• ホーム
  • 映画
  • “朝の顔”ランキング2013『各局の人気番組からエントリー★頂点に輝いたのはあの男性アナ!』

“朝の顔”ランキング2013『各局の人気番組からエントリー★頂点に輝いたのはあの男性アナ!』

 通勤・通学までの朝の時間、テレビ番組から旬の話題や天気情報を得ることが日課となっている人も多いはず。各局それぞれ趣向を凝らした番組がひしめき合うなか、ズバリ“朝の顔”と呼ぶにふさわしい人物とは果たして?前回調査からガラリと入れ替わった、最新のランキングTOP10を発表!

意外!? 男性司会者が1、2フィニッシュ!

⇒ランキング表を見る!

 新しい朝を迎えるにあたり、清々しい気持ちで1日のスタートを切りたいという願いは、誰もが思う共通項。各テレビ局では朝の情報番組に注力し、そこに登場する司会者やアナウンサーは、まさに“花形”と呼ぶにふさわしい面々ばかり。そこで、ORICON STYLEでは、この顔を見なければ1日が始まらないと思う『“朝の顔”ランキング 2013』を発表。並み居る看板司会者を抑え首位に輝いたのは、『ZIP!』(日本テレビ系)の司会を務める【桝太一】アナウンサー。10代から40代すべての層で首位を獲得するなど、その圧倒的な人気ぶりを誇示した。

 その高いスペックから、ここ2年ほどで人気が急上昇している桝アナ。2011年から『ZIP!』の総合司会となったが、その1年後の『好きな男性アナウンサーランキング 2012』では、先輩である羽鳥慎一を抑えて初の首位を獲得。今回のランキングでも10代〜40代すべての年代で首位と、圧倒的な強さを見せつけている。「桝くんの元気な姿をみると、1日頑張ろうと思う!!」(東京都/10代/女性)というコメントからもわかるように、その爽やかな容姿と、時折垣間見せる“天然っぷり”が女性からの支持を獲得。また、「爽やかで朝の番組で観ても嫌味がない」(富山県/30代/男性)と、同性からの支持率の高さも桝アナの強みだ。東大卒という高学歴にもかかわらず、趣味がコンビニ通いという庶民派な面も持ち合わせており、もはや白旗を上げるしかないといったところか。

 続く2位には、『スッキリ!!』(日本テレビ系)の司会として“すっかり”お馴染みとなった【加藤浩次】がランクイン。2006年に同番組の司会に抜てきされた際は、それまでの“暴れん坊”、“狂犬”といったイメージから、朝の顔として定着するのか少なからず危惧されていたが、いまでは同番組を不動の人気番組へと押し上げた名司会者として、確固たるポジションを獲得している。「番組も楽しいし司会も上手い。これは観なきゃやってられない!!」(東京都/10代/男性)、「自分の意見をオブラートに包まずはっきり言い切るところに魅力を感じる」(栃木県/30代/女性)などのコメントからもわかるように、巧みな司会進行ぶりと、物怖じせず自身のコメントをハッキリと主張するスタンスに多くの信頼が寄せられている。

 通常、フィールドの異なる情報番組などに芸人が出演する際、お笑いとの差別化を図ろうとし、少なからず違和感を覚える場面も見受けられるが、加藤の場合は“芸人魂”をしっかりと内に秘めながら情報番組に昇華していった好例といえるだろう。『スッキリ!!』司会に抜てきされた直後、先輩である松本人志がラジオ番組で、今後の吉本を背負って立つ芸人として加藤の名を挙げていたのも頷ける話だ。

“現役最強女子アナ”フジテレビ・加藤綾子アナも上位に!

 3位には、現在『好きな女性アナウンサーランキング』でも2連覇中と、現役No.1女子アナの座を不動のものとしている【加藤綾子】アナ。現在出演中の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、先輩である高島彩の後を継ぎ、爽やかな笑顔と正確なアナウンス力で瞬く間に人気が急上昇。「さわやかだし綺麗だから」(埼玉県/20代/男性)、「憂鬱な朝でも心が軽くなるから」(千葉県/30代/男性)と、男性陣からの支持が圧倒的に高く、通勤&通学前の“元気の源”として重宝されているようだ。“最強女子アナ”として、長年にわたり君臨していた高島の後任というプレッシャーを跳ね除け、新たな最強女子アナとしての地位を築きつつある加藤アナ。今後も彼女の独走状態が続くのか? その動向にも注目したい。

 今回のランキングを振り返ると、日本テレビ系の情報番組に出演している司会者が1、2フィニッシュ、さらに1、2位ともに男性司会者という意外な結果となった。特に女子アナに比べ、人気者が現れにくい傾向にある男性アナウンサーのなかで、桝アナの高い支持率は異彩を放っているといえるだろう。互いにキャラクター、スタンスはまったく異なるものの、共通する点といえば“アンチ”の低さだ。人気が出るに伴い、それと比例するように“アンチ”の存在も浮き彫りになるのが通例だが、こと2人に関しては、その傾向が皆無に近いということも、“朝の顔”に相応しい共通点だといえるだろう。

【調査概要】
調査時期:2013年4月1日(月)〜4日(木)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

<最新版>2013年“朝の顔”ランキング TOP10


◆前回の結果は……
⇒ 2010年 “朝の顔”ランキング


順位名前/■出演番組CLICK!
写真一覧
最新News活動経歴

(↑10位
圏外)
桝太一
■『ZIP!』(日本テレビ系)

(↑7位)
加藤浩次
■『スッキリ!!』(日本テレビ系)

(↑10位
圏外)
加藤綾子
■『めざましテレビ』(フジテレビ系)

(↑10位
圏外)
生野陽子
■『めざましテレビ』(フジテレビ系)

(↓2位)
羽鳥慎一
■『モーニングバード!』(テレビ朝日系)

(↑10位
圏外)
関根麻里
■『ZIP!』(日本テレビ系)

(↑10位)
軽部真一
■『めざましテレビ』(フジテレビ系)

(↓4位)
小倉智昭
■『とくダネ!』(フジテレビ系)

(↑10位
圏外)
井ノ原快彦
■『あさイチ』(NHK)

(↑10位
圏外)
岡江久美子
■『はなまるマーケット』(TBS系)




■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



アンケートモニター募集中

関連リンク

【最新版】2013年“朝の顔” TOP10
【前回の結果】2010年“朝の顔” TOP10
好きな女性アナランキング
好きな男性アナランキング
好きなお天気キャスターランキング
好きな司会者ランキング
  • 1
  • 2
次へ
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!