• ホーム
  • 芸能
  • スポーツタレント枠を超えバラエティに定着した篠原信一

スポーツタレント枠を超えバラエティに定着した篠原信一

全日本選手権では3連覇、シドニーオリンピックでは銀メダルを獲得した元柔道家の篠原信一。190cmの長身と、かなりの強面という一度見たら忘れられないビジュアルでいながら、話せば驚くほど親しみやすく、かつユニーク……というか相当おもしろい。現役引退後は柔道日本男子代表の監督を務め、現在はバラエティタレントとして大活躍。いまや多くの番組から引っ張りだことなり、武田修宏、前園真聖らと並んですっかりエンタメシーンに定着している。そんな篠原のスポーツタレントとしての稀有な魅力を改めて振り返ってみる。

自ら向いてないと明かす代表監督時代

  • 芸能イベントにもひっぱりだこ

    芸能イベントにもひっぱりだこ

 柔道家としての活躍ぶりは記録に残っている通り、歴史に名を残す名選手。2000年のシドニーオリンピックでの決勝では誤審疑惑に泣いたが、決して審判を責めることはせず、「自分が弱いから負けた」と潔く負けを認めたのだ。その男気に誰もが感動し、さらなる注目を浴びることとなった。

 その後、柔道日本男子代表の監督のオファーを受けるも、本人曰く“向いていない”と思っていたらしく、早々に引退。以前出演した『アウト×デラックス』(フジテレビ系)では、「強くなりたいんだったら自分で何とかしろと思っていた」と監督らしからぬ発言をしたあと、「それでもわからなかったら聞きに来いとは言っていた」とフォロー。しかし、その直後に「聞きに来られても困るんだけどね」と追い打ち発言。たしかに監督には向いていなかったかもしれないが、監督を務めた4年という短い期間に篠原に教わった選手たちは、様々な意味で貴重な経験をしたはずだ。

 また、スポーツ解説を務めたときは、選手の名前を覚えられず、関係者から「解説ではなく、自分の自慢話ばかりする」と指摘されたという。そのような裏話を含めた経験談を自らネタにして次々と軽快に話し、さらには「昼キャバクラによく行く。決してハマってはいない。でも、よく行く」と赤裸々な告白も。当たり前だが、見え方を気にするタレントが多いなかで、その自由奔放な語りっぷりが気持ちいい。しかも、自分の話にしっかりとオチをつける。そんな落としどころのある話を常に出してくるところも才能のひとつだろう。バラエティでは、芸人と同じようにリアクションをし、そのなかでまったく引けをとらないどころか、逆に喰ってしまう。そんなスポーツタレントはなかなかいないからこそ、テレビ局にとってありがたい存在であり、重宝されるのだ。

バラエティ系スポーツタレントの完成形?

  • 特殊メイクに1時間! 「日本のターミネーター」としてイベントに登場した篠原信一

    特殊メイクに1時間! 「日本のターミネーター」としてイベントに登場した篠原信一

 金メダリストで、現在は夫婦で事業もしている篠原が、なぜこんなにもテレビ出演をしているのかというと、彼曰く「がんばっている日本の柔道を盛り上げたいから」だという。篠原を見ることで多くの人の関心が柔道に向かってもらえたらという想いのもと、オファーを受けているのだ。現在は夫婦でやっている会社を休み、タレント活動をメインにする。自宅は奈良だが、1ヶ月のうち8割は東京で過ごす多忙な毎日を送っているという。

 しかし、いまや彼を見ると、柔道家というよりも、おもしろいタレント、または芸人という認識を持つ人も増えてきたのではないだろうか。とんねるずや、くりいむしちゅ〜などの共演する芸人たちからのいじり方も容赦なく、いわゆる著名なスポーツタレントとはまた違った扱いを受けている。それが定着しつつあるいま、サッカー選手だった武田修宏や前園真聖、野球選手だった元木大介のような、背景に種目が浮かばないほどのバラエティタレントのひとりとして君臨している。そのなかでも篠原は、バラエティ系スポーツタレントの完成形ともいえる存在になりつつあるのではないだろうか。
(文:吉田可奈)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!