• ホーム
  • 音楽
  • Gacharic Spin、ガールズパワーを実感「ステージに立ったらバンドもアイドルも同じ」

Gacharic Spin、ガールズパワーを実感「ステージに立ったらバンドもアイドルも同じ」

 コミックから飛び出してきたような見た目からは想像できない演奏テクニックと、ド派手なパフォーマンスで、国内外のライブシーンを賑わせている“全力エンタテインメント凄腕ガールズバンド”、Gacharic Spinが、TVアニメ『ドラゴンボール改』のエンディングテーマとしてオンエア中の「Don’t Let Me Down」を6月3日に発売。この夏はサンフランシスコで開催される『J-POP SUMMIT』への出演も控え、順風満帆。ソロもバンドもアイドルも、国境を越えてガールズパワーが炸裂している理由を、シーンの真っ只中にいる彼女たちが推論する!

MVには天龍が出演…「お前ら、覚悟できてんのか?」

──『ドラゴンボール改』のエンディングテーマとしてもオンエア中の「Don’t Let Me Down」、MVでは引退表明をしたばかりのあの天龍源一郎さんとガッツリ絡んでいるのも胸熱ですね。
FチョッパーKOGA(Ba)「赤裸ライアー」でのザ・グレート・カブキさんに続いてのプロレス繋がりが実現しました! ガチャピンはいろんな意味でバンドの枠からはみ出していこうというスタンスなので、プロレスの方と一緒にできることはすごく嬉しいですね。リングの上での撮影はぼよんぼよんしちゃって大変でしたけど(笑)。
はな(Vo&Dr)でも撮影当日は正直、ビビってましたね……。今回、メンバー全員と絡ませていただいたんですけど、最初、ご挨拶に行こうとしたらスタッフさんに止められたんですよ(笑)。
KOGA「天龍さん、本番まで対戦相手に会わないから」って言われたんだよね。
オレオレオナ(Vo&Key)「“対戦”って、今日はMVの撮影じゃないんですか?」っていう。
はなしかも「天龍さんは女でも容赦ないから気をつけて」って言われたんですけど、いや気をつけようがないから……って(笑)。しょっぱなから威嚇されたよね。ロープをパーン! パーン! ってやりながら「お前ら、覚悟できてんのか?」って言われて……。

──完全に戦闘モードじゃないですか! 実際、絡んでみていかがでしたか?
KOGAそれが意外と言ったら失礼ですけど、すごく真面目で素敵な方だったよね!
オレオうん。シャイで口数は少ないけど、そこに男の優しさが滲み出てるんです。MVの中で私が足を見せて色仕掛けをするシーンがあるんですけど、撮る前に「すいません、こんな太い足を見せて」って言ったら、「……うん」という肯定とも否定とも取れない微妙な返事を返してくれたんですけど(笑)。
TOMO-ZO(Gt)最初は「怖いのかな?」って思ってましたけど、撮影が始まったらすごく真剣に演技に向き合って下さって嬉しかったです。
KOGA私とはながリングの上を往復して走るシーンも、天龍さんは見てるだけで良かったんですけど、「こういう動きはどうですか?」って提案してくれたり、私たちの背中を押してくれたり。お茶目な一面も垣間見えて、とても温かい雰囲気の撮影になりました。

『ドラゴンボール改』エンディングテーマは日高央提供

──ガチャピンの全力パフォーマンスに、天龍さんも本気を出したんだと思います! 疾走感あふれる曲調もリング上でのプレイにぴったりですが、今回は日高央さん(THE STARBEMS/ex. BEAT CRUSADERS)の書き下ろし曲だそうですね。
KOGA私たちは3日に1回のペースでライブをやってきたんですけど、全国のライブハウスに訪れるたびにポスターを貼っているんです。しかも変なポスターばっかり作ってるので(笑)、日高さんが「よく見かけるけど、このバンドはなんだ!?」って気にして下さってたらしくて。それがちょうど2ndシングルの制作タイミングだったので、これまでほとんど自分たちで曲を作ってきたけど、新しい血が入るのも面白いんじゃないかってことで、お願いしたんです。

──エモでポップで、ロック魂あふれるというまさに日高さん節な楽曲ですが、ガチャピンのほうから何かオーダーはしたんですか?
はな完全に委ねる形でしたね。メンバーが出してる楽器の教則ビデオとか、前の曲のMVとかも見て下さってたので、わりとイメージはしやすかったみたいで。
KOGAでも結果的に日高さんのカラーが加わって、今までのガチャピンにないタイプの曲ができたのはすごく良かったなって。制作中に日高さんといろいろ話す機会があったんですけど、その時に「お前らいろいろやりすぎ! それもいいんだけどね」って言われたんですよ。でも、逆にシンプルでストレートにロックする曲があってもいいんじゃないかということで、今回の曲調になったと思います。
TOMO-ZO曲調もメロディもストレートで、親しみやすくて『ドラゴンボール』に合ってるなと思いました。私たちにとっては新しい風ですね。
オレオあと、これまで意外にギターとキーボードがハモる曲ってなかったんです。基本的にソロパートはお互い弾き倒して、相手にパスするという感じだったので。でも日高さんとしては「せっかくメロディ楽器が2人いるんだから、掛け合いがあってもいいんじゃない?」って。楽器のハモりが入っているのもガチャピンとしては新しいですね。
TOMO-ZOそうそう、この間のライブ中にオレオと目が合ったのが私的にはけっこう衝撃で(笑)。
全員(爆笑)
オレオなにそれ、いつも私のこと見てないの?
TOMO-ZOだっていつもオレオ、必死な顔で下向いてるから(笑)。
オレオそうね……この曲で「やっと目が合ったね」っていう(笑)。

──ガチャガチャダンサーズのお二人、振り付けのポイントはありますか?
まい(Performer1号)ポイントはイントロの「イー、アール、サン、スー!」で指数字を造るところですね。誰でも真似しやすいので、『ドラゴンボール改』を見ているお子さんにもやってもらえると思います。あとダンスソロのところでは、今までにない優雅な感じのダンスを二人で絡んで踊ってるんですよ。
TOMO-ZOギターにキーボードが絡み出したあたりだよね。
まいはい。そこに注目してほしいです!
ありさライブでは、最後のサビでオレオさんが一緒に踊るところも見て欲しいですね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!