紆余曲折を経ての10年……BENIの今とは

 等身大の気持ちを綴ったオリジナル曲から、J-POPの名曲を英訳したカバーソングまで、さまざまなタイプの楽曲を発表し、圧倒的な支持を集めるBENI。デビュー10周年というアニバーサリー・イヤーのラストを締めくくるライブが12月26日に開催!しかもWOWOWでの生中継が決定!その意気込みを直撃した!!

BENIのライブ生中継!WOWOW番組概要(外部サイト)

葛藤もあったけど、すべての活動に意味があった

  • BENI

    BENI

──2014年は、デビュー10周年というアニバーサリー・イヤーですが。
BENI 昔の楽曲とか活動を振り返られることって、アニバーサリー・イヤーとかじゃないとなかなか難しいのでいい機会でした。次に向けての目標や新たな自分を見つけられた気がします。

──改めて10年の活動を振り返ってみてどうでしたか?
BENI あっという間だったんだけど、改めて考えるといろんな波があっての今なんだなって。良いことも悪いことも、すべてに意味があったと感じました。

──特に思い出深い出来事は?
BENI 初めてのライブツアーをした時かな。デビューしたら、すぐにツアーができると思っていたんだけど、現実はそうじゃなかった。音楽をメインに活動したかったのに、それがうまくできない時期もあったし……。でも、BENI名義で活動をスタートして、ようやく自分の思い通りの音楽を中心とした活動(ツアー)ができて、本当にうれしかったですね。その喜びは、デビュー直後の経験があったからこそ、大きいものになったと思う。いま振り返ると、とても貴重な経験。あの頃の自分に「お疲れ!」って言いたい(笑)。

──今年はベストアルバムを発表、それにともなうツアーも敢行中。今回のツアーは特別な思い入れがあるのでは?
BENI リリースしたベスト盤の収録曲はもちろんだし、デビュー当時のものや、アルバムに入ったちょっとマニアックなものも選んでみたりして、自分のヒストリーというか。どういうプロセスで今の私になったかが分かる構成になっています。また、ファンのみなさんが公演ごとにサプライズを用意してくれるんです!みんなの愛も感じる最高のショーになっていますね。

──また今回は、事前にセットリストを公開しているのもポイント。
BENI セットリストを事前に公開するのは、私にとって初の試みなんです。私自身、好きなアーティストのライブって、どういう曲をやってくれるか先に分かると、よりステージを楽しめる。もちろんサプライズも大切だけど、次はこの曲だ!という高揚感も好きなので。実際、ショーでも一緒に歌ってくれる人が増えているし。より一体感のあるものになっているのかな?って。

──衣装については?
BENI いっぱい踊ったり、観客のみなさんの近くに移動したりもするから、結構スポーティーなものになってますね。

──ならば今回はダンスも注目ですね!
BENI また、私が着替えでステージにいない時も、ダンサーやDJ、ピアニストが会場を盛り上げてくれるので、そこも楽しいですよ。

おばあちゃんになっても音楽を続けていきたい!

──そして12月26日にはツアー・ファイナルが東京国際フォーラム ホールAで開催されます。どんなステージになりそうですか?
BENI ファイナル公演は、ダンサーやバンドのメンバーと、よりセッション要素の高いステージになります。今回のツアーを観たことがある人も、違う楽しさを感じてもらえるのかな。

──またこのライブの模様は、WOWOWでも生中継されますね。
BENI 最初この話をいただいた時、うれしかった反面、すごい逃げたい気持ちになりました(笑)。今まで目の前にいるみんなを楽しませるためだけにショーをやってきたので、その場にいない人も巻き込むことなんて出来るのか?って。でも、実際の姿が見えなくても、同じ場所にみんながいる気持ちで、歌を届けたいと思います。

──当日TVを視聴している人に向けた、スペシャルな演出とか考えていますか?
BENI 必ず何か考えます(笑)!

──最後に、2015年はどんな1年にしたいですか?
BENI 新曲の制作を続けているんですけど、次はきっと今までにないBENIを届けられると思うので、楽しみにしてくださいね。また20周年、40周年……と、おばあちゃんになっても音楽を続けていきたい。その間にワールドツアーを実現させたいですね!

(文:松永尚久/(C)oricon ME inc.)

<ライブレポート>ファンとの親密さも感じた仙台公演!

 全国各地で大盛況となり実現した、ツアーの追加公演としておこなわれた仙台ライブ。4人のダンサーと、DJ、さらにキーボーディストを従えてのパフォーマンスは、BESTアルバムからはもちろんのこと、久々に披露したというデビュー曲「Harmony」、カバー曲「Ti Amo」、10月に発表されたばかりのクリスマスソング「Fun Fun Christmas」まで、この10年の軌跡を、エピソードを交えながら振り返る構成だ。曲ごとに彼女の歌声や表情に観客は全員釘付けに。また、アンコールではファンからの「10周年おめでとう!」のコールと共にウエーブが巻き起こるサプライズに「これって新しい!」と顔をほころばせる場面もあるなど、エンターテインメント性にあふれながらも、ファンとの親密さも感じる2時間のステージだった。

BENIの10周年記念ライブはWOWOWで観よう!

デビュー10周年を迎えるBENIが、自身の楽曲とカバーベストを携えて行うアニバーサリーライブを生中継!

【放送日】12月26日(金)午後6時30分〜 [WOWOWライブ]

加入者の中から抽選で、12月26日の東京国際フォーラムホールAでのライブと、BENIに会えるバックステージに3組6名様をご招待(12月19日まで)。BENIとの写真撮影とサインプレゼントを予定しています!!また、新規加入者全員に色違いのツアーTシャツをプレゼント(12月27日まで)。詳しは、WOWOWオフィシャルサイトにて。

[[URL BLANK>http://www.oricon.co.jp/pj/2014/wowow_1212beni.html">WOWOW番組公式サイト(外部サイト)
BENIのツアー情報はこちら(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!