• ホーム
  • 社会
  • 話題の最新スマホアプリゲーム 『コトノハノキセキ』を 現役女子大生ブロガーが体験!

話題の最新スマホアプリゲーム 『コトノハノキセキ』を 現役女子大生ブロガーが体験!

 大阪電気通信大学が制作する無料のスマホアプリゲーム『コトノハノキセキ』のiOS版が、この春リリースされる。大学生が作るスマホアプリということで、リリース前から注目を集めるこのゲームを、現役上智大生の東都詩歩さんが一足先にプレーしてみました!

 スマホアプリゲーム『コトノハノキセキ』は、『バイオハザード』や『メタルギアドリッド』などの制作に携わった同大の教員が企画段階から全面的に参加。主人公をはじめとしたキャラクターの声を人気声優の水瀬いのりが担当している、ミステリー、サスペンス、アドベンチャー要素が盛り込まれた“ミスペンスアドベンチャー”です。

 ゲームの舞台は“OSAKA市内”。美少女・折坂明兎はある出来事をきっかけに声を失ってしまう。明兎は自分の声が奪われた秘密を解き明かしていく中で、人類が絶滅の危機に瀕していることを知る。失った声を取り戻すため、人類の未来を救うために特殊能力を持つ4人の仲間を見つけて、次々と現れるEXと呼ばれる絶滅種を倒していく…という、ハラハラ&ドキドキなストーリー。
  • 上智大学3年・東都詩歩さん

    上智大学3年・東都詩歩さん

 今回体験してくれたのは、上智大学3年生の現役女子大生ブロガー・東都詩歩さん(あずま・しほ)さん。普段からさまざまなスマホゲームを楽しむとのことですが、『コトノハノキセキ』のようなジャンルのゲームをプレーした経験はないとのこと。では、実際にゲームをやってもらいましょう!

 「自分が主人公のロールプレイングゲームのようなものは初体験」と語る東都さんですが、ミステリーとサスペンスの要素がふんだんにちりばめられた、重厚なストーリー展開にすっかり魅了された様子。また、もうひとつの特徴であるアドベンチャーの要素についてもすっかり夢中になっていました。
 「スマホの画面をタップしてEXを倒していくんです。この時は何も考えずにプレーできて、敵をやっつける爽快感が味わえます!」

 複雑に展開するストーリー展開と、敵を倒していくアドベンチャーの両方を楽しめるのが同アプリゲームの醍醐味。「ミスペンスアドベンチャー」と呼ばれる理由がここにあるんです。さらに、東都さんは実際にプレーして体感したこのゲームの魅力を、別の側面から明かしてくれました。「とにかくクオリティーが高いんです。町の風景がリアルで、音楽も素敵です。女の子の表情が豊かで、微妙な肌の色まで変わるところには驚きました」。

ゲーム画面

 「私と同じ学生さんが作ったとは思えないほど、とてもきれいに作られています。女の子がとてもかわいいので、個人的には男性の方がはまってしまうような気がします。私もまだゲームの途中なのですが、早く続きをプレーしたいです!」。現役女子大生にも大好評の『コトノハノキセキ』。ぜひトライしてみて!

大阪電気通信大学

 5学部13学科と3研究科8専攻からなり、学生がプロスタッフの協力で番組を制作する産学連携プロジェクトの『電ch!(でんチャン)』をはじめ、先進的な取り組みでも話題。キャンパスは次世代テクノロジーへの学びが詰まった寝屋川キャンパス、金融経済を学べる駅前キャンパス、先端マルチメディア合同研究所「JIAMS(ジェイムス)」を備えた四條畷キャンパスがある。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!