• ホーム
  • 芸能
  • 大島優子 SPECIAL INTERVIEW 悔しさも悲しさも寂しさも…いろいろな涙を見た

大島優子 SPECIAL INTERVIEW 悔しさも悲しさも寂しさも…いろいろな涙を見た

ここまでアイドルの裏側を見せるのか……。そして、アイドルとはこれほどハードなのか……。過去2作が大きな衝撃を呼んだドキュメンタリー映画の新作『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』が公開された。今回も激動の2012年が赤裸々に映し出される!選抜総選挙で1位となり、改めて国民的グループの看板を背負う大島優子が登場!! その胸の内を思うままにじっくりと語ってもらったロングインタビュー!

あそこまで撮られていたとは気付かず…(笑)

――このAKB48ドキュメンタリー映画シリーズは、今までの作品も観ていますか?
【大島】 これまでの2本とも観ています。2作目に関していえば、驚愕です(笑)。

――西武ドームの舞台裏で、メンバーがバタバタ倒れるところとか?
【大島】 物語の作り的にも、何か怖い気がしました(笑)。

――戦争映画のようにも見えました(笑)。
【大島】 「私たちって、こんな姿をしているんだ」というのを、客観的に観ることができました。渦中にいるとわからないというか、自分たちではそんなに大変だとは思っていなかったから。

――そうなんですか!?これだけ毎日いろいろな仕事をしているのに?
【大島】 まわりの人に「大変そうだね。忙しいでしょう?」といわれても“?”だったんですよ(笑)。もっともっと忙しい方はたくさんいらっしゃるだろうし、そう考えると、私たちなんてそんなでもないだろうと思っていました。それが映画で自分たちの姿を客観的に観たら「大変だったんだ」って感じました(笑)。


――あそこまで赤裸々に映されるのは、メンバーとしては「勘弁してよ」って気持ちもありません?前作の優子さんだったら、2位に終わった選抜総選挙の舞台裏で号泣しているところとか……。
【大島】 あれが出たときは、もう恥ずかしかったです(笑)。「ああ、映されていたんだ……」と思いました。どこを撮られていたのか、全然わからないものですから。ずーっと記録用のカメラが密着しているので、そんなに意識していなくて。あそこまで撮られていたとは気付かず……(笑)。

――あのときの総選挙、舞台上では優子さんが2位だったのに毅然と明るくスピーチをしていた姿が印象的だったので、映画を観てビックリしました。
【大島】 泣いている姿をファンの人に見せたら、辛い思いをさせちゃうじゃないですか。「1位にさせてあげられなかった……」って。それがすごくイヤだったんです。

――それで、ステージではプロ意識で……。
【大島】 だから、映画として観られてしまったことは正直辛かったです。でも、私たちは何でも赤裸々なのがグループのスタンスですから。

――新作はサブタイトル「少女たちは涙の後に何を見る?」が付いていて、実際に涙のシーンが多くありました。
【大島】 2012年はメンバーがいちばん泣いた年だったと思います。悲しいことでも、嬉しいことでも、辛いことでも。他のメンバーを思う気持ち、自分自身に対すること……いろいろな感情で泣いた年でした。

――そのなかでも、優子さんが涙したことのなかで印象に残っていることや、他のメンバーの涙が焼き付いていることというと?
【大島】 えーっ?いっぱいあるなぁ……。でも、メンバーとの別れですかね?いちばん泣いたのは。みんなの感情が見えやすい涙というか。グループを離れていくメンバーとの思い出はそれぞれ違って、お互いどれだけのことを積み重ねてきた涙なのかがわかりました。気持ち良く見送る涙か、寂しい涙か……ってことも。いろんな涙を見ました。

――今回の映画でも、優子さんと増田有華さんとのくだりが入っていました。
【大島】 何が出ていました?本当にどこを撮られていたのかわからなくて(笑)。

――記事が出た後に、ずっと電話で話していたこととか。そうした別れと繋がる形で、映画のなかで“アイドルと恋愛”についてコメントしていたメンバーもいましたが、優子さんはそこに関して思うところはありますか?
【大島】 「私たちはロボットじゃない」っていう、たかみな(高橋みなみ)の言葉が響きました。「アイドルだけど、心を持つ人間だから」と。私たちには恋愛禁止というルールがある。その掟を破ってしまったら、何らかの責任を取らなければならない。でも、恋愛したかどうかは心の持ちようで、その先の道をどう進むかも心で決めること。アイドルでも、やっぱり私たちは人間であるんだなというのを、第一に思いましたね。

