• ホーム
  • 芸能
  • 平愛梨『やれる時にやらないでどうする!? 二度目の人生プラン変更…(笑)』

平愛梨『やれる時にやらないでどうする!? 二度目の人生プラン変更…(笑)』

凛とした表情で力強い演技を見せたかと思えば、くったくのない笑顔とハジけた発言でバラエティ番組を盛り上げる。そんなジャンルをまたいで活躍する平愛梨が、映画『からっぽ』では孤独と向き合うヒロイン・シーナを演じている。作品への思いから仕事への向き合い方まで、その素顔に迫る!!

“一緒に作った”気持ちが深い作品

──平さん演じるシーナと、清水尚弥さん演じる小判の関係性って不思議ですよね。友情でも恋愛でもない、でもどこか似た空気をまとっている。
この役は、頭では考えずに入れたんです。衣装を着た瞬間に自然と「あ、こういう感じなんだ」って。草野翔吾監督のなかには明確なイメージができあがっていたので、私はそれに近づくことに集中していました。「歩き出す足は右か左か」っていう細かいところにもこだわりを持っていらしたので、その思いに応えるのに一生懸命でした。

──求められたことに対して全力で向かっていったんですね。難しくはなかったですか?
正直、壁にぶつかったこともありました。10テイク目でもOKが出なかったことがあって、そのときはさすがに「何がダメなんだろう、なんでOK出してくれないんだろう」って悩みました。でも、やるしかないんですよね。どの作品の場合でもそうですけど、監督が「いい」と思うことがすべてなので。

──自分からアイディアを出すこともあったんですか?
部分的にですけど、ありました。カギとなるシーンの場合は監督がそばに来て、「僕はこう思うんですけど、愛梨ちゃんは何かあります?」って聞いてくれたんです。監督とは歳が同じということもあって、考えを伝えやすくてありがたかったです。

──主演の清水さんはだいぶ年下の17歳。どんな俳優さんだと感じましたか?
こっちが役に入りやすい空気を自然と作ってくれて、すごいなあって素直に驚きましたね。とても一緒にお芝居をしやすい俳優さんです。私も清水くんも、ロケ地の群馬と東京を毎日往復していたんですけど、現役高校生だから「明日学校行かなきゃいけない」って言いながらバスに乗ってた姿が印象的でした(笑)。

──現場の雰囲気はいかがでしたか?
この作品は草野監督のデビュー作だったんですけど、スタッフも出演者も、みんな監督を信頼して進めていった感じでした。「将来大物になるぞ」って、みんな頼もしそうに眺めてましたね。もちろん私もそう感じました。あとやっぱり私自身は、悩んだりしながら撮影をしたこともあって、完成した今は達成感が強いです。「一緒に作った」っていう気持ちが深い作品になりました。

最近になって前向きな気持ちに変わった

──映画もさることながら、今年は初めての舞台にも挑戦しました。テレビではドラマやバラエティでも活躍。気持ちを切り替えるコツってあるんですか?
うーん……あまり考えていないです(笑)。私はイノシシタイプなので、目の前のことにひたすら集中するのみで。あ、だけどまわりの声に対しては、耳をダンボにしています!アドバイスや意見を聞き逃さないように。意識しているといったら、それくらいかな。

──なるほど。だけどそれだけ忙しいとお休みって取れますか?
1ヶ月ごとにスケジュールが書かれた紙をいただくんですけど、予定が埋まってた方がうれしいんです。先日、何者かによって(笑)「休みを取るように」って走り書きがあって。「何だこの文字は!?」ってビックリしました。「休みはいらない」って書き直しておきましたけど(笑)。「やれる時にやらないでどうする!?」っていつも思っています。

──本当に仕事が楽しいんですね。この先の方向性やプランを思い描いたりしてるんですか?
以前は23歳でこのお仕事を辞めるつもりだったんです。でも22歳で映画『20世紀少年』と出会って、「あれ!?」って。そこで一度プラン変更をして、27歳までに延長。だけど、またその歳でマネージャーが変わったりして、二度目のプラン変更(笑)。今は……真っ白です。でもそれは、実はとってもありがたいことだと思っています。今は人との出会いがこんなにモチベーションを左右するんだなって実感しています。

──モチベーションはどう変化しましたか?
何に対しても「やってみないとわからない」って考えるようになりました。弱気になっている時期もあったんです。舞台なんてまさにそうで、2年くらい前はできないと思っていました。でも最近になって「やってないからどんな感じかわからない。わからないなら、とりあえずやってみよう」っていう、前向きな気持ちに変わったんです。そしたらタイミングよくオファーをいただけたりして。

──前向きな気持ちが、自然と引き寄せたのかもしれないですね。女優として、この先演じてみたい役や出たい作品はありますか?
狼少女!『ガラスの仮面』で主人公が狼少女の役を演じるシーンを観たことがあるんですけど、それが好きなんです(笑)。あとは、誰かと心が入れ替わっちゃうみたいな、少し変わった設定の役に挑戦してみたいですね。実現できるかはわからないですけど、そういう夢は忘れずに、自分らしく進んで行きたいと思っています。

⇒ 芸人が直撃動画インタビュー【残念なところを告白!? 初の“脱ぐシーン”はドキドキしながら…】

ワンピース\19,950 /Honey mi Honey 問03-6427-4272
パンプス\8,790/エスペランサ 新宿ルミネエスト店 問03-3341-6150
(文:奥浜有冴/写真:鈴木一なり)

映画情報

からっぽ

ストーリー:
 家族も友達もお金も、存在感すらもない、高校生・加藤小判。彼が持っているものは、ただひとつ。誰からも存在を意識されていない時、本当にその場から存在を消せる「テレポート」の能力だ。しかし、テレポート先で素っ裸になってしまうその能力が役に立つことはなく、小判の孤独を証明するだけだった。

 ある日、家を追い出された小判は、誰もいないはずのテレポート先でシーナという女性に出会う。小判の能力に興味をもったシーナにも、また家がなく、その能力を利用することを思いつく。

 そして、帰る場所を失った2人の、奇妙な共同生活が始まった。同じ頃、町はにわかに活気づいていた。スーパーの防犯カメラに、「白い河童」が映し出されていたのだ。その話を聞いたまちづくり委員の面々は、「白い河童」に賞金を懸けて町に活気を取り戻そうとするが……。

監督:草野翔吾
出演:清水尚弥 平愛梨 三浦誠己 大杉漣 宮下順子 品川徹ほか
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開中
(C)GAF LLC

関連リンク

お笑い芸人が直撃動画インタビュー!!
撮り下ろしフォトギャラリー
映画公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!