• ホーム
  • コラム
  • BEYOND2020『街を彩る娯楽の発信地に「TOHOシネマズ 新宿」』

BEYOND2020『街を彩る娯楽の発信地に「TOHOシネマズ 新宿」』

 昨年12 月31 日に約58 年続いた老舗映画館「新宿ミラノ座」が閉館したのを最後に、“東洋一の歓楽街”とも呼ばれた新宿を華やかに彩った映画館が、歌舞伎町からすべて姿を消した。そうしたなか、再び街全体を盛り上げる起爆剤として期待を集めているのが、4 月17日に新宿コマ劇場跡地にオープンする「TOHOシネマズ 新宿」だ。12 スクリーン、約2300席を有し、IMAX デジタルシアターのほか、大型スクリーン“TCX”や、最新音響システム“ドルビーアトモス”に加え、6 月には米国の最新「体感型」4D シアター“MediaMationMX4D”の導入も控える。また、階下には飲食店を中心としたテナント(計17 店)が入り、階上には総客室数970 室を備えた「ホテルグレイスリー新宿」も開業する(4 月24 日予定)。

 今、映画館は、4D シアターの導入も進み、“アミューズメント施設”としての色合いを強め、音楽ライブの生中継など、映画以外のコンテンツも盛況で、今まで以上に多くのコンテンツを内包した施設へと変貌している。一方、新宿は、秋葉原と中野、渋谷と池袋を繋ぐ中間地点であり、近年、外国人旅行者が東京観光の拠点にするケースも増加。今後、インバウンドが大いに期待されるエリアでもある。

 かつて繁華街の中心には必ずといって良いほど映画館があった。「TOHO シネマズ 新宿」の最新設備は、4D 映画はもちろん、音楽ライブや舞台、スポーツなどの新たな観覧体験もできる、進化する映画館のけん引役となる。

≪BEYOND2020≫最新記事

『世界進出の第一歩“2.5次元ミュージカル”専用劇場始動』(2015年4月6日)
『外国人観光客の新ランドマーク「東京ワンピースタワー」』(2015年3月30日)
『世界初! のど飴がアンディ・ウォーホル作品とコラボ』(2015年3月23日)?

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!