• ホーム
  • コラム
  • “無個性”が生んだ大ヒット カプセルトイ「コップのフチ子さん」

“無個性”が生んだ大ヒット カプセルトイ「コップのフチ子さん」

 ユーザーがこぞって写真を撮ってSNSに投稿したことがきっかけで人気を拡大し、シリーズ累計700万個を超える大ヒットとなっているカプセルトイ「コップのフチ子さん」。グリコのキャンペーンでのサッカー日本代表・内田篤人とのコラボレーションなども話題を集めるなか、12月19日よりファミリーマート先行で発売されていたファン撮影による写真集『みんなのフチ子さん』が、Amazon、一般書店での取り扱いを開始する。Twitter投稿企画「フチ子写真コンテスト」の受賞者による撮り下ろし作品を収録したもので、“ユーザー発”でヒットした商品にふさわしい、ファンの愛が溢れる写真集となっている。

フチ子さんのヒットを振り返る

  • ファン撮影による写真集『みんなのフチ子さん』

    ファン撮影による写真集『みんなのフチ子さん』

 まずは、いまや著名人なども含め多くの熱狂的なファンを持つ「コップのフチ子さん」のヒットを振り返ってみよう。ユニークな発想と丁寧な作りで人気を集めるカプセルトイメーカー・奇譚クラブと、『バカドリル』などで知られる漫画家・タナカカツキ氏が共同開発し、2012年7月に第1シリーズを発売。OL風の服を着たフィギュア“フチ子さん”をコップのフチに腰掛けさせたり、ぶら下げたりして遊ぶという斬新なコンセプトが話題を集め、第1シリーズは発売からわずか約1週間で10万個を出荷、店頭では品切れ状態が続くほどの人気を獲得した。

 フチ子さんをよく知らない人でも、コップのフチやお菓子の箱、公園の草木など、様々なシチュエーションで腰掛けたり、佇んだりしているOL風フィギュアのシュールな写真を、一度は目にしたことがあるかもしれない。瞬く間に人気を拡大した一番の要因は、ユーザーが様々なシチュエーションに溶け込むフチ子さんを撮影してSNSに投稿し、多くの人に拡散されたことだ。その背景には、フチ子さんがいわゆる“二次創作”の題材としても魅力的だったことが挙げられる。

創作意欲を掻き立てるフチ子さん

  • 「コップのフチ子さん」を奇譚クラブと共同開発したタナカカツキ氏

    「コップのフチ子さん」を奇譚クラブと共同開発したタナカカツキ氏

 「(ここまで人気が拡大した理由は)正直なところ、よくわかりません(笑)。ただ、デザイン面が極力無個性であったことが要因でしょうか。押しつけがないので、ユーザーが自由に世界観を持つことができたのでは?と思います」と話すのは、フチ子さんの生みの親、タナカカツキ氏。フチ子さんは髪をふたつに束ねたOL風の穏やかな表情の女性であるという見た目の特徴以外、詳細なプロフィールは明かされていない。それが却ってユーザーの創作意欲を掻き立て、個々が様々な肉付けをすることで、世界観を作り上げていった。その広がり方は、動画サイトを介してキャラクターとしての人気を獲得した「初音ミク」にも似ている。彼女もまた、ビジュアルと年齢や身長・体重など、基本的なプロフィール以外の情報が一切明かされていなかったことが、多くのクリエイターの創作意欲を刺激した。

 こうしたヒットの背景から、今回の『みんなのフチ子さん』は、フチ子さんのヒットの原点が凝縮された写真集といえる。広報“コップのシキ子”とフチ子ファンによる対談も収録されているほか、特典として本のフチに引っかけることができる「しおりのフチ子」も封入され、まさにフチ子ファンによる、フチ子ファンのための本。フチ子ワールドにどっぷりはまっている人も、これからチェックする人も、大ヒット商品を生み出すヒントを探ってみてはいかがだろうか。
■書籍情報
『みんなのフチ子さん』
監修:タナカカツキ 奇譚クラブ
発売日:2014年12月 全国のファミリーマート店舗にて先行発売/1月中旬より一般発売開始
価格:本体900円(税別)

企画:金羊社クリエイティブワークス、シエルモンテ
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!