• ホーム
  • 芸能
  • 高田純次インタビュー『芸能生活“だいたい”35周年「ホントに進歩がないよね〜」』

高田純次インタビュー『芸能生活“だいたい”35周年「ホントに進歩がないよね〜」』

 今年、芸能生活“だいたい”35周年を迎えた高田純次。齢68歳にして、いまだ裸になることもいとわないその姿勢は、多くの視聴者、後輩芸人からリスペクトを集めている。ORICON STYLEでは、そんな氏にインタビューを敢行。“テキトー”の裏に隠された仕事へのプロフェッショナルな姿勢を垣間見ることができた。

こんな人生で良く芸能界で生きてこれたよね

――まずは芸能生活35周年おめでとうございます!
高田純次こんな人生で良く芸能界で生きてこれたよねぇ〜。実はどこが起点か自分でもよく分かってないんですよ。

――現在68歳ですから、おそらく30代前半位がデビューですかね?
高田え? ……確か僕、子役でデビューしてなかったっけ? 劇団ひまわりかなんかから。

――そういう言われると、天才子役として脚光を浴びていたような気もしてきました(笑)。
高田そこから日活スターを経て、今に至ると。……今、ネットで検索すればすぐ分かっちゃうから、ウソついても直ぐにバレちゃうよね(笑)。

――(笑)。私は、今38歳なんですけど、高田さんはまさにスターでしたよ。『元気が出るテレビ』の影響をモロに受けているので。
高田38歳? 働き盛りだねぇ。朝起きたら意味なく布団上がってるでしょ?

――思春期の中学生ほどではないですね(笑)。
高田そうなの? 僕なんか今でも、布団が天井まで着ついちゃう位あがりますよ。確か38歳のとき、ちょうど『元気が出るテレビ』のレギュラーが決まったんじゃないかなぁ。

――あの番組では数々の伝説を作りましたよね。
高田まぁ、トータル1000本くらいやりましたからね。あ! そういえば、初期の『笑っていいとも』にもレギュラー出演していたんでですよ。まだ、「テレフォンショッキング」もなくてね。

――そうですよね。あと、高田さんは『俺たちひょうきん族』の初代ブラックデビルでもあって。
高田あれは、(明石家)さんまさんに代わってから人気が爆発したからね。さんまさんの功績ですよ。僕が続けてたら直ぐに終わってたんじゃないかなぁ。

――いやいや。僕らの世代は確実に高田さんに憧れましたから。
高田そうなの? 僕自身、35年を振り返ると、ホントに進歩がないなって思いますよ。もし「今まで何考えて生きてきたんですか?」なんて質問されたら答えに詰まるよね(笑)。まぁ体は衰えてるけどね。変な話、オ○ン○ンから粉ふいてますよ。

とりあえず裸になれば、10人のうち3人位は笑ってくれるかなって

――アハハハハハ! でも、先ほど「進歩がない」と仰ってましたが、55歳から現在までの高田さんを収めた35周年記念DVDを観て“変わらない凄み”を感じました。いまだに裸で雪山に飛びこんだり(笑)。
高田そうだね〜。仮に僕がムキムキマンだったら多分裸にならなかったかもしれないね。ある程度朽ち果てた肉体だから笑ってくれるのかなって。

――ただ、お年を召されてもお尻が凄くキレイなんですよね。
高田そこは僕の自慢でね。だから、僕もこのDVD観て自分のお尻に興奮しちゃって。「いいケツしてんな〜ちょっと後ろから……」とか思っちゃったもんね。

――自分のお尻に欲情しちゃいましたか(笑)。今回のDVD、8割がた裸なんですよ。服を着ている方が逆に珍しいという。
高田そうだった!? まいったねぇ〜(笑)。

――それが本当に感動して。「普通、定年だよ!?」って叫びながら、裸で雪の中に突っ込むという(笑)。
高田うーん。多分、悲しいことでもあったんだろうねぇ〜(遠い目)。

――今回、ぜひ直接お伺いしたかったのはそこなんです。「なぜ、高田純次はすぐに裸になるのか? なれるのか?」と。
高田それはね、他に技術がないから(キッパリ)。とりあえず裸になれば、10人のうち3人位は笑ってくれるかなって(笑)。

高田純次 芸能生活だいたい35周年記念DVD 『純白』

 日本一の適当男という地位を築いた、だいたい35年の芸能生活の中で、新たなる輝きを放ち始め、覚醒した55歳からの高田純次の軌跡を、その奇行の数々で辿る、みんなが見たいあの高田純次のあんなシーンやこんなシーンが満載の集大成的映像集。膨大なくだらない映像の数々の中から、特にくだらない映像を選りすぐりで収録。おなじみカメラ前の扮装フレームイン、ロケレポートでは裸で街中を歩き回り、水たまりで泳ぐなど、高田純次にしかできない、ブリーフ満載の“あまりにもひどすぎる”映像の数々を収録!

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!