“美食大陸”オーストラリア その魅力を徹底リポート

 オーストラリア政府観光局が、食とワインの魅力に焦点を当てたグローバルキャンペーン「美食大陸 オーストラリア」を実施中だ。約80メートルのロングテーブルを並べ150人の招待客が会し、本場オーストラリア料理とワインを楽しむ模様や、カカクコム、クックパッドとの共同展開を発表した会見、また、次期キャンペーン情報も併せて、オーストラリアの魅力を紹介していこう。

豪・政府観光局、カカクコム、クックパッドが3社共同でPR展開を実施

 「美食大陸 オーストラリア」は、同地の食経験における最大の特長であるPeople(人)、Place(場所)、Produce(食べ物)をキーワードに、安心・安全で新鮮な食材と多民族国家ならではの独創性の高い料理、心をつかむ景色の中での食体験を広く訴求するために行われている。

 同キャンペーンをさらに強固な取組みとするべく、5月29日、東京・台場のホテル日航東京にて、オーストラリア政府観光局、株式会社カカクコム、クックパッド株式会社の3社で宣伝活動を行う調印式が行われた。壇上にはブルース・ミラー駐日オーストラリア大使、オーストラリア政府観光局のジョン・オサリバン本局局長、『カカクコム』、『クックパッド』側からもそれぞれ代表者が登壇した。

 『クックパッド』では、5月29日より“話題のキッチン”内で「オーストラリア観光局の公式キッチン」を開設。オーストラリアならではのユニークな食材の調理レシピを紹介。またオーストラリアPR大使や著名シェフ、料理研究家などの特別レシピも公開予定だ。『クックパッド』担当者も「オーストラリアでポピュラーなベジマイトを使ったユニークなレシピも紹介したい」と語る。

 『カカクコム』が展開する「食べログ」では、オーストラリアにあるレストランを紹介したアプリを7月上旬に公開。現地在住の方のおすすめレストラン情報も併せて検索できる。『カカクコム』担当者は「海外のレストランに特化したアプリ開発は弊社としては初の試みです。海外旅行者が投稿できることで、より細かな情報を得ることが可能となります」と自信を覗かせている。

 また、ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使は、「今回の会見に立ち会えたことは非常に光栄に思います。日本とオーストラリアは長い間に渡り友好関係を築いてきましたが、今回の試みで日・豪の関係が増々強固なものとなることを確信しております」と確かな手ごたえを明かす。さらに、オーストラリア政府観光局のジョン・オサリバン本局局長は、2015年は日本・オーストラリア間の直行便がさらに増えます。日本の皆様にワールドクラスの食文化を提供できるでしょう。さらに、現在“オーストラリア観光サポーター”を募集中。オーストラリアが大好きで、観光プロモーションにご協力いただける方はぜひ応募してほしい」と力強く語る。

台場に約80メートルの“ロングテーブル”で本場の豪料理&ワインを堪能

 調印式と会見が終わり、夕方からは「Restaurant Australia Long-table Dinner」が開催された。約80メートルの長さにテーブルを並べ150人の招待客に、本場オーストラリア料理とワインを振る舞うという、なんとも贅沢なディナー。オーストラリア人シェフ、マシュー・クラブ氏による豪州産食材にこだわった繊細な料理を楽しむのはもちろん、そのビジュアルでも充分に堪能することが出来る。
 因みに、この日マシュー氏が腕を振るった料理を一部紹介すると、「マグロのたたき レモングラス&セミドライ トマト タプナードのブルスケッタ」、「オーストラリア産 車海老の炙り ヤングコーン かぼすポン酢」、「オーストラリア産 レンジャーズヴァレー ブラックアンガス ビーフサーロインのチャーグリル ゆっくり火入れしたプレミアムヴィクトリアン ラムラック」などなど、その響きだけで思わずお腹が鳴ってしまいそうな料理ばかり。

 本ディナーと同じメニューは、マシュー・クラブがエグゼクティブシェフをを務める東京・青山のレストラン「Two Roomsグリル&バー」にて「美食大陸オーストラリア特別コース」として6月30日(火)まで期間限定で楽しめる。
 選りすぐりの食材を使った至高の料理とワイン、さらにベイサイドエリア特有の雄大な夜景……オーストラリアの食材、料理、ワインの魅力を再確認するとともに、その“贅沢な時間”を経験したことで来場客にとっては忘れられないディナーになったことは間違いない。

「美食大陸 オーストラリア」(外部サイト)
「オーストラリア観光局の公式キッチン」(外部サイト)
「オーストラリア観光サポーター」(外部サイト)
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!