• ホーム
  • 音楽
  • FTISLAND『150人限定☆初のアコースティックライブを開催!!』

FTISLAND『150人限定☆初のアコースティックライブを開催!!』

 FTISLANDが9枚目となるシングル「Polar Star」のリリースを記念し、初のアコースティックライブを開催した。限定150人に対し、6000通を超える応募が殺到した同ライブの模様をレポート!

アットホームで和やかな空間に包まれたイベント

 メンバーがステージに登場すると、横一列に並べられた椅子にこしかけ、2ndアルバム『20[twenty]』に収録された「STAY」からライブがスタート。黄色のペンライトがゆっくりと左右に揺れるなか、ジョンフンとスンヒョンのアコギ、いつになくどっしりと響くジェジンのベース、ミンファンのパーカッションの音色をバックにホンギは伸びやかな歌声、メンバーとの息の合った美しいハモリを轟かせる。そして、この日初披露されたジョンフン作曲による「Beautiful World」では、青い光が照らすなか、会場全体が神妙な雰囲気に。しかし、ホンギが途中で歌詞を忘れるハプニングで、会場は一瞬和やかな雰囲気に。とはいえ、スンヒョンの突き抜けるようなファルセットから口笛で迎えるエンディングは、この曲をよりドラマティックに彩り、観客は楽曲が放つ世界観に引き込まれていった。

 またジョンフンの情熱的なアコギからはじまった韓国のナンバー「LOVE LOVE LOVE」は、スパニッシュ調に変貌を遂げ、唯一この曲でミンファンは、いつもの定位置に移動しながらも、迫力のあるパワフルなドラミングを封印し、優しくいたわるように叩いていたのが印象的であった。「ひさしぶりですね〜。今、MCするタイミングなんだけど、何喋ろう(笑)。何にも決まってないから最近覚えた日本語」とホンギがお題を提示。まずホンギが、映画『るろうに剣心』を見て覚えたと「ホンギでござる」をあげると、ジェジンは自身の手の甲を指して「血管」、スンヒョンは「耳かす」、ミンファンはジョンフンを指して「エロエロ小僧」、ジョンフンは「若い子いっぱいいるけど、大丈夫?」と言いつつ、「すっぽんとすっぽんぽん」をピックアップ。MCでは相変わらずのはっちゃけっぷり。フレンドリーなメンバーに、会場は笑いに包まれる。「今回のアコースティックライブの話を11月に聞いて、メンバーだけで編曲(セットリストも冬に合うものを5人で考案)してみましたが、どうですか?」と客席に問いかけると、大きな歓声が沸き起こる。「やっぱり新曲を初めて歌うと間違えるよね」とホンギが言い訳(!?)すると、すかさずスンヒョンが「昔「I believe myself」(で間違えたとき)知ってる?」とひとりで爆笑しながら、じわじわとホンギに追い打ちをかける。「それがライブなんだよ!俺、ロボットじゃないから!髪の毛の色も変わって、昔のジェルミ(ドラマ『美男<イケメン>ですね』でのホンギの役名)っぽくなちゃったけど、いまだにジェルミって言われるから嫌なんだよね。だって、3年前だよ!だから、新しいイメージにしたいんだよね!」と言い訳から本音を吐露するホンギ。「この曲もめちゃくちゃ久しぶりなんですけど……インディーズ時代の曲だから、初めて聴く人もいるかもしれないけど、ジェジン君がもっとかっこよく見える曲です!」と、ジェジンはベースを置いて歌のみに専念し、「Raining」を披露。イントロが流れた瞬間、観客から歓喜の声がもれた。そして、8thシングル「TOP SECRET」をアコースティックアレンジで展開。ジョンフンとスンヒョンのアグレッシブなアコギとリズム隊が絶妙に絡み合い、うねるようなグルーブを構築。ホンギが「カモン!」とマイクを向け、観客と熱い掛け合い、一体感を見せた。

メンバー自身が改めてライブの楽しさを痛感!

 さらに「ここにいるみんなのなかで、もうすぐ誕生日の人は手をあげてー」と呼びかけ、客席をくまなく見渡すホンギ。「もうすぐ誕生日の人のために、それにジェジンの誕生日(12月17日)もあったからね(さりげなく拍手するミンファン)。誕生日の曲歌ってみようか」とメンバーと観客全員で「Happy Birthday Dear My Friend」とアカペラで歌い、お祝いするなど、小さな会場ならではの演出に心がほっこりするのだった。そして、ラストナンバーの前にメンバーからひと言ずつメッセージ。

 「久しぶりにみんなに会えてうれしかったです。ステージが近くて超緊張したけど、これからも今回みたいなアコースティックライブとか、近い距離でライブがやりたいです」(スンヒョン)、「今回冬のツアーがなくてさみしかったけど、今日のライブでみんなの顔が見られてよかったです」(ジェジン)、「12月24日にPV集が出ます!僕たち見たんですけど、ジョンフンお兄さんの体が今と違うのと、ホンギお兄さんの日本語が下手なので、ぜひチェックしてください(笑)」(ミンファン)、「今日が今年最後の日本になると思います。なので、来年ライブで会いましょう!みなさん、メリークリスマス!」(ジョンフン)。最後の挨拶となったホンギは、「メンバーにお願いがあるんだけど……」と、1人ずつにメッセージを向けたあと(ミンファンにはダイエットを命令)、「デビューしてからはじめてクリスマスに仕事がないから、今年のクリスマスはメンバーみんなでケーキを食べて思い出を作るつもり!みなさんは温かい楽しいクリスマスになってほしいな」(ホンギ)と観客への願いも込めつつ、11月26日にリリースされたシングル「Polar Star」を熱唱。「みんな知ってる?」と、観客と一緒に歌い、しっとりとした雰囲気の序盤から最後は、FTISLANDらしく大盛り上がりとなり、記念すべき初のアコースティックライブは幕を閉じた。

 何度も「早くライブがやりたい!やりたいんだよ〜!」と叫んでいたメンバーたち。「久々にライブやったけど、めっちゃ楽しいね!来年もよろしく〜!」と、メンバー自身が改めてライブの楽しさを痛感していたこの日。きっとその想いを来年5人は爆発させてくれるハズ!ライブバンド・FTISLANDがはじけるその瞬間が今から楽しみでならない。
(文:星野彩乃)

関連リンク

【過去のインタビュー】キャラが炸裂!爆笑二面性トーク
【過去のインタビュー】強がり、泣き虫、寂しがり屋のNo.1は?!
ライブ写真ギャラリー
PROFILE
OFFICIAL SITE
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!