからもう5年も経つんですね。活動を振り返ってみていかがですか?
ナオト・インティライミ 自分の人生において一番“動いた”5年だったと思います。音楽活動はずっとやってきましたけど、メジャーデビューしてからの5年はすごく充実していました。いろいろとやりたいこと、やりたかったことを形にすることができた。ただ、基本はずっと悔しいんですけどね。

――悔しい、というのはどういうことでしょうか。
ナオト まだまだ自分の理想とするところには立てていないので。まだまだこんなんじゃない、っていう、もやもやはあります。でも、5年続けることがどれだけ難しいのかは、これまでの2回のデビューと失敗からわかっていることなので、5枚のアルバムと15枚のシングルをコンスタントに出させてもらえたというのはすごく光栄ですし、嬉しいですね。CDを2、3枚出して、売れなかったら切られるような厳しい世界ですから。自分の思うように音楽をずっと作って、発表してこられたっていうのは、ひとえに応援して下さった皆様、周囲のスタッフのおかげです。

――本当にナオトさんはデビュー当時のモールツアー、そしてその後の武道館、全国ツアーと、少しずつステップされてきた印象がありますけど、デビューから積み上げられてこられたものが、京セラドームでひとつの形になるわけですね。
ナオト まさにおっしゃる通りで、一歩ずつ来て、ようやくたどり着いた次のステージだと思います。こうして一歩ずつ来られたのは、「ヒット曲がなかった」っていうのが大きいと思ってるんですよ。ずっとヒット曲が欲しかったし、今でも欲しいと思ってますけど、「ヒット曲がない。ブレイクポイントがない。でも何かいつの間にかそこにいたよね(笑)」っていうのがよかったなって。旅から帰ってきてもう1回スタートしたけど、2度目のデビューもダメで……でも、ライブでひとりずつお客さんを増やしていくぞっていう決意を持ってまた一桁から始まって、150人、250人、500人と少しずつキャパを大きくしていって、メジャーデビューライブは1500人。2500人キャパのZepp Tokyoが即完したから、じゃあ次は武道館だねって。それも平日だったし、かなり無理したけどね。すごい頑張って手売りして、何とか成功させた。

常に先を見据えながらステップアップしてきたライブ

――でも明確な目標があればそこに向かって自分がどう動けばいいか、というのは見えてきますよね。成功者は3年後、5年後の明確なビジョンを持っていると言いますし。
ナオト 今の自分ならこの程度だろうじゃなくて、「半年後はこうなっていたい」と考えてまずは現状からちょっと上のハコを抑えることから始めて、そこから頑張るっていう……そのスタイルはずっと一緒ですね。ずっと自分にプレッシャーをかけながらひとつひとつクリアしてきて、ようやくたどり着いたドーム公演です。でも、ドームに関しては多分次元が違うと思うんですよ。ちょっと無理して頑張ってみるとかいうレベルじゃない。今までの最高キャパが1万6000人くらいですから、4万人だとその2.5倍?

――本当に見たことない景色が見られるでしょうね。
ナオト これはそんじょそこらの頑張り、覚悟じゃ難しいなと思っています。だから今夏の夏フェス、学園祭ライブには“Road to 京セラドーム”として、初心に返って、デビュー当時、ストリートライブでチケットを手売りしてたときと同じような気持ちで臨んでいきたいですね。1本1本がそこにつながっていけばいいなと思いますし、半年間、死に物狂いで頑張って、4万人の京セラの景色を見たい。

――男性ソロの京セラドーム公演は史上6人目とのことですが、いかがでしょうか。
ナオト 福山雅治さん、桑田佳祐さん、小田和正さん…という錚々たる面々で、先輩方の中に名前を連ねるのは恐縮ですし、完全に僕だけ身の丈が合っていないのは重々承知です。でも、逆にドームクラスの会場でライブをやる方で手売りをしてらっしゃる方っていないと思うんですよ。だからそこを強みにして、触れ合いながら埋められたら嬉しいなって。

――大阪の街の思い出はありますか?
ナオト 学生時代、ストリートライブをやっていた時に、ちょっと武者修行に行こう!と思って、「青春18きっぷ」で鈍行を乗り継いで十何時間かけて行った思い出があります。宿代もなかったから、現地ではギター抱えながら環状線で睡眠をとって。初めて行ったときはアメリカ村の三角公園とかでストリートライブをやりましたね。ストリートライブやって、ライブハウスは本当に3人とか5人とかしかお客さんがいなかった。

