• ホーム
  • 音楽
  • スピードスターレコーズ20周年記念イベント『斉藤和義、くるりら所属アーティストが祝福☆豪華コラボも叶った3日間をレポート』

スピードスターレコーズ20周年記念イベント『斉藤和義、くるりら所属アーティストが祝福☆豪華コラボも叶った3日間をレポート』

 今年、誕生20周年を迎えた、ビクターエンタテインメントの“スピードスターレコーズ”が、1月18日〜20日に渡って記念イベント『SPEEDSTAR RECORDS 20th Anniversary Live 〜LIVE the SPEEDSTAR 20th〜』を開催!斉藤和義、くるりら所属アーティストたちが極上パフォーマンスで祝福した、スペシャルな3日間をレポート!

1月18日 <1日目>

 

祝☆20周年!お祭り騒ぎの幕開け

 数々のアーティストを世に輩出してきたスピードスターレコーズが、20周年を記念して東京・Zepp DiverCityでイベントを行った。開演を待っていると、素敵な声で注意事項のアナウンスが……。なんと、その声の主はUA!早くも、特別な空間だと感じさせられた。さらに客電が消えると、スピードスターのスタッフからのメッセージと、これまでリリースされてきたアーティスト、そして3日間のラインナップが、スクリーンに流れる。

 いよいよ、アクトが登場。初日のトップバッターは、この20年間スピードスターでリリースし続けている、シーナ&ロケッツ。まずは、鮎川誠(G&Vo)、奈良敏博(B)、川島一秀(Dr)の男性陣3人だけでステージに現れ、鮎川がボーカルをとる「Oh No I’m Flash ホラフキイナズマ」からライブスタート。オーディエンスは、レジェンドに向けて、ハンドクラップと熱視線を送る。曲を終えると「お祝いに来てくれて、ありがとう。20年間、ずっと一緒にやっています」と、スピードスターを代表するようにあいさつ。さすがは大人!と思いきや…… 「ローック!」とやんちゃなコール&レスポンスを炸裂させ、その勢いでシーナ(Vo)を呼び込む。

 そして、キンクスのカバー「You Really Got Me」を披露。やはり、2人が揃うと、“最強の夫婦”感たっぷりだ。追い打ちをかけるように、待ってましたの「Lemon Tea」!とにかく、メンバーが楽しそうで、オーディエンスも巻き込まれていく。最後はシーナが「みんなに夢を贈るレコード会社よ」とスピードスターに賛辞を述べ、その言葉にピッタリなナンバー「ユー・メイ・ドリーム」。キラキラとミラーボールも回るなか、溢れるロマンティックなロックンロールに、誰もがウットリと身を任せていた。

 2番手は上田剛士のソロプロジェクト、AA=(エー・エー・イコール)。歓声に包まれて登場すると、TAKESHI(B&Vo)はステージのセンターで、胸をトントン叩いてみせる。1曲目は「LOSER」。TAKESHIとTAKA(Vo)のツインボーカルが美しい。2人と児島実(G)のフロント3人は、縦横無尽にステージを動きまくり、容赦なくフロアを煽っていく。「sTEP COde」を終えて、TAKESHIは「2013年、しょっぱなのライブになります。俺たち、2013年バージョンです」と言って、ミドルテンポの新曲「Lasts」を披露。さらに、「The Klock」、「GREED」、「FREEDOM」と、惜しみなくライブを沸かせるキラーチューンで畳みかけていく。

 「肝心なことを言ってませんでした。スピードスター20周年おめでとうございます。僕は前のバンドからの付き合いで……ちょっと長ったらしい名前だったんで忘れましたが」なんて言いつつ、最後にしっかり「思い出しました、THE MAD CAPSULE MARKETSです」と付け足していた。彼の口から、このバンド名が出てきたことが、休止中のいまは嬉しい。さらにラストは、昨年末に急逝したPay money To my PainのKに捧げられた、彼がボーカルとしても参加していた「We’re not alone」。メンバー全員が、それまでの楽曲以上にエモーショナルになる。特に、金子ノブアキ(Dr)のドラミングは、鬼気迫るほどだった。思いが音になる、その究極を見た気がした。

