• ホーム
  • 芸能
  • 小芝風花インタビュー『新たな刺激を受けたい17歳』

小芝風花インタビュー『新たな刺激を受けたい17歳』

映画初主演作となる実写版『魔女の宅急便』で、アニメでおなじみのキキ役を見事に演じきり、ブルーリボン新人賞を受賞。女優としての輝かしい一歩を踏み出した小芝風花。初々しさとあどけなさが残る17歳の新人女優が、金曜ナイトドラマ『セカンド・ラブ』で大人の世界に足を踏み入れた!?

<<動画インタビュー>> 大人の階段を登ってしまった小芝風花!?

例えるなら“内心メラメラ”タイプ(笑)

――映画『魔女の宅急便』でのブルーリボン新人賞、おめでとうございます!
小芝ありがとうございます! 本当に嬉しいです。『魔女の宅急便』では、初めてのことだらけだったのですが、周りのスタッフさんや共演者の方々に恵まれて、本当に素敵な経験をすることができました。

――撮影当時は、演技の経験がほとんどなかったと思うのですが、あの名作の実写化ということにもプレッシャーはありませんでしたか?
小芝プレッシャーしかありませんでした(笑)。みんなの知っている“キキ”役だったので、私がキキでいいのかなと思うことが多かったんです。でも、その不安を共演させていただいた尾野真千子さんに相談したら、「この作品に関わっている人は、どうしたらこの作品がよくなるかを考えているだけだから、風花も周りからどう見えるかではなくて、自分がこの作品をどうしたらよくできるかだけを考えよう」と言ってくださったんです。そこで自分の芯を持つことの大事さを学びました。当時の私にできる精一杯の演技をしたので、後悔はなかったのですが、今の私ならもっとこうできたかもという思いが強いんですよね。なので、今思うことをしっかり次に活かしていこうと思います。

――すごく素敵ですね。
小芝でもまだ、私の芯はしっかりと定まっていないので(苦笑)、これからちゃんと定めていきたいと思っています。

――まだ高校2年生ですから、芯が定まらないのは普通だと思いますよ。さて、現在はドラマ『セカンド・ラブ』に出演されていますが、どんな役を演じているんですか?
小芝 私が演じている“そら”は、名門進学校の成績上位TOP10に入るくらいの秀才なんです。でも、いつも単独行動をしていて、何を考えているのかわからないミステリアスな女の子です。

――おや、風花さんとはまったく違うタイプのような……。
小芝正反対です(笑)。最初にそらのお話をいただいたときに、週6で塾に通っていて、小さな頃から英会話やピアノを習っているということだったんです。その瞬間に、一気に不安になってしまって、いつも聴いている音楽を英語のヒアリングに変えようかなと思ったり……(笑)。演技の最中にボロが出ないようにがんばります!

――お話していると、いつも天真爛漫なタイプのように感じますが、自分のことをどんなタイプだと思っていますか?
小芝小さな頃からフィギュアスケートをしていたので、負けず嫌いです。例えるなら“内心メラメラ”タイプ(笑)。なので、このドラマでは、観ている人に“この子、いつか何かをしでかすんじゃないか”と思わせるような演技をしたいと思っています。

大人の階段を登ってしまいました

――ミステリアスになるためにがんばらなくちゃいけないですね。
小芝 そうなんです! なので、ふだんから、もし今そらなら何をしているのかなと考えるようになりました。通学路では何を考えているのだろうとか、今は塾の時間かなとか……。さらに、これから先のドラマのお話で……あ、まだ言っちゃいけないんです!

――あはは。物語でそらが何かを起こすのかな?
小芝 言いたいけどまだ言えません(笑)!

――(笑)秘密が下手なタイプですね。
小芝 そうなんです……。でも、本当にこれからドラマは物語がすごく動くので、乞うご期待! 楽しみにしていてほしいです!

――すでにドラマは放送スタートしていますが、オンエアを観ていかがでしたか?
小芝 亀梨和也さんと深田恭子さんがすごく大人な雰囲気で、美しいんです。さらに昼メロならぬ夜メロというラブストーリーなので、かなり刺激が強くて……。そういうシーンにあまり免疫がないので(笑)、もう本当にドキドキして。大人の階段を登ってしまいました……!

――あはは。たしかに話題性のあるドラマですからね。さて、風花さんから見て、おふたりはどう映りましたか?
小芝亀梨さんは、遠くにいてもわかるくらい、オーラが出ている方。深田さんはとても物静かな方で、深田さんの周りだけ空気がゆったり流れているんです。その醸し出す雰囲気は、もう「美」そのものというくらい美しい方です。このおふたりが一緒にいると、本当に驚くくらい素敵な空間になるんです。

――すごく勉強になるような現場なんですね。
小芝はい! あらためて、いろんな役を演じてみたいと思える現場で嬉しいです。

――今後のドラマの展開を楽しみにしていますね。さて、風花さん自身は、4月から高校3年生になるんですね。
小芝はい。友だちは大学に進んだり、夢に向かって一歩を踏み出す時期になります。私はおばあちゃんになるまで女優でいたいと思っているので、まわりに流されることなく、与えられた役を一生懸命演じていきたいと思っています。

――プライベートで挑戦したいことはどんなことですか?
小芝基本的にはインドアなので、家でゲームをしたり映画を観たりするのが好きなんです。でも、今年はたくさん外に出て、新たな刺激を受けたいと思っています。今一番行きたいのは浅草! 食べ歩きが大好きなので、商店街があるところに行ってコロッケとか食べたいなと思っています!
(文:吉田可奈/写真:鈴木一なり)

金曜ナイトドラマ『セカンド・ラブ』

金曜ナイトドラマに衝撃の新ジャンルが登場! それは……昼メロよりももっと危険でスキャンダラスな<夜メロ>。かつてない激しさと切なさで彩る“大人がはまるラブストーリー”が、<主演・亀梨和也×ヒロイン・深田恭子×脚本・大石静>という強力タッグのもと、衝撃の誕生を果たした!
テレビ朝日系 毎週金曜よる11時15分から(一部地域を除く)
【番組公式サイト】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!