• ホーム
  • 趣味
  • 英語が苦手でも大丈夫! 海外ECサイトでレアアイテムをGETする方法って?

英語が苦手でも大丈夫! 海外ECサイトでレアアイテムをGETする方法って?

海外がもっと身近になる『スピアネット』。欲しかった海外限定商品も気軽に買うことができると話題

海外がもっと身近になる『スピアネット』。欲しかった海外限定商品も気軽に買うことができると話題

 いつでもどこでも手軽にショッピングが楽しめるWeb通販サイト(ECサイト)だが、多くの国内サイトで取り扱っているのは当然、国内で購入できる商品が中心で、日本未発売商品や海外のレアアイテムを取り扱っているところは少ない。もちろん海外のECサイトで購入することはできるものの、言葉の壁や商品到着までにかかる時間、送料など、国内のサイトに比べると大きな壁が…。最近ではこの壁を低くするサイトも登場し、「レア商品を気軽に購入する」環境も整いつつあるという。個人での輸入・転送サービスの代表格的存在であるサイト「スピアネット」を例に、その魅力を探る。

海外ECサイトで買い物をする際の「救世主的お助けサイト」がアツイ!

  • 英語が苦手な人でも安心。英語を使わずにショッピングが楽しめるので気軽にためせそう

    英語が苦手な人でも安心。英語を使わずにショッピングが楽しめるので気軽にためせそう

 海外サイトと聞くと「英語無理!」「余計な費用がかかりそう」「ちゃんと商品は届くのか?」といったさまざまな不安がつきまとう。当然、リスクのあるサイトも多いため慎重に見極める必要があり、オークションサイトになると“イチかバチか”の覚悟でお金を振り込むことも…。そんな海外サイトとのやりとりを簡便にし、商品を安心・安全に購入できるサービスが、Webショッピング利用者から注目されるのは当然と言えるだろう。

 同サービスの代表格といえる『スピアネット』は、米国内に住所がなくてもアメリカのショッピングサイトやオークションサイトで商品を購入し、日本で受け取ることができるサイトだ。商品の受け取りは消費税が加算されないオレゴン州で行うため、他州受け取りの場合より安くあげることができ、複数購入後の同梱発送もOK。英語が一切不要という点も、英語に苦手意識がある日本人にとって高い評価を得ている。

「転送」「購入代行」…スピアネットの買い物システムは?

  • 転送サービスと購入代行サービスの2つのサービスで、自分に合った購入方法が選べるのでスムーズに利用することがでる

    転送サービスと購入代行サービスの2つのサービスで、自分に合った購入方法が選べるのでスムーズに利用することがでる

 海外サイトとのやりとりについてもさまざまな方法があるが、『スピアネット』で商品を購入する場合は、「転送サービス」か「購入代行サービス」のいずれかを利用することになる。

 会員登録後、その日から買い物ができる「転送サービス」は、検品から日本への送付を委託するもので、到着から30日間の無料保管、宅配、郵便など発送方法も選べる。「購入代行サービス」はアメリカからの商品購入、決済、検品、配送まで全てを代行するというもの。支払い方法や荷物の配送は日本企業が行う。英語でのやり取りが可能であれば、「転送サービス」を、すべて任せてしまいたい場合は「購入代行サービス」を…と、使い分けができる点も魅力だ。

 抑えたいポイントは、「中古品の購入の場合は商品返品が不可」「全ての商品が個人輸入できるわけではない」という2点だけ。これだけ理解していればスムーズに安心して買い物ができるという。Web上では同サイト利用者のコメントを集めた商品到着ブログが公開されていて、「安い・思っていた以上に商品が届くスピードが早い」「梱包・対応が丁寧」とコメントが寄せられ、Webショッピングを楽しんでいる様子が伺える。
 これまで「海外サイトだからハードルが高い」と思われていたWebショッピングも、このようなサービスのおかげで手軽になったといわれている。レアなレコード、日本未発売のアクセサリーやファッションアイテム、アンティークのインテリア雑貨、自転車の部品…。「本当に欲しいものを納得の価格で買う」が、Webショッピングのスタンダードになりつつあるのかもしれない。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!