• ホーム
  • 趣味
  • 4月からの新生活を快適に過ごすなら“省スペース”が決め手

4月からの新生活を快適に過ごすなら“省スペース”が決め手

 いよいよ今年度も残りわずか。4月からの“新生活”に向けて、今からひとり暮らしの準備に大忙しという人も多いはず。引っ越しというと、どうしても新生活の基盤となる物件情報やタウン情報に注目しがちだが、新しい我が家を快適にする秘訣は、実は“お部屋の中”にある。

快適生活への鍵は身近なスペースの有効活用!

 その秘訣を学ぶ前に、まず知っておきたいのが、“ひとり暮らし事情”。以前リクルートが行なった“20代シングル男女のひとり暮らしデータ”を見ると、家賃相場はだいたい6万5000円、部屋の広さは約27?の1K(キッチン+7〜8畳)、物件探しの重要条件は断トツで“家賃”で、“広さ”は6位とのこと。意外と無理をせず、身の丈に合う安定した生活を選択しているようだ。つまり、生活の“器”には広さはそれほど重要じゃないということが見えてくる。

 お金の使い方は堅実に、部屋の広さもそこそこでいいとなると、快適なひとり暮らしを実現する鍵は、やっぱり“お部屋の中”。限られた空間を有効活用できる“省スペース”アイテムを賢く取り入れれば、お財布事情や部屋の広さに関わらず自分の望んだライフスタイルが手に入れられるというワケだ。近頃は様々なシーンで“整頓術”が 話題を呼んでおり、省スペースにこだわった生活必需アイテムも数多く登場しているので、これを使わない手はないだろう。 

 『BEAMS オンラインショップ』マネージャーの遠藤秀幸氏に限られたスペースを広く見せるコツについて話を聞くと、やはり収納方法が最も重要になると力説。「基本は、スタッキング(積み重ね)が出来る家具や食器を選ぶ。洋服屋やカフェのように“見せる収納”というのも良いかと思います」(遠藤氏)

 また、省スペースを有効活用するアイテムについては、「やはりスタッキング出来る物や折りたたみ可能な家具はオススメです。住居スペースによって組み替えられるものもあり、ライフスタイルによって増やすことができるようなソファもあります。また、アウトドア用のコンパクトになるチェアやテーブルは、機能的でデザイン性の高いアイテムが多く、一人暮しでの日常使いとしても注目されています」(遠藤氏)

新生活に効く“省スペース”アイテムをピックアップ!

 それでは最後に、編集部とBEAMS オンラインショップ・遠藤秀幸氏が選んだ、とっておきの“省スペース”アイテムを紹介していこう。

 まず編集部が注目しておきたいのが、現代生活になくてはならないPC。昔ながらのデスクトップ型では場所をとるし、スマホの小さな画面では学校や職場の課題が作れない、大好きな映画鑑賞も楽しめない……というアナタには、NECが提案するフリースタイルPC『LaVie Hybrid Frista』がオススメ。

 このニューモデルは、15.6型のワイドフルHDディスプレイを搭載しながらも奥行きが160mmと短く、折り畳むことも可能。コンパクトなLラインのシルエットで、奥行きのないキッチン棚にも置けるし、折り畳めば膝の上に置いてタブレット感覚で操作が可能。信頼のNEC製というだけあって性能は折り紙つき。インテルのCore i7プロセッサーに8GBの大容量メモリを搭載しているので、本格的なオフィスソフトから動画鑑賞まで、これ1台あれば家中どこでも自分の好きなことができる究極の“省スペース”アイテムと言える。

続いて遠藤氏のおススメアイテムは『アルバ アールト スタッキングスツール』。建築家“Alvar Aalto”が創造する、デザインと機能性を兼ね備えた家具や照明器具が有名。美しく実用的な家具は、流行に左右されることなく今もなお世界中で高い人気を誇っている。

 新生活にともない、知らない土地での暮らしを余儀なくされるケースは多く、“ホームタウン”として馴染むまではある程度の時間が必要だ。だからこそ、“我が家”が快適か否かは、とても大事なことなのだ。

NEC『LaVie』公式サイト(外部サイト)
BEAMS オンラインショップ公式サイト(外部サイト)
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!