• ホーム
  • 音楽
  • ゆず『“みんなと、どこまでも”感謝と決意に満ちた、15周年の集大成ツアー最終日をレポート!』

ゆず『“みんなと、どこまでも”感謝と決意に満ちた、15周年の集大成ツアー最終日をレポート!』

 昨年12月にスタートした、『YUZU ARENA TOUR 2012/13 YUZU YOU 〜みんなと、どこまでも〜』のファイナル、横浜アリーナ6Daysが、2月17日に最終日を迎えた。デビュー曲「夏色」から最新の「REASON」、「イロトリドリ」まで、各年代からの代表曲が並んだ選曲は、まさにデビュー15周年を締めくくるにふさわしい内容。さらに、5月に新アルバム『LAND』を発売、6月から全国ツアーを開催することも発表され、新たなステージへの期待も膨らむ、次に繋がる公演になった。

ライブこそ真骨頂!16年目を迎えさらにパワーUPするパフォーマンス

 ライブは恒例のラジオ体操でスタート。この15年を走馬灯のように駆け巡るVTRに続いて2人がステージに登場すると、横浜アリーナは1万2,721人の大歓声に包まれた。地元の神奈川で、しかも6Daysの最終日とあって、2人とも実にうれしそうな表情で客席を見渡すと、あちこちから「おかえり〜」の声が飛ぶ。この日の楽曲は、各年代から言わずと知れた名曲ばかりをピックアップ。壮大なスケールで聴かせたのは、途中の「Wonderfurusato 2 YOU メドレー」。アルバム『WONDERFUL WORLD』、『FURUSATO』、『2-NI-』の3枚から代表曲をメドレーで一気に披露するというもので、バックには歌詞にインスパイアされた映像やメッセージを込めた映像が流され、力強い歌声やサウンドと相まって実に感動的だった。

 中盤には、客席内をファンとハイタッチなどしながら歩いて移動し、設けられたミニステージで2人だけで演奏した。まるで路上でやっていた当時のような近さで、これにはすぐ近くの席にいたファンは大興奮。さらに、この日は最終日とあって、1曲多くデビュー間もない頃の3曲を披露してくれた。北川悠仁の「それでは次の曲、いってみようっ!」という軽妙なかけ声は非常に懐かしくもあり、集まったファンはきっと路上時代の彼らのライブにタイムトリップしたような感覚で聴いていたに違いない。横浜アリーナという大きな会場であっても、気持ちは路上でやっていたときのまま。そういう感覚を持ち続けているのが実に2人らしくもあり、それこそが彼らの人気の秘訣だと実感した。

 楽曲はもちろん、さまざまなコーナーで楽しませてくれたライブ。デビュー当時を写真で振り返って会場を爆笑させたほか、バックバンドのメンバーがゆずの2人を描いた絵を披露するコーナーでは、バンドメンバーの意外な才能も開花した。さらに、ファンにはお馴染みのキャラクターも登場。15周年を記念して新たに生まれたNEW“ゆずマン”や“モモちゃん”が幻想的にストーリーを演じたり、膝を抱えた何とも言えない表情の“ゆず太郎“が、客席のファンと温かいコミュニケーションを繰り広げるなど、さまざまなキャラたちの登場もライブに花を添えた。ちなみに、この日集まった観客の年齢層は、10歳未満からなんと70代まで。アンケートを取った自分たちで驚きつつも、なんともうれしい表情の2人だった。

100年まではムリだけど(笑)、“みんな”がいる限り歌を届けたい

 また、毎回趣向を凝らした演出で楽しませる「いちご」では、ダンサーも登場して華やかにライブを盛り上げたほか、ライブ定番ナンバーの「夏色」では、北川がなんと“アレ”に転生する……という演出でも会場を沸かせた。映像を巧みに使ったストーリー展開のあるコミカルな演出は、まるでアニメでも観ているような楽しさ。CDを聴いたりテレビの音楽番組で観る2人とはまた違った、さまざまな表情を観せてくれるのが彼らのライブ。まさか北川があんな格好をしたり、寡黙にギターを弾く岩沢があんなことをやったりとか。ライブを観ないとわからない、想像以上に親しみやすくユーモアや人間味に溢れた2人がそこにはいた。

 「デビュー前、路上でいま頃の寒い時期にがむしゃらに歌っていた頃は、想像もつかなかった。まさか16年経って、横浜アリーナで6日間もやれるなんて。夢のようです。ありがとう」と北川。「栄光の架橋」を歌う前には、こんなことも話していた。「ここまでの道のりは、素晴らしいこともたくさんあったけど、大変なこともたくさんあって。それでもやって来られたのは、待ってくれているみなさんがいてくれたからです。みなさんの涙が、拍手が、声援が、僕らの支えになっていました。これからも20年、50年、100年まではムリだけど(笑)、待ってくれている人がいる限り、歌を届けていきたいです。僕たちのなかには、いつもみなさんがいます。みなさんのなかにも僕らがいてくれたらうれしいです」。

 アンコールの最後には、ツアーファイナルでは毎回歌っているという、ファンやスタッフたちへの感謝を込めた名もない歌を披露。たった2人でアコギを弾きながらの歌声は、やさしく温かく、力強く。うれしそうに顔をくしゃくしゃにして歌う、2人のありがとうの声が、横浜アリーナの会場中に響き渡った。


※北川がインフルエンザのため延期していたサンドーム福井公演は、3月2日に振替公演を実施。
(文:榑林史章)

ゆず 15周年の集大成ツアーファイナルをWOWOWで楽しもう!


 WOWOWでは、ゆずの最新アリーナツアー『YUZU ARENA TOUR 2012/13 YUZU YOU 〜みんなと、どこまでも〜』(全国12ヶ所24公演)から、2人の地元・横浜アリーナで行われた2月17日(日)のファイナル公演の模様をオンエア!感謝と決意に満ちた、15周年の集大成ツアーをあなたも!さらに、その前週には、昨年デビュー15周年を迎えたゆずの“これまで”と“ここから”に迫るスペシャル番組を無料放送でお届け!アリーナツアーと合わせてご堪能あれ!

【番組情報】
◆『ゆず アリーナツアー 2012-13 YUZU YOU 〜みんなと、どこまでも〜 at 横浜アリーナ』
3月10日(日)後9:00〜 (WOWOWライブにて放送)

◆『ゆず WOWOWスペシャル YUZU YOU 〜みんなと、どこまでも〜』
3月2日(土)後6:30〜 (WOWOWプライムにて無料放送)
4月29日(月・祝)後2:00〜 <リピート放送>

関連リンク

【ライブレポート】15周年!集大成ツアー
【インタビュー】2人が語る“ゆずの15年”
フォトギャラリー
過去インタビュー&特集
プロフィール/CD売上ランキング
オフィシャルサイト
次へ
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!