• ホーム
  • 芸能
  • 永山絢斗 SPECIAL INTERVIEW 心地よくて…楽しくはないけど おもしろい

永山絢斗 SPECIAL INTERVIEW 心地よくて…楽しくはないけど おもしろい

出演映画が続き、人気とともにその確かな演技への評価を急上昇させている若手の実力派俳優・永山絢斗。
そんな彼がまた新たな顔を見せてくれるのは
三池崇史監督による本格アクションサスペンス大作『藁の楯 わらのたて』。
撮影現場での葛藤、今の自分に対して思うこと……素顔をのぞかせてくれました!

このなかに自分もいられるんだな…

──昨年は主演、出演映画が3本公開、今年も『藁の楯 わらのたて』を含む3本が公開。映画俳優としてのキャリアを着実かつハイペースに積んでいますが、いま充実していますか?
【永山】 そうですね、良い作品に呼んでもらえる機会が増えることはとても嬉しいです。

──今回の『藁の楯 わらのたて』も良い作品ですよね。オファーをもらったときはどんな気持ちでしたか?
【永山】 すごく衝撃的な話だったし、(スタッフもキャストも)すごいメンバーだし、オファーをもらったばかりのときは「ああ、このなかに自分もいられるんだな」という(嬉しい)感覚だったんですけど、クランクインが近づくに連れて、ものすごく緊張してしまって……。いい意味でしびれた作品でした。

──しかも、神箸のような本格的な刑事役は初めてですよね?
【永山】 ですね。前にも『罪とか罰とか』(2009年)で刑事役はやってはいるんですが、あのときは刑事であり殺人者でもある特殊な役でしたし、ドラマ『理由』(2012年)は下っ端の刑事役。なので、きちんとした刑事役というか、警視庁のエリート刑事役としては今回が初めてですね。

──神箸は血の気が多くてイヤミも言う、口は悪いけれど正義感のある刑事ですが、演じるにあたって事前にどんな準備を?
【永山】 すごくエネルギーのある役だったのでおもしろかったです。準備は……いろいろ考えて作ってはいきましたけど、いわゆる役作りといえるような「僕の役作りはこうです!」というほどのものではなくて……もう、薄っぺらいものですね(苦笑)。

──いやいや、あの熱のこもった演技は全然薄っぺらくないです。
【永山】 (笑)キャストだけでなく、スタッフさんも自分たちの仕事にこだわりと誇りを持った職人さんのような方ばかりだったので、自然と力が入りました。衣裳もすごく良かったし。髪形に関しては(監督から)「自分で考えてきて良い」と言われていたんです。なので、自分なりに神箸をイメージして、いろんなものをミックスして作りました。

おもしろさであり恐さでもある

──その神箸のキャラクター像を、もう少し詳しく聞かせてください。
【永山】 彼の人間味は、仕事を重ねて出来上がってきたものだと思うんです。なので、そこに上司として岸谷(五朗)さんが入ることで、すごい説得力が生まれるというか。個人的には、空港のシーンでその感じが伝わればいいなと思うんです。というのは、空港のシーンは(自分の)最初の撮影で、現場の張り詰めた空気にものすごく圧倒されたシーンでもあるので。

──そんな思い出の空港シーンを含めて、三池組の現場の感想も聞かせてください。
【永山】 役者さんたちもすごいメンバーで、スタッフもキャストもみんな監督に身を預けている感じが伝わってきて、安心できました。けど、もちろん緊張感もあって。セリフの言い方とか目の動きとか、こういう感じでと実際に三池さんがやってみせてくださるんですけど、なんて芝居の上手い監督なんだと驚きました(笑)。

──また、藤原さん演じる殺人犯・清丸は見ていて本当にイラッとさせられましたが、撮影ですぐ傍にいてイラッとしなかった?
【永山】 「何を言ってるんだ、コイツ!?」とはなりますよね(笑)。撮影中、藤原(竜也)さんにご飯を食べに連れて行ってもらったりしていたんですけど、やっぱり、現場に入ると周りの人と全然話をされないんです。僕自身も最後まで集中して現場にいることができました。

──この作品は「自分だったらどうするのか?」を誰もが考えると思います。永山さん自身はどんな答えを出しましたか?行動することで10億円が手に入るとしたら?
【永山】 どうしようかなぁ、どうするかなぁ……。未遂でも1億ですからね、石ぶつけたらいいんですよね(笑)。誰にでもそう思わせてしまうことがこの作品のおもしろさであり恐さでもあるんです。
(文:新谷里映/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

⇒ 次のページへ【まだまだ発散できていない】

映画情報

藁の楯 わらのたて

 「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます」前代未聞の広告に、日本中が揺れた!広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。“この男”とは、蜷川の孫娘を殺して逃走中の清丸。命の危険を感じた清丸は、福岡県警に自ら出頭。全国民に清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅と白岩は凶悪犯を護送することになる。

監督:三池崇史
出演者:大沢たかお 松嶋菜々子 岸谷五朗 永山絢斗 藤原竜也 山崎努
【映画予告編】 【OFFICIAL SITE】
2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
(C)2013 映画「藁の盾」製作委員会

関連リンク

[INTERVIEW I]おもしろさであり恐さでもある
[INTERVIEW II]まだまだ発散できていない
映画予告編日本全国民が敵になる──!?
『藁の楯 わらのたて』公式サイト
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!