• ホーム
  • 音楽
  • T.M.Revolution『豪華アーティスト陣が参加!セルフカバーを作る意味とは……!?』

T.M.Revolution『豪華アーティスト陣が参加!セルフカバーを作る意味とは……!?』

 T.M.Revolutionがデビュー15周年記念プロダクツの最後を飾る『UNDER:COVER 2』をリリース。豪華アーティスト陣を迎えた制作エピソードや“セルフカバーを作る意味”など、今作への想いを語ってもらった。

聴き応えあるアルバムに――

――10周年の時に出した『UNDER:COVER』に続く第2弾ですが、前作との違いは?
西川前作はライブやツアーで触る機会の多かった曲が中心で、全体的にベーシックな印象だったんです。でも今回は、リリースしてからほぼ触っていなかった曲もあったりして結構、バラけてる。ただ、なかには「Albireo-アルビレオ-」みたいに移籍第1弾だったせいで、手探りのままぼんやり終わってしまったっていう可哀想なコもいて(笑)。そういう曲をこの機会にちゃんと触ってあげられたのは良かったなと。

――しかもアレンジャー、ゲスト共にかなり豪華な顔ぶれが揃っていて。特に手応えを感じた曲は?
西川May(J.)ちゃんをゲストに迎えた「last resort」とか。これは男女の会話劇になっている珍しい曲なんだけど、男性よりもむしろ女性の方にこそ物語があるというか。リリース当初から女性の強さを際立たせたほうが奥行きの出る曲だと思っていたので、それをMayちゃんっていう魅力的なシンガーとセッションして形にできたことは素晴らしいなと。あと苦戦しながらも面白く仕上がったのは、VERBALくんとやった「WILD RUSH」。最初は僕が求めているリアレンジの考え方を理解してもらうのに時間がかかったんです。しかも、最終的にかなりハネた感じになっていて。ちょっとぶっ飛び過ぎじゃないかなって思ったけど、並べてみたらそれが逆に新鮮で。おもしろいって言ってくれる人も多いんですよ。

――わかります。その2曲も含めそれぞれのゲストやアレンジャーの個性がふんだんに活かされていて、聴いた後はすごく贅沢した気分になれる。
西川そう言ってくださる方が不安になるぐらい多くて、各媒体さんのリアクションがいいので、ぶっちゃけ売れないかなと(笑)。

――そういうもんですか?
西川いろんなアーティストや作品を聴いている人たちが面白いと思う音楽って、一般の人にはなかなか伝わらないんですよ。1曲1曲完成度が高いとか聴き応えがあるとは言ってくれるけど、そういう作品って初見で手に取る人にとってはヘビーというか、カロリーが高い(笑)。

――聴けば“コレはおいしい”となると思いますけど。
西川聴いてくれる作業さえ乗り越えてくれれば“おっ”となるんですけどね。でも決してそれを後ろ向きに言っているわけではなくて。セルフカバー・アルバムはそういう立ち位置でいいと思っているし、そこに作品を作る意味もあるのかなと。

20周年に向けて――悠長に構えていられない

――西川さんにとってセルフカバーの意味とは?
西川僕はオリジナルのCDで出している音源が本当に意味で完成するのは、ライブだと思っているんですね。でも、それだと今度はライブに来てくれた人が、そのあとCDを聴いたときに物足りなくなってしまうじゃないですか。なのでそこを埋められるのがセルフカバーなのかなって。

――ライブを経て進化した音をもう一度パッケージにすると。
西川でも“ライブの時のあのアレンジね”というものでもない。今回のセルフカバーが第1弾と違うところはそこで、ライブの音からさらに変化して“こうなっちゃうの?”っていうぶっ飛んだ展開になっていることが大事なんですよ。だから今回はリアクションを探りながら作るっていう発想もなかった。それだと合格点しか出せないから。合格点を超えた予想できないとこまで持っていくことこそ、『UNDER:COVER 2』を作る意味であり意義なんですよね。なのでヘビーでいいんです。だって一度発売したものをリクエストしてもらって集めて、さらにリアレンジしているんですよ。いろんな人の想いや手がかかり過ぎていて、そりゃカロリーも高くなりますって(笑)。


――で、そこが醍醐味でもある(笑)。このアルバムを踏まえて、今後はどんなT.M.R.を見せていきたいと思っていますか?
西川前作でいうとそこからa.b.s.が始まったりしたので、今回も次の展開に対しての大きなフックにはなると思うけど、何か変えなきゃという義務感はなくて。成り行きでいいかなと思っています。既存のカラーは打ち出しつつ、“歌う”という軸さえきちんと踏まえていればどうにでもなるかなと。それぐらい大きくスタンスを取った方がいろんなことができる気がするんですよ。ただ、すでに20周年が見えていて、そこに向けて物事を動かしていくにはちょっと巻きでやらないとダメだなと。悠長に構えていられない状況ではありますね(笑)。
(文:若松正子)

関連リンク

これまでの活動をCheck!過去のインタビュー
プロフィール/CD売り上げ
オフィシャルサイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!