• ホーム
  • 趣味
  • “スマホで年賀状”が本格化!LINE公式に日本郵便も参入

“スマホで年賀状”が本格化!LINE公式に日本郵便も参入

 身近な人から普段会えない遠方の人まで、新年のあいさつとして送る“年賀状”。日本の伝統行事であり、古くから親しまれてきた文化だが、2003年をピークに、年賀状を送る文化も年々減少傾向にある。その一方で、ここ数年はネットやスマートフォンの普及に伴い、ネットやスマホアプリを活用して、デジタルならではの特性を生かした年賀状の作成・送付をする人が増えてきた。

 そのような傾向に伴い、年賀状など、グリーティングカードのネットサービスが急増。日本郵便では、年賀状の総合ポータルサイト「郵便年賀.jp」を2007年から開始し、昨年は1億8,000万アクセスを超える人気ぶりだ。さらに2011年には、誰でも簡単に、楽しくはがきの年賀状がつくれる無料アプリ「はがきデザインキット」のサービスも開始し、昨年は約40万ダウンロードを記録。ネットを介しての年賀状が浸透するなか、日本郵便ではより汎用性の高い“スマホで作る紙の年賀状”を展開していく。

住所がわからなくても大丈夫! LINE年賀状の利点とは?

 「郵便年賀.jp」には、2015年の干支「ひつじ」をモチーフにしたテンプレートや素材が、約1,000点以上あり無料で使用可能。操作方法も簡単なので、初めての人でも安心だ。また、今年はオリジナルの十二支キャラクターを自分のアバターとして作成できる似顔絵ツールも登場。作り手の創造性を掻き立てる面白いツールから定番デザインまで、豊富なテンプレートの中からきっとお気に入りが見つかるはずだ。

 さらに、今年は「LINE」との連携もスタート。「はがきデザインキット2015」では、「LINE」を通じて住所がわからない相手にも年賀状を送ることができる新サービスを実装。“学生時代の友人に年賀状を出したいけど、「LINE」でのみ繋がっている”という人も、「LINE」を通じて気軽に年賀状が送れる。また、「LINE」の年賀状サービスでは、動画を送る動画再生用のQRコードを入れた年賀はがきも作成可能。QRコードをスマートフォンで読み取ると動画メッセージが閲覧できる機能もあり、楽しみも倍増。これまで、年賀状という文化自体にわずらわしさを感じていた若年層ユーザーにとっても、スマートフォンで簡単に作成できるのであればチャレンジしてみる意義はあるはず。

AR機能付きはがきが新登場!“送られる”だけでなく“送る”楽しみも

 「いや、やっぱり年賀はがきにこだわりたい!」という人ユーザーにも、ディズニーキャラクターやハローキティの年賀はがき、地域限定の絵柄が31種類と様々なデザインがあり、選ぶ楽しみも増幅。さらに今年は、日本郵便初のAR機能がついた年賀はがきも登場。ハローキティとコラボレーションした同はがきは、二次元コードを読み取るとキティちゃんの動画や写真が楽しめる。さらに、ディズニー映画付きの年賀はがきは、受取人だけでなく差出人もTSUTAYA TVのVODを通じ、大ヒット映画『アナと雪の女王』なども視聴できる。

 年賀状もスマートフォンの普及に伴い、「新年のあいさつ」という形式的な要素だけでなく、“送る楽しみ”や“送られる楽しみ”という新たな付加価値が生まれた。身近な友人や親戚だけでなく、ちょっとした知り合いにも簡単に送れる“スマホで年賀状”が、今後さらに普及していく可能性は高い。

簡単に動画付きの年賀状が作れる無料アプリ「clip (クリップ)年賀状」

タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!