• ホーム
  • 音楽
  • いきものがかり『大活躍した2012年を振り返る!』

いきものがかり『大活躍した2012年を振り返る!』

 インタビュー2週目となる今回は多忙だった今年1年の振り返り。ホール&アリーナと2部構成になったロングツアーや夏のロンドンレコーディング、ロンドン五輪ではNHKのテーマソング「風が吹いている」を歌うなど、新たな挑戦をしてきたいきものがかり。大みそか恒例の『第63回NHK紅白歌合戦』では、紅組のトリを務める彼らの2012年を辿る。

不安なく全ツアー回れたのはすごくありがたい

――『バラー丼』に収録されている「風が吹いている -UK recorded version-」は、オーケストラを使い、オリジナル曲とはまた違う壮大な仕上がりですが。初の海外(ロンドン)レコーディングはいかがでしたか?
-」は、オーケストラを使い、オリジナル曲とはまた違う壮大な仕上がりですが。初の海外(ロンドン)レコーディングはいかがでしたか?
水野良樹スタジオの目の前に池があったり日本とはまったく違う環境で。とにかく開放感があって機材に陽が当たっているっていうのが新鮮でした。
山下穂尊スタジオの建物がナウシカのオームみたいな形だしね。
吉岡聖恵で、隣には牛が歩いている(笑)。すべてが満ち足りていて幸せボケしそうでした。
水野ミュージシャンもざっくばらんというか。最初は大丈夫か?って思うような適当さで始まるんだけど、弾きながらどんどんテンションが上がって上手くなっていくんですよ。演奏も機嫌もあそこまではっきり変わるのはカルチャーショックでしたね(笑)。

――初めての環境で歌声や演奏も変わりました?
吉岡エンジニアさんもテンポ感も違うから最初はしっかりしなきゃって思ったけど、いつも自分はかっちり歌っていたんだなって実感して。あの環境とあのオケなら柔らかく歌うのが合っていると思ったし、それによっていいものになったと思いますね。
水野
 音や歌が具体的にどう変わったというより、意識の変化みたいなものがあったんじゃないかな。それが何か具体的には言えないけど、今後何らかの形で影響してくるだろうなって。あと日本のプレイヤーがどれだけうまくて正確かってことを改めて認識できたのも大きな収穫でしたね。


――そんなロンドン帰国後すぐに、4月からスタートしていたツアーの後半戦に突入しましたが。約7ヶ月にわたる怒涛のロングツアーの感想は?
山下前半のホールツアーはホーム感があったし、後半のアリーナツアーはうわっと開けた感じで。今回はどっちのおいしさも味わえましたね。
吉岡私的にはアリーナツアーの最後に歌った“ラララ”のリプライズが後半のポイントでした。ここはみんなで共有した時間の確認でもあるし、盛り上がっている人も自分の世界に入っている人もそれぞれいて。ライブが終わればまた元の生活に戻っていくけど、その瞬間まで思いっきり一緒に過ごすっていう感覚になれたかなと。
水野今までならここまで長いと波があるものなんだけど、今回はホールにしろアリーナにしろ1本1本すごく安定してできたのが僕としてはすごく良かった。人間なので体調の変化もそれぞれあるけど、それを補いながらチーム全体で頑張れたのはすごく価値のあることだなって。
吉岡私も照明さんとか音響さんとか各セクションが愛情を持ってやってくれたのは終わってみてすごく感じる。不安なく全ツアー回れたのはすごくありがたいことですよね。

今年も『紅白』のステージに立たせてもらえるのは嬉しい

――ちなみに今回、ツアーとロンドンにはNHKのドキュメント番組チームがずっと密着していたそうですね。
山下ツアーの楽屋ではつねにカメラが回っていましたね。最初は本とか読んでいても何かしないと悪いかなって思ったけど、最後の方は自然といた感じで。
吉岡私が本番前にストレッチしたり発声しているときも部屋の隅に静かにいました(笑)。インタビューも普段よりグッと探ってくるというか。先の先まで掘るって感じだったので結構、素になっちゃっていると思いますよ。


――暮れのオンエアが楽しみです。で、大みそかはそのNHKで『紅白歌合戦』。5年連続出場ですっかり常連組になりましたね。
吉岡いや、何回出ても緊張感はありますよ。
山下一緒に出る人が大御所すぎるので。
水野去年なんて対戦相手が五木ひろしさんですからね。「どう思われますか?」って聞かれたんですけど、「光栄です」としか言いようがない(笑)。まぁでも、ここ数年は終わるたびに来年も出られるように頑張りましょうって感じで噛みしめながらやっていたので、今年もあのステージに立たせてもらえるのは嬉しいですよね。

――では今年も年越しはNHKですか?
水野予定どおりなら。いつもありがとうございます〜ってステージを下りて、ワーッとみんなで戻ってくるあたりにちょうど年明けなんですよ。で、軽く打ち上げをしてそこから『カウントダウンTV』(TBS系)に移動するっていう。今年も多分そうなるんじゃないかな。でも僕、毎年『カウントダウンTV』が終わって楽屋に戻ったときが1年で一番テンション低いんです。もう疲れちゃって……。
吉岡低いよねぇ。でもそれが私たちの仕事収めであり仕事始めなんですよね。
(文:若松正子)

いきものがかり出演! 番組情報

◆『いきものがかりドキュメント』
放送日:2012年12月22日(土)、29日(土)
放送時間:23:30〜0:30/BSプレミアム

 2012年も精力的に音楽活動を行ったいきものがかり。全国を回るコンサートツアーの舞台裏やNHKロンドン五輪テーマソングの制作、現地におもむいての五輪応援、ビートルズの故郷、リバプールへの旅など、初の長期密着取材でグループの核に迫る!いきものがかりの魅力と彼らの“いま”を描く、1時間×2本のドキュメンタリー・シリーズ。



◆『いきものがかりライブ in 横浜アリーナ』
放送日:2012年12月30日(日)
放送時間:23:30〜00:59/BSプレミアム

 11月4日に行われた横浜アリーナでのライブの模様を収録。ロンドンオリンピックのテーマ曲「風が吹いている」をはじめ、ヒッ ト曲満載のライブをたっぷりと。

関連リンク

ベスト盤『バラー丼』インタビュー
NHKが長期密着取材☆『いきものがかりドキュメント』番組カット
プロフィール/CD売り上げ
これまでの活動がまるわかり!過去のインタビュー
オフィシャルサイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!