• ホーム
  • 芸能
  • 『紙兎ロぺ』を手がける青池良輔とブルボンがコラボ! ゆる〜いショートムービーが完成

『紙兎ロぺ』を手がける青池良輔とブルボンがコラボ! ゆる〜いショートムービーが完成

  • 『フェットとチーネとグミ星人―未知とのお花見編―』を手掛けた青池良輔氏

    『フェットとチーネとグミ星人―未知とのお花見編―』を手掛けた青池良輔氏

 ゆる過ぎる新作動画が、見る人をゆる〜い世界観へ引き込みぐだ〜っとしてしまうと話題になっている。『紙兎ロぺ』などの短編アニメやCF制作で知られる青池良輔氏が監修する、ゆる〜いショートムービー『フェットとチーネとグミ星人―未知とのお花見編―』が3月17日より公開されている。

 青池氏が手掛けた『紙兎ロぺ』は、2009年の夏より全国TOHOシネマズの幕間に上映されたショートアニメ作品。下町を舞台に高校2年生の紙兎の“ロぺ”と、兄貴肌だがテキト―な紙リスの“アキラ先輩”の2人が織りなすほのかに楽しい日常を、シュールかつゆる〜い会話で描く独特の世界観が人気になった。2012年には映画化もされ、現在では『めざましテレビ』(フジテレビ系)でも、毎日放送されているので、目にしたことがある人も多いのではないだろうか。
 今回のショートムービーでも、青池氏ならではの、ゆるくて不思議なストーリーが展開。舞台はお花見会場、登場人物は、おしゃべり好きで食いしん坊だけど意外と細かいフェットくん、かなりのマイペースなチーネくん、おしゃれ大好き女の子のグミ星人……。お花見は季節がらぴったりなのだが、この3人(3匹?)、宇宙人なのかグミの妖精なのか、ゆるキャラというよりむしろ“キモカワシュール”とでもいうべき、かなり正体不明な存在。この3人が、春の陽気ばりにふわふわした会話を繰り広げる。

 色鮮やかなチラシ寿司を思わせる重箱を囲み、寝ころびながらグダグダお花見する3人。そこでチーネくんは「グミさんの星ではお花見はあったの?」とグミ星人に尋ねる。グミ星人は「でかくて丸くてフワフワで、風にすぐ飛ばされる」ポコという花を見る「ポコ見」があるという。一方、フェットくんはそれを聞いて「丸くてふわふわ=隣に住んでいるけんちゃんが飼っている犬のポコ」と勝手に妄想するのだが……。最後に発覚する、衝撃の「ポコ」の正体とは!?
 ユルユルでシュールな雰囲気たっぷりのこのショートムービー。3人のキャラも相当変だが、不思議なことにポップに彩られた彼らを見ていると、なぜだかグミを食べたくなるのもまた事実。動画内にも登場する「フェットチーネグミ イタリアングレープ味」、「フェットチーネグミ イタリアンピーチ味」は3月17日(火)、「フェットチーネグミminiFS」は3月24日(火)より、全国量販店、コンビニエンスストア等で発売開始。

【公式サイト】(外部サイト)

【動画】『フェットとチーネとグミ星人―未知とのお花見編―』

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!