記念イベントならではの粋なはからい

 続いては、昨年スピードスターに仲間入りしたORANGE RANGE。先輩方に囲まれて、どんなライブをみせるんだろう?と、ちょっとドキドキしていたが、ステージに現れるなりRYO(Vo)は、「きょうはパーティでございます!」と宣言。そして、1曲目の「おしゃれ番長」から、<ば〜んちょ〜>のコール&レスポンスを敢行。続く「サディスティックサマー」では、HIROKI(Vo)の「せっかくだから、みんなでひとつのことをしたい!」という呼び掛けで、フロアに綺麗なウェーブが巻き起こる。

 さすがは、ロックバンドであり、エンターテイナーである。オーディエンスを一瞬にして惹き付ける力は、半端ではない。トドメは、「沖縄では、お祭りで必ずやるダンスがあるんです」、「スピードスターの成人式です、音楽に酔いましょうか!」というRYOの言葉から、観客とともにカチャーシーを踊りまくった「上海ハニー」。外は寒いのに、ここはとこ夏。季節まで変える熱演だ。その後は、昨年スピードスターからリリースしたアルバム『NEO POP STANDARD』から、「Restart」、「Warning!!」と続けていく。最後は、「GOD69」、「鬼ゴロシ」とヘビーに突っ走ってエンディングへ。どんな楽曲でも盛り上がりを途切れさせない、彼らの真価が表れたライブだった。

 トリを飾るのは、先日、日本武道館公演も大成功に収めたTHE BACK HORN。1曲目は、インディーズ1stミニアルバム『何処へ行く』から「ピンクソーダ」。いきなりの懐かしのナンバーに驚きながらも、すぐに拳をあげるオーディエンス。そして、妖しげな彼らの世界観が表れた「カラス」、さらに名曲「冬のミルク」と続き……ん?これは『何処へ行く』を曲順通りに演奏していないか?特別なセットリストの予感に胸をざわめかせていると、松田晋二(Dr)が「今日はスピードスター20周年、本当におめでとうございます!」と口を開く。「2001年のデビューから13年近くお世話になっていて、そんな感謝を込めて、スピードスターと出会うキッカケになった『何処へ行く』を再現します」――。

 なんて粋な計らい!メンバーのステージングも、何処となく懐かしい。菅波栄純(G)と岡峰光舟(B)は、ちぎれんばかりに頭を振り、山田将司(Vo)が舞踏のように全身で表現する。続けて「魚雷」、「雨乞い」、「怪しき雲ゆき」、「晩秋」――。彼らは昔から名曲ばかりを生み続けていたんだと、改めて思う。最後は「何処へ行く」を轟かせ、ステージを降りた。それでもアンコールは止まず、松田の「はっちゃけて帰ろうと思います!」という言葉ではじまったのは「無限の荒野」!インディーズ時代からハイライトで演奏されていた、眩しき生の歌。素晴らしいラインナップを締め括る、堂々たるトリだった。

 終演後にも、UAのアナウンスが緩やかに流れるなか、帰路につく。ロックレーベルとしての誇りを感じるような、隅々まで特別な瞬間に溢れたイベントだった。初日から、こんなにたくさんのドラマが生まれて、2日目、3日目はどうなるんだろう?期待が高まる。
(文:高橋美穂/撮影:TEPPEI)

ライブ情報

「SPEEDSTAR RECORDS 20th Anniversary Live 〜LIVE the SPEEDSTAR 20th〜」
◆日程:2013年1月18日(金)〜1月20日(日)
◆会場:Zepp DiverCity(TOKYO)

【出演アーティスト】※出演順
<1日目>シーナ&ロケッツ/AA=/ORANGE RANGE/THE BACK HORN
<2日目>黒沼英之/ハナレグミ/関口和之・つじあやの&ウクレレキャラバン/浜崎貴司/斉藤和義
<3日目>THEラブ人間/SPECIAL OTHERS/細野晴臣/くるり

★オフィシャルHP:http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar-20th/
☆facebook:http://www.facebook.com/Speedstar20th/
★twitter:https://twitter.com/speedstar20th
☆YouTube:http://www.youtube.com/user/Speedstar20th/

関連リンク

白熱ライブをチェック☆フォトギャラリー
20周年記念イベント公式サイト
1月18日<1日目>
1月19日<2日目>
1月20日<3日目>
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!