• ホーム
  • 芸能
  • ガレッジ・ゴリが明かす故郷・沖縄への“恩返し”

ガレッジ・ゴリが明かす故郷・沖縄への“恩返し”

 昨年、吉本の“お家芸”とも言える、新喜劇が沖縄に初登場!! 座長として企画立案したのが同県出身のガレッジセール・ゴリだ。ORICON STYLEではゴリにインタビューを行い、なぜ新喜劇を沖縄に根付かせようと思ったのか? その故郷への想いを聞いた。

大人から子どもまで楽しめる新喜劇の凄さを再確認したんです

――ガレッジセールさんが主催された『おきなわ新喜劇』。東名阪公演ツアーも成功を収めました。去年の春に初めて開催した嘉手納公演も成功させましたが、三線での新喜劇お馴染みの出囃子も凄くマッチしてますよね。新喜劇と沖縄の土壌って親和性が凄く高い印象を受けました。
ゴリそうですね。沖縄の人の大阪の人って実は似てる部分が結構あるんですよ。ノリが同じというか波長が一緒なんですね。だから、大阪出身の方で沖縄に住んでいる方がかなり多くて、そういう町もあるくらいなんですよ。

――そもそも『おきなわ新喜劇』を立ち上げるに至った経緯はどこにあったんですか?
ゴリ僕自身、新喜劇を何度も観せてもらって、さらに自分たちも何度か出演させてもらって感じたのが、大人から子どもまで楽しめる笑いの凄さなんです。是非ともその笑いを沖縄に持っていきたいなって思ったのが最初ですね。実はずっと前から「いつか沖縄で新喜劇が出来たら…」って思ってたので、ようやく夢が叶った感じですね!

――で、実際に昨年、嘉手納公演を開催して、その手応えもあった?
ゴリそうですね。本当に皆さん腹抱えて笑って下さって。でも、今回のツアーでは地元の方だけじゃなく、観光客として全国から来て下さった方も楽しめるような内容になってます。嘉手納公演よりもさらに沖縄色を入れていますね。

――あぁ、新喜劇をそのまま持ってきたのではなく。
ゴリはい。じゃないと沖縄でやる意味も薄れてしまうので。逆に嘉手納公演を経験して、もっと沖縄色を入れなきゃって感じたんです。

新喜劇だけじゃなく伝統芸能を集約させたステージにするのが最終目標

――沖縄って不思議な土地ですよね。ガレッジさんはもちろんですけど、芸能界には多くの沖縄出身者がいて、人口比率を考えるとちょっとどうかと思う位の多さですよね。
ゴリそうですね。ですから、今回の公演もゲストには事欠かないです(笑)。で、ゲストとして大物の方が出て下さると、県民の方が喜ぶんですよ。

――凱旋的な意味合いもありますもんね。
ゴリそうなんですよ〜。みんな「良く帰ってきたね〜」っていう温かい目で迎えてくれますからねぇ(しみじみ)。

――ゴリさん自身、沖縄に新喜劇を根付かせることで、ゆくゆくは総合エンタテインメントとして定期公演を考えているんですよね?
ゴリそうです。新喜劇だけじゃなく、民謡や舞踊など沖縄の伝統芸能を集約させたようなステージにするのが最終的な目標です。沖縄の文化って継承していくべき重要なものが多いので。

おきなわ新喜劇HP(外部サイト)
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!