• ホーム
  • 音楽
  • 竹達彩奈『自身作詞曲も収録した待望の1stアルバムが完成!』

竹達彩奈『自身作詞曲も収録した待望の1stアルバムが完成!』

 竹達彩奈の1stアルバム『apple symphony』が遂に完成!川本真琴、奥華子など豪華作家陣を迎え、作詞にも初挑戦!めくるめく彩奈ワールドにハマりましょう!

歌手としての自分の声を見つけた今、次のステップへ

  • apple symphony【初回盤】

    apple symphony【初回盤】

  • apple symphony【スペシャル盤】

    apple symphony【スペシャル盤】

――アルバム、楽しい気持ちで聴かせていただきました!ディズニー映画『ファンタジア』を観たときの感覚に似ていました。
竹達おおっ、やったぁ!ありがとうございます。

――クリエイターもプレイヤーのみなさんも全員が楽しんでる!って雰囲気がアルバムから伝わってきますもんね。
竹達そう言ってもらえるとうれしいです。どんどんチーム竹達の輪が広がりつつ、かつどんどん強くなっているって感じるんですよね。それがとてもうれしいんです!!!

――1曲目の「apple symphony」からすごく元気に始まりますよね。
竹達ハイ。これから始まるよ〜っていうワクワク感が詰まった曲です。彩奈の“奈”の字がリンゴの意味を持っているので、デビュー時からリンゴのモチーフ展開でやらせていただいておりました!なのでアップルは私の音楽活動に欠かせないものだろうと思い、アルバムに入れさせてもらいました。

――そして「ライスとぅミートゅー」で、ついに作詞デビューですね。
竹達そうなんです〜(嬉)。歌手としての自分の声を見つけた今、ようやく“次のステップに行けたのかな?”と自分で思ってます。

――それにしてもはっちゃけてますけど(笑)?
竹達うふっ!スタッフみ〜んなが竹達は肉が大好きってことを知っていたので、“肉大好きっていう歌を書いてみてはいかがだろうか”というお話をいただいて、“え、そんなステキなこと書いていーんですか!?”ってことになりました。曲も、私が肉の歌詞を書くためにわざわざ(小林)俊太郎さんが作ってくださった肉専用曲なんです(笑)。

――焼肉屋さんとコラボすればいいのに!
竹達実は、4月限定で『七輪焼き肉 安安』さんとコラボするんです。「ライスとぅミートゅーセット」が発売されたり、ポスターも作ってもらいました!ぜひ行ってみてください!

初ワンマンライブは、絶対に楽しいイベントにする自信がある

  • apple symphony【通常盤】

    apple symphony【通常盤】

――そして、「春がキミを綺麗にした」のミュージックビデオ(MV)がすごくよかった!この曲と「G.I.W.」は、川本真琴さんの作詞・作曲ですけど、彩奈さんにすごく合っていますよね。
竹達あ、うれしいな!私、子どもの頃にアニメ『るろうに剣心』の主題歌「1/2」をよく聴いていたんですよね。でもそれが川本真琴さんだったって最近知ったんですよ。それからいろんな曲を聴いたんですけれど、すごくキュートなのにパワフルだし、独特な早口も川本さんカラーなんだなって知ることができて、歌ってみたい!って思いました。

――「春がキミを綺麗にした」のMVには川本さんご本人が出演していらっしゃいますね。
竹達そうなんですよ。そこで川本さんと“はじめまして!”でした。私、緊張しちゃってあまり話しかけられなくてモジモジしてたんですよ。そうしたらウチのスタッフが“ファンだったんです!”と、仲良くお話しされていて、すっごい悔しくなって“私も好きです!私も聴きました!”みたいな感じでようやくお話ができました。そしたら周りのみんなが“俺も俺も!”みたいな感じになって、みんなで川本さんの取り合いになってました(笑)。

――MVの彩奈さんは、今までで一番自然体というか、素に近いんじゃないかな?って思ったんですけど。今までのMVに比べるとそこまで作り込んでないですよね?
竹達あー、確かに一番アーティストらしいというか大人っぽい、シンプルなMVですね。本当に歌ってるのみなので、すごく新鮮でした。

――そして彩奈さんの憧れの存在だという奥華子さんの楽曲「HIKARI」はステキなバラードですね。
竹達奥華子さんは学生の頃からすごく好きだったので、音楽活動を始めたときから、いつかは曲を書いていただきたいなと思っていたんですけど、こんなに早く叶うとは思ってなかったので、すごくうれしいです。曲に関しては、ファンのみなさんや家族やいろんな人に“ありがとう”の気持ちを伝えられるような曲にしてほしいというお話をさせていただいていたんですよ。そしたら奥華子さんは私の今までの音源や映像を見て作ってくださったそうです。うれしかったです…(感)。レコーディングも等身大の気持ちで歌えました。

――アルバムのラスト曲「リズムとメロディの為のバラッド」は、これまでのシングルの歌詞やメロディーが出てきたりする、彩奈さんのここまでの集大成ですね。
竹達ハイ。音楽活動が始まる前はすごく不安だったのが、いろんなことにチャレンジさせていただいていくうちに、どんどん楽しくなっていきましたし、1年したら自分のなかですごく大きなモノになっていたな……っていうのが正直な感想ですね。

――次はワンマンライブですね!
竹達そうですね……また新たな不安の壁にぶち当たったかな?と思ってるんですけど(笑)。でも、絶対に楽しいイベントにする自信があるので、みなさんは安心して来てほしいです。それを乗り越えたらひと皮むけてニュー竹達彩奈になるんじゃないかな?って思ってるので、がんばろう!って思います。

――では最後に、恒例となりました最近のハマりモノを教えてください。
竹達『シムシティ』っていう街を発展させていくゲームにハマってます。オンラインでつながるんですけど、みんなでチカラを合わせてステキな街にしてかなきゃいけなくて、そのために私は新しいノートパソコンを買いました。ハイ!
(文:三沢千晶)

関連リンク

これまでの活動をCheck!過去のインタビュー
プロフィール/CD売り上げ
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!