――前田敦子さんの卒業も、大きなトピックになっていました。さいたまスーパーアリーナのライブで卒業を発表した後に、舞台裏で前田さんが優子さんに「言わなくてゴメン」という場面もありました。同じ初期メンバーの高橋みなみさんや篠田麻里子さんは聞かされていたうえで、どう捉えたかを語っていましたが、優子さんは事前に知らされていなかったと。
【大島】 私は直接いわれていなかったですね。そういう噂は耳にしたことはありましたけど、いつ卒業かは知らなくて。すごくビックリしました。

――優子さんと前田さんのライバル関係はよく知られたところですが、初期メン同士の繋がりともまた違うようで。前田さんとは、どんな距離感だったんでしょう?
【大島】 なんていえばいいんですかね……。すごく難しいけど、特別な存在でした。彼女がいなかったら、私は今ここに存在していないし。自分のライバルでいてくれたことを、すごく誇りに思っています。最近のAKB48はとても仲良しなグループで、前はすごくあったバチバチしたものがなくて。そのなかで、あっちゃんをライバルに持てたのは光栄でした。そういう存在です。今はよく連絡を取っていて、メールして遊んだりもしています。卒業してからの方が、距離が縮まりました(笑)。

――映画のなかで“AKB48のセンターに立つこと”も描かれていましたが、前田さんが背負っていたものを今、優子さんが実感していたり?
【大島】 それはまた別ですね。あっちゃんの背負っていたものはあっちゃんにしかないし、今の私が背負っているものも私にしかない。誰かの代わりには誰もなれないと思います。

――優子さんが昨年の総選挙で1位を獲った後に、2位だった渡辺麻友さんに「次はキミだよ」と話しかけている場面もありました。自分がセンターを張り続けたい気持ちと、後輩に伸びて欲しい気持ちと、両方ある?
【大島】 今、センターをやらせてもらえるのであれば、やっていたいです。麻友か誰かが奪い獲ってくれるまでは、ちゃんと務めるよと。でも、いつでもセンターを外れていいとも思っているし、私はどこにいても全然いいんです。どこでも自分らしくいられる自信はあるので。

――そういう意味では、堂々とセンターを張れるぐらいの後輩が出て来て欲しいと?
【大島】 麻友でなくても、勢いがあってAKB48を盛り上げて引っ張ってくれる子だったら、誰でもかまわないですね。

――麻友さんとか松井珠理奈さんや島崎遥香さんのような、よく名前の挙がる人たち以外に、優子さんが次期エースとして期待をかけているメンバーもいます?
【大島】 けっこういますよ。

――誰ですか?
【大島】 (笑)ここで名前を挙げたら、その子にはすごいプレッシャーになると思うんですよ。それで伸び悩んじゃうのはイヤだし。私は先輩だから、たぶんスタッフさんにいわれるより、同じプレイヤーというか、先輩にいわれたほうが嬉しい反面、重圧はあると思います。だから、いわないでおきます。

――誰かはともかく、現状まだ頭角を現していないメンバーのなかにも、優子さんが目をかけている人はいるわけですか。
【大島】 もちろんいます。だから、私がもっと磨きます(笑)。

――さっきも出たように、今回の映画では前田敦子さん以外にもグループを離れたメンバーたちにスポットが当たっていました。優子さん自身は今、ボンヤリとでも自分が卒業するときのイメージはありますか?
【大島】 ないですね……何も浮かばない(笑)。先のことは全然わかりません。AKB48って目まぐるしく状況が変わるので、そのときになってみないと何ともいえないですね。ただ、目の前にあることはすべて全力でやる。それだけは確実に続けます。

――前回今回と、このドキュメンタリー映画だけ観ると、“アイドルって苦しくて大変なんだな”と思ってしまうのですが。
【大島】 アハハ(笑)。でも、私もそう思いました。本当に華やかな世界ではないんだなって。

――それでもやりたいというのは、どんなモチベーションが大きいんでしょう?
【大島】 アイドルが華やかな世界だったら、逆にやっていなかったと思います。みんなにチヤホヤされて、何でも「いいよ、いいよ」と誉められていたら、つまらなかっただろうし、すぐ辞めていたと思うんですよね。でも、「それじゃダメだ!」って、人間として自分を作ってもらえたので、すごく感謝しています。

――ハードルが高いぶん、やり甲斐があると。
【大島】 はい。すごく楽しいです!
(文:斉藤貴志/撮り下ろし写真:片山よしお)

映画情報

DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN
少女たちは涙の後に何を見る?


前田敦子の卒業やAKB48の恋愛禁止問題、夢の東京ドームツアー実現、という激動の2012年をメンバーがどんな表情でどう受け止めたかがカメラに収められているーー。

監督:高橋栄樹
出演:AKB48 
【OFFICIAL SITE】
2013年2月1日(金)全国ロードショー
(C)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

関連リンク

伊藤さとりの映画のもっと近くへ『DOCUMENTARY of AKB48』舞台挨拶ウラ
映画公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!