• ホーム
  • 音楽
  • 10代最後の新曲は人間の“愚かさ”に迫った初のバラード

10代最後の新曲は人間の“愚かさ”に迫った初のバラード

家入レオが11月19日、湊かなえ原作の純愛ミステリードラマ『Nのために』の主題歌としても話題の新曲「Silly」をリリース。20歳を目前にして今まで感じたことがなかった答えの出ない問いに直面し、そのリアルな想いを込め曲になったという。そこに描かれているのは愛でも満たされない“何か”を求めてもがき苦しむ、人としての究極の切なさと寂しさ。一貫して“愛”を歌ってきた19歳の彼女を揺さぶる新たな葛藤と悩みとは?

もがいても答えが見つからないことがあるんだと初めてわかった

  • 「Silly」(初回限定盤A)

    「Silly」(初回限定盤A)

  • 「Silly」(初回限定盤B)

    「Silly」(初回限定盤B)

――「Silly」はTBS系金曜ドラマ『Nのために』の主題歌となっていますが、ドラマの世界観と曲がぴったりと寄り添っていて、聴いていると主人公の榮倉奈々さんの顔が自然に浮かんできます。
家入レオそう言っていただけると嬉しいです。でも実はこの曲には私自身の気持ちをリアルに入れ込んでいて、今の自分が考えていることとドラマの世界観が重なった結果、こういう曲になったんですよ。

――重なった部分とは?
家入『Nのために』は主人公たちが嘘や秘密を重ねながら、大切な人やものを守ったり慈しんでいく作品なんですけど、つまり罪を犯すことと人を守るっていう対極の行為をイコールで結んでしまっているという話で、そこに人間の愚かさや寂しさをすごく感じたんですね。それはきっと、誰かを守ることで自分を満たそうとしている、つまり自分自身の空虚を埋めようとしている行為なんじゃないかなと。それがサビの<Oh It’s so silly 何かを求め 確かめたくて>って歌詞に繋がるんですけど、実は私自身もいますごく“何か”を求めていて、でもその答えが見つからない状態なんですね。デビューしてから「サブリナ」でも「Bless You」でも一貫して愛を求めてきたけど、20歳を目前にして改めて考えたとき、“じゃあ愛って何だろう?”と壁にぶつかってしまったというか。本当は愛をも包み込む“何か”を自分は求めていたんじゃないかなって気づいたんです。

――自分を満たす“愛”を目指していたら、その先にはもっと大きな何かを求める“空虚”があったと。
家入私は子供の頃は愛さえあれば大丈夫と思っていて、それを得るために音楽をはじめたからいまここにいるんですけど、いざその環境に置かれると、やっぱりまだ満たされない何かがある。じゃあどうやったら、この感情=空虚は埋まるんだろうって、曲を書きながらすごく考えてしまったんです。

――それは今までの曲作りでは湧いてこなかった感情ですか?
家入湧いてこなかったですね。前作の「純情」までは愛がすべてだと信じていて、そこを突き詰めて“純情宣言”したわけですけど、頑張れば頑張るほど、答えがぼやけることもあるんだなって身体でわかったというか。今まで私は大人が曖昧な言い方をしたり、黒白つけずにグレーでいることをすごく責めていたんですよ。歌詞でもそこに牙をむけるみたいなところがあって、だから筆圧もすごく強かったんですけど(笑)、もがいても、もがいても答えが見つからない、曖昧なままにするしかないことってあるんだなって初めてわかりましたね。

――大人も、というか大人になるほどむしろ“空虚”を埋める答えが遠くなるってことはありますよね。
家入えー、それはつらい。でもそれって人間としてしっかり生きている証なのかもしれないですね。

――そう思います。自分の中の空虚を見るって、勇気のいることだから。でも「Silly」は、答えの出ない問いにひとつの光を提示していますよね。で、それが救いになっている。
家入そうですね。わからないものはわからないまま、その愚かさ=Sillyを包み込んでいこうと。そういう意味では前よりいっそう愛に近づけた歌かもしれない。

家入レオが考える人間の“愚かさ”とは?

  • 「Silly」(通常盤)

    「Silly」(通常盤)

――歌い方も今までとはちょっと違いますね。声と声の間の吐息――音のない部分――に、すごくニュアンスを込めている気がしました。
家入今回は静かな狂気というか、“歌い上げないこと”にすごく重点を置いたんですよ。歌おう!と思ってテクニックを見せようとするとこの曲は壊れてしまう。コップから水が溢れる寸前の表面張力みたいな、ちょっとでも揺らしたらこぼれちゃうっていう、ギリギリ感を表現するためには抑えて歌う必要があるなと思ったんです。だからライブでこの曲を歌うと、すごくエネルギーを使って疲れるんですよ。歌う前はすごく気合いがいるのに、歌ってるときは頑張っちゃダメっていう、不思議な曲なので(笑)。

――何度も出てくるサビの<Oh It’s so silly>も、すべて歌い方を変えていますね。
家入気づいていただいて嬉しいです。言葉こそ同じですが、歌詞の流れで持っている感情が全部違うんですよ。1回目は人間に絶望している<Oh It’s so silly>、2回目以降はちょっとずつ温かみが出てくる。最後は悲しみの連鎖の中で生きていこうって決めている女性の横顔をイメージして歌っていて、すべて表情が違うんです。

――家入さん自身は自分に対して、愚かだなって思うことありますか?
家入ありますよ、すごく。それこそ空虚になってしまったり、感情のままに動いて相手を傷つけてしまったり…。

――では人間の一番の愚かさって何だと思います?
家入自分も含めて“過去から学ばない”こと。仮に前世があるとして、私が前の人生の記憶を持って生まれ変わっていたら、もう少し素敵な人間になってると思うんです。でも神様は消してしまうじゃないですか、記憶を。それって何でだろう?と思うし、消すことに意味があるのかなとも思ったりして……。さっきも言いましたけど、20歳を前にして最近すごく、そういういろんなことを考えちゃうんですよね。

――あるアーティストが19歳は大人でもなく子供でもない、立ち位置定まらない不安定な時期だったと言っていたことがあります。
家入それ、わかります。もっと行動したいのに自分で責任を取れないぶん、動きが制限される感じがあって、つねに20歳になるのを待っている状態。でも私、早く30歳になりたいんですよ。

――何か理由があるんですか?
家入ちょっと言い方が難しいんだけど……女性の10代20代って誰かに付けられた付加価値の多い年代だと思うんです。選ばれる側にいるというか。でも30代になると自分自身で決断を下せる。その人自身の芯が見えてくる気がするんです。そういう意味で憧れるし、私も早くそこにいきたい。19歳の小娘に何がわかるんだって言われちゃうかもしれないけど、今の私には30代の女性がすごくカッコよく見えるんですよね。

(文/若松正子)

「Silly」MV

家入レオ 7thシングル「純情」インタビュー
家入レオ 5thシングル「太陽の女神」インタビュー
家入レオのプロフィール
公式サイト(外部サイト)
公式ブログ(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!