• ホーム
  • 芸能
  • 大野いと『新境地の女子高生役!思ってもいなかったことに気づかせてもらった』

大野いと『新境地の女子高生役!思ってもいなかったことに気づかせてもらった』

フレッシュな演技で昨年女優デビューを飾り、映画やドラマ、CMなどで活躍を続ける大野いとが、三池崇史監督『愛と誠』で新境地に挑んだ。トラウマを抱えた影のある女子高生・高原由紀を全力で演じ、新たな魅力を開花させた彼女。作品へ込める想いとともに、シャイな等身大の素顔も見せてくれた!

大ッキライな相手だと思って……

──三池監督の現場はいかがでしたか?
大野もう、数えきれないくらい、いろいろなことを教えていただきました。新しい経験がいっぱいあった現場です。共演の先輩方も素敵な方ばかりでした。

──監督とはどんなことを話したんですか?
大野役作りに関することが多かったです。私が由紀という役に対して思ってもいなかったことを、新たに気づかせてもらったり。たとえば、出番がない撮影のときでも、監督から「もし由紀がここにいたら、どう行動すると思う?」と質問していただくことがあったりして。そんな風に会話のやり取りを積み重ねて、少しずつイメージをふくらませていくことができました。

──アクションや暴力シーンも多いですよね。
大野大変でした!攻撃するシーンのときは「大ッキライな相手だと思って演じて」っていわれながら撮っていました(笑)。怒鳴るシーンも多かったんですけど、普段の生活で怒鳴ることなんてまずないので、頭のなかでどういう気持ちで声を張り上げるのかをまず考えて、役に入り込むようにしていました。

──実際の大野さんは、どんな性格なんですか?
大野私は……いつもまわりのことを気にしちゃう子です(笑)。友だちとおしゃべりをしていても、「あ、今の失礼だったかな」「どう思っているんだろう?」とか、相手の気持ちをすぐ考えちゃう。大勢でワイワイ集まったりするところにも、自分からは入っていけないんです。でも、いったん打ち解けるとボケたりしちゃうんですけど(笑)。

──人を笑わせるのも好きなんですね。
大野気持ちをオープンにできると切りかわるのかな。家族と一緒にいるときは、もっと自由気ままです(笑)。つい甘えちゃう。じゃんけんでご飯を食べに行くお店を決めようってなったとき、私が負けても時々みんながゆずってくれたりするんです。そういうときは気にせず乗っかっちゃう(笑)。

撮影の合間はひとりになっていました(笑)

──愛されてますね(笑)。上京して約1年経ちますが、家族とよく連絡は取っていますか?
大野お母さんとは毎日電話で話しています。友だちとかスタッフさんの話とか、1日の出来事をトコトンしゃべります。家族にはぜったいこの映画を観てほしいんです!とくに歌はすっごく練習したので、この作品の不思議でおかしくて新しい感覚を味わってほしい。

──歌も見どころですよね。堂々とした表情も印象的なんですが、緊張することはありましたか?
大野常に緊張でした!してないときはなかったですね。私は緊張しぃなんで(笑)。

──そういうときは、どうやってリラックスするんですか?
大野ひとりになっていました。人に見られないことが一番のリラックス方法なんです。合間の時間にトイレとか駐車場に行って、「ふーっ」って(笑)。だけど、いっぱい人がいる場所にもどったら、またキューって緊張しちゃう……。

──(笑)そんなことを感じさせない見事な演技でした。これから観ていただく方にはどういうメッセージを伝えたいですか?
大野とにかくのめり込める内容になっています。あっという間の2時間14分。ぜひ物語のなかに引きずり込まれて、思う存分その世界観を楽しんでほしいです!

⇒ 芸人が直撃動画インタビュー【運動は苦手で…得意な教科はとくになくて…!?】
(文:奥浜有冴/撮り下ろし写真:鈴木一なり)

映画情報

愛と誠

誰にも止められない超不良・太賀誠、正真正銘のお嬢様・早乙女愛。何もかも違う<天使と悪魔>ともいうべきふたり…。だがそこには運命の恋があった―。愛の、惜しみない愛情は、かたく閉ざされた誠の心の扉を開けることができるのか!?

監督:三池崇史
出演:妻夫木聡 武井咲 斎藤工 大野いと 安藤サクラ 前田健

2012年6月16日(土)新宿バルト9ほか他全国ロードショー
(C)2012『愛と誠』製作委員会
【予告編】 【OFFICIAL SITE】

関連リンク

お笑い芸人が直撃動画インタビュー!!
撮り下ろしフォトギャラリー
予告映像をCHECK!!
映画公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!