• ホーム
  • 音楽
  • デビュー15周年の倖田來未「何回も辞めようと思った」

デビュー15周年の倖田來未「何回も辞めようと思った」

「人がどう思うかではなく 自分がどう生きたか」。デビュー15周年を迎えた倖田來未が、これまでの、そしてこれからの“倖田來未宣言”ともいえるアルバム『WALK OF MY LIFE』をリリースした。「15年間、歩き続けてきたなかでインプットしてきたものを、今の自分がアウトプットしたのがこの作品」と自信を持って語ってくれた倖田。デビュー以来、強くカッコいい女性像を提示してきたが、作品も彼女自身も、今の“倖田來未”が一番カッコいい!

ボーカリストとしてもすごく振り幅が広がった新作

――前作のアルバム『Bon Voyage』は、メッセージ性の強い攻めた作品でしたが、今回の『WALK OF MY LIFE』は、そのアグレッシブな方向性がさらに顕著になっていますね。
倖田 今回は、デビュー15周年を迎える年にリリースとなるアルバムだったので、いろいろ考えましたね。私らしさって何かって考えたとき、今やりたいことを好きにやるのがいちばん“らしい”のかなと。具体的に言うと、サウンドはすごく尖っているのに、サビは耳馴染みのいい感じになっているとか。マイナーのなかでのキャッチーな部分っていうところを追求したアルバムにしたかったんですよ。

――それは、カッコよさとポップ性を併せ持っている“倖田來未”だからこそ表現できる世界観ですよね。
倖田 私は元々、歌謡曲を通ってきているし、洋楽寄りの曲も歌うけれど、やっぱり大事なのはメロディだなと。だから、今回はほぼ全曲、海外の人に曲を作ってもらっているんですが、トラックがカッコいいのは当たり前で、それプラス、自分の声とメッセージでどこまでその曲のもつパワーを引き上げられるか。その部分はマスタリングの前日までとことんこだわって追い込みましたね。

――そんな楽曲群を表現する歌声も、曲によって楽器のように変化しているのが印象的でした。特に前半は声を音の一部として聴かせるテクニックが際立っているなと。
倖田 歌っているのは私ひとりなので、その中でいかに飽きのこないものにするか。幅のあるアーティストでいたいと思ったんですね。だから、今ままでも<♪めちゃくちゃ〜>って「恋のつぼみ」みたいな曲から、大人っぽいバラードもタオル回しのキャッチーなロックまで、曲に合わせて声をチェンジングするようにしていて。今回のアルバムでは特にそこを意識したので、ボーカリストとしてもすごく振り幅が広がった気がしています。ただ、それができるようになったのも、14年間、いろんな音楽をインプットしてきたおかげかなと。やっと、“バカ”になって歌えるようになってきたのも最近なんですよ。

――バカ?
倖田 ちょっと言い方が悪いんですけど(笑)。例えば「Lippy」って曲は、リッピ〜リッピ〜、(声が裏返って)Yeah〜!!って、ハジけるところがあるんですけど、それってカッコつけていたら主人公になりきって歌えないんです。昔はライブのサービス映像に写る自分も、口をバッと開けたいところを半分ぐらいしか開けなかったりして。

――確かに、男性アーティストは奥歯まで見えるような歌い方もサマになったりするけど、女性アーティストさんはそこまで崩せないところはありますよね。
倖田 そうなんです! でも、カッコつけていたらいつまでたっても本来の魅力を伝えることができないから、ハジけている曲は思いっきりバカになって歌うようにしたんです。しかもそうやったときの歌声を聴いたら、曲のニュアンスがすごく出ていたので、恥ずかしがってる場合じゃないぞと。

――でも、ライブではどうしましょう?
倖田 そこなんですよ。レコーディングでは何も考えずに歌ってしまったので(笑)。でも、ライブはうまくハンドリングできない。私も自分がどんな顔で歌うか楽しみです(笑)。

歌を好きなだけではダメ、自分の見せ方を知らなきゃいけない世界

――アルバム後半になると、そんな振り切った前半とはガラッと顔を変えるのも、このアルバムのおもしろさで、倖田さんが通ってきたさまざまな経験なり想いが1本の映画を見るように、ドラマチックに展開していく。なかでも「Sometimes Dreams Come True」は、必死で夢を追う少女時代の“倖田來未”が目に浮かぶようで感動しました。
倖田 これはジェシー・J(英国出身の女性シンガー・ソングライター)が作った曲で、夢は無心に追っていれば、あるときポンと叶ってしまうことがあるんだよってメッセージに思えて。自分の描いてきた人生を重ねて歌詞に広げていったんです。

――この曲は<幼い頃は無邪気に singing all day long>というフレーズで始まりますが、少女の頃に夢見ていたアーティスト像と、今の自分は違います?
倖田 子どもの頃は歌詞のように、ただ歌えればいいって思っていて。でも歌だけではなく、ダンスも、ライブでの演出からファッションまで、あらゆることを総合的に考えなきゃダメなんだって。いい意味で全然違っていました。

――ここまで広がる予定ではなかったと。
倖田 倖田來未を表現するためには歌を好きなだけではダメだなと。もっといろんな角度から自分の見せ方を知らなきゃいけない世界だなっていうのは、やりながらだんだんとわかってきたことで。でも、それを自覚したのは11枚目のシングルの「Crazy 4 U」ぐらいなんですよ。

――「キューティーハニー」のひとつ前のシングルですね。
倖田 それまでは自分から楽曲を選んだことはなかったんですけど、この曲で初めてこれを歌いたい! って伝えたんです。私はやっぱり強くてカッコいい女性になりたいんだって思って、じゃあファッションはこうしようとか、どんどん歌以外の部分も見えてきて、自分が思い描くイメージを作り上げていったんです。“倖田來未”を構築するまでは、そういう時間的な流れがあるんですよね。

【インタビュー】何回も辞めようと思ったことがある
オフィシャルサイト(外部サイト)
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!