――今回はそのころのお客さんも来てくれるんじゃないですか?
ナオト そうだと嬉しいですね。

ドームだからといって心の距離を感じさせたくない

――東京など地方から訪れるファンの方も多いと思いますが、世界中を旅された“旅マスター”のナオトさんならではのアドバイスはありますか。
ナオト 70個くらいあるからどれをチョイスしようかな(笑)。どうやってユニバーサル・スタジオ・ジャパンで『ハリー・ポッター』するかとか、どうやってたこ焼きするかとか…それでナオト・インティライミの京セラドームはついでに寄っとこうかくらいでいいかな(笑)。

――いやいや、メインですから(笑)。
ナオト 旅というのは「行く!」と決めた時から旅が始まっているわけですよ。その瞬間、ずっとワクワクし続けられる。今行くと決めてしまえば、半年間もワクワクできるので、それを長い間持っていただけるのは嬉しいなと思います。

――当日はその長いワクワク感に相応しい、素敵なライブを観られるんでしょうね。
ナオト ひとつだけ言えるのは、先日ベストアルバムをこの5年間の集大成として出しましたけど、京セラドームのライブもこれまでのベストライブになると思います。かつドームですから、ドーム然とした規模のスケール感溢れる演出も考えています。ただ、ドームだからと言って小さいな、遠いな、っていう心の距離を感じさせないようにしたいと思っているんです。それこそ三角公園でストリートライブをしていたときのような温もりを感じてもらえるようなライブにしたい。

――4万人の方の視線が自分に集中するわけですからね。
ナオト 多分、焦げるでしょうね(笑)。この前東京国際フォーラムでライブをやったときに、5000人ってすごい多いなって思いましたもん。だから、「舞空術」を身に付けるくらいの気持ちでいきたいです。一番上の端まで届くように。頑張って体得したいです(笑)。

――ちなみに冬の前にまずは夏がきますけど、旅マスターとして夏の旅のおススメの楽しみ方はありますか?
ナオト 今年は9月の頭まで15本の夏フェスに出演する予定なんですよ。全国をまわるので、そこからちょっと感じたままに行きたいと思っています。地方とか行くと、けっこうお祭りとかやってるじゃないですか。そしたらすぐ行っちゃいますね。縁日のあの感じ、いいですよね。

――京セラドーム公演のタイトルにも“オマットゥリ”と入っていますし、お祭りといえばナオトさんですもんね。最後に、次の目標をお聞かせいただけますか。
ナオト やっぱり海外でも活動していきたいと考えているので、ここに関しては6年目からよりアンテナを立ててやっていきたいと思っています。でも、その前にまだ日本でも行けていない街がたくさんあるので、日本全国で音楽の旅をしなければならないし、その行く先に世界があると思います。海外は音楽が近いんですよ。ご飯食べに行ってもそこにあって、クラブ行っても生バンドが演奏してて、90歳のおじいちゃんがストリートライブしている。そういう意味ではいいですよね、音楽の文化って。

(写真/鈴木かずなり)

『ナオト・インティライミ初ドーム公演 〜4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪〜』

○日時:2015年12月23日(水・祝) 開場:13:30/開演:15:00
○会場:京セラドーム大阪
○チケット:指定席/ファミリー席(着席指定)6900円(税込)

<全国から大阪へ集結しよう! JTBチケット付きオフィシャルツアー発売開始>
 海外の活動も視野に入れるナオト・インティライミの初めての大阪ドーム公演に全国から参加しよう!を合言葉に、JTBグループが全力サポート。JTBでは、全国からの往復交通(JR、飛行機、バス)と宿泊、チケット&ナオト・インティライミオリジナルグッズがセットになったチケット付きオフィシャルプランや宿泊とチケット&オリジナルグッズがついたプランを用意。また、すでにチケットを購入済の人に対しても、往復交通と宿泊がセットになったプランや宿泊プランなどを用意している。この冬、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや大阪の旅を計画されている人も、この機会にナオト・インティライミ大阪ドーム公演に足を運んでみては?

>>JTB ナオト・インティライミ オフィシャルツアー詳細(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!