• ホーム
  • 音楽
  • Rev.from DVL『“天使と悪魔”が闘う瞬間って?』

Rev.from DVL『“天使と悪魔”が闘う瞬間って?』

福岡発のダンスアイドルユニット、Rev.from DVLが、12月3日にシングル「REAL-リアル-/恋色パッション」をリリース。「REAL-リアル-」はこれまでの2作の元気なイメージとは対照的に、恋の駆け引きを歌ったダンサブルなナンバーとなっている。メンバーから、橋本環奈、秋山美穂、四宮なぎさ、今井瞳、西岡優菜、橋本幸奈の6人が登場。歌詞にも出てくる、心の中で“天使と悪魔”が闘う瞬間や、メンバーの仲良しエピソードなどについて語ってもらった。

【フォトギャラリー】橋本環奈が七変化!?ナースや教師姿も!(外部サイト)

メンバーは何があっても味方でいてくれる(橋本環奈)

――3rdシングル「REAL‐リアル‐/恋色パッション」はRev.from DVLのカラフルな魅力が詰まった作品になりましたね。まず「REAL―リアル―」の印象を聞かせてもらえますか?
秋山美穂(リリースの)時期的にウィンターな曲になるのかなって思ってたら、まったく違っていたので、「こんな曲が来たんだ!」ってホントにびっくりしました。
今井瞳今までのRev.にはない感じの曲ですよね。「LOVE -arigatou-」、「Do my best!!」もそうなんですけど、これまで明るくてポップな曲が多かったんですよ。でも、今回はすごくカッコいい曲で、こういう曲をやってみたいっていうのもあったから、嬉しかったです。
橋本環奈Rev.は常に七変化していますからね。今までにやったことがない曲とかどんどんやりたいと思いますし。
西岡優菜今までのRev.は女の子っぽいピンクのイメージだったと思うんですけど、今回は“赤と黒”という感じだなって。ダンスの振りもすごくカッコいいんです。「みんなで揃えなきゃ!」って思いました。
今井みんなでアドバイスし合って、振りもギリギリまでこだわって、修正しながら撮ったので、完成度は高くなってるんじゃないかなって思います。

――集中力が必要な制作だったんですね。
環奈そうですね。前は1ヶ月くらいかけて練習してたので。
橋本幸奈私は記憶力がないので、家でちゃんと練習しないと、(振付が)抜けるんです(笑)。
西岡私も。練習のときと違うことをやっちゃうんですよね。
今井で、スキルリーダーの美紀ちゃん(鷲尾美紀)に怒られるんですよ(笑)

――「REAL-リアル-」には“天使と悪魔”というテーマも込められていますが、みなさんは自分のなかで天使と悪魔が闘う瞬間ってありますか?
西岡食べ物かな。体型維持に気を付けないといけないんだけど、甘いものを見ちゃうと「明日から頑張ろう!」って食べちゃう(笑)。
幸奈テスト前はダメですね。2時間くらい勉強すると寝ちゃうので(笑)。でも、大丈夫です。授業をちゃんと聞いてるから!
環奈天使のほうが勝つときもありますよ。たとえばストレッチをやるときに「もうちょっとやろう」って、数を増やしてみたりとか。
四宮なぎさ「REAL-リアル-」のMVでメンバーを救うシーンがあるんですけど、実際のメンバーにも当てはまってるのかなって思います。自分が気を抜こうとしたら、周りが止めてくれるので。
環奈そう、フォローしてくれるというか。何があっても味方でいてくれるんですよね。ひとりが悩んでたりすると、誰かが相談に乗ったり。心強いです。
今井メンバーに嬉しいことがあったときも、みんなで“おめでとう”するんですよ。この前、環奈が賞を取ったときも(日経トレンディ「2014年のヒット人」)、みんなでお祝いしました!
環奈嬉しかったですね。すごく褒めてくれるんですよ、みんな。

――アドバイスをしたり、反省会みたいなこともやってるんですか?
環奈やりますね、“Rev.ミーティング”。(宿泊するときは)ふたりで一部屋なんですけど、全員でひとつの部屋に集まるんです。
今井それが必ず私の部屋なんですよ(笑)。みんなで話した後も、なかなか帰らないメンバーもいるんです。
西岡あ……私、居座っちゃいます! 最後は「瞳、メイク落とし貸して」って(笑)。
今井そういうことも楽しいんですよね。これだけ一緒にいて、よく飽きないなって思います。

(今井)瞳ちゃんは実はすごく甘えん坊なんです(西岡優菜)

――ずっと一緒にいるなかで、「この子、こんなところもあったんだ?」っていう発見もありますか?
西岡ありますね! (インタビュアーに)例えば瞳ちゃんにはどういう印象を持たれますか?

――しっかり者、という感じがします。
西岡そうですよね! でも、実はすごく甘えん坊なんです。この前、1日休みがあっただけで「さみしい。会いたい」ってLINEしてきて。
環奈ゆっきー(幸奈)も意味がわからないスタンプ送ってくるよね。
今井この前、顔つきのボイスメモ送ってきたよ。
幸奈恥ずかしい…。

――では、「恋色パッション」について。この曲はどんな印象でした?
環奈とにかくキュンキュンします!
秋山『アイカツ!』とのコラボ曲で、小さい子供も楽しめる曲になっています。
四宮振りと歌詞が連動していて、覚えやすいと思うんですよね。小さい子供から男性、ご年配の方まで、いろんな方に踊ってほしいなって思います。
環奈友達とユニットを組んで踊るのもいいかも!

――シングルのリリースの後も、ライブ、イベントを中心にした活動が続きますね。最後に読者のみなさんにメッセージをお願いします!
幸奈「REAL-リアル-」「恋色パッション」、とってもいい曲なので、1日3回聴いてください!
西岡メンバーの新たな一面、表情を見られるシングルだと思うので、ぜひチェックしてくださいね!
秋山シングルのリリース・イベントにも、たくさんの方に来てほしいです。ライブもあるので、楽しみにしていてください。
今井Zepp Fukuoka、Zepp DiverCity (TOKYO)のライブは違う内容で臨みたいと思ってます!
四宮ひとりひとりが輝けるように、そして、みんなで一体感を感じられるライブにしたいですね。
環奈私たちの成長した姿をみなさんにお見せできるようにがんばります。ぜひ、一緒に各地を回っていただきたいです!

(文/森朋之)

Rev.from DVLインタビュー動画

【MV】「REAL-リアル-」 (full ver.)

【インタビュー】Rev.from DVL「Do my best!!」 福岡から日本全国、世界へ
【画像ギャラリー】2ndシングル「Do my best!!」インタビューカット
Rev.from DVLオフィシャルサイト(外部サイト)
公式ブログ(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!