• ホーム
  • 音楽
  • ハナエ『新曲は人気アニメ「神様はじめました」のテーマソング!』

ハナエ『新曲は人気アニメ「神様はじめました」のテーマソング!』

 昨年6月「羽根」でデビューしたハナエは現在18歳。3rdシングル「神様はじめました/神様お願い」は、アニメ『神様はじめました』(テレビ東京系)のオープニング&エンディングテーマを歌った両A面シングル。ハナエ独特の世界観を感じてください!

胸キュンアニメだから、歌でもドキドキ感を……

  • 初回限定盤

    初回限定盤

  • 通常盤

    通常盤

――ハナエさんは独特の感性を持っている人だなと思ったんですけれど、小さい頃から好きだったものってなんですか?
ハナエ基本的に綺麗でかわいいものが好きなんですけど、そのなかでもちょっと退廃的なものに惹かれてました。両親の影響が大きくて、特に母親からサブカルのメジャーどころの作品は“若いうちに観ておいた方がいいよ”と言われて、観たり聴いたりしてましたね。映画だと『時計仕掛けのオレンジ』や『ロッキーホラーショー』とか、音楽は子供の頃からクイーンを聴いてました。

――楽器はエレクトーンとピアノ、そしてギターをやっていたんですね。
ハナエハイ。ギターは独学なんですよ。小学校の中学年くらいになると邦楽のロックバンドにハマって、ASIAN KUNG-FU GENERATIONさんやくるりさん、ART-SCHOOLさんが好きでした。文学少年ぽくてギターを持っている男の子に憧れて、私も弾いてみたいなと思って始めました。

――ハナエさんは歌によって声の雰囲気がすごく変わりますよね。もともとかわいらしい声ですけど、今回の「神様はじめました」は特にアニメ寄りだなと。
ハナエ“アニ声だね”ってことは昔からよく言われますね。声優さんが歌う曲もけっこう好きで、曲によって雰囲気が全然違うし、ちょっと特異な感じがするじゃないですか。現実離れしているところがあるというか。そういうところに惹かれて、自分で歌ってみたりして試行錯誤することが多かく、アニソンから影響されることも多々ありますね。

――いずれはハナエさん自身もアニソンを歌いたいと思っていた?
ハナエもともとアニメが好きなので、いつか音楽で携われたらいいなぁとずっと思っていたのでうれしかったです。原作は知らなかったんですけど、お話をいただいてから読んで、すごく胸キュンなストーリーで、ときめきとはこういうことなんだなって思いました(笑)。読んでいると主人公の奈々生(ななみ)に感情移入して、一緒に振り回されて一緒にドキドキしたので、歌でもそういうドキドキ感を出せたらいいなと思っていました。

――かわいくて不思議で、すごく気に入ってしまいました!「神様はじめました」の作詞・作曲・編曲を手掛けているのが真部脩一さんですね。
ハナエ私、昔からずっと真部さんのファンだったので、曲を書いていただけるから“キッチリやらなきゃ!”、“絶対にいい歌にしなきゃ”という気持ちがスゴイ強かったんですよ。それで練習したいから“オケをください”って頼んだら、“練習しないで”って言われたんですよ。なんでだろう?と思ってプリプロに行ったら、力を抜いた感じがいいということだったんです。主人公の奈々生もすごくフワッとしていて掴みどころがないので、私もそこまで決め込まずに力の抜けたかわいさがポイントになる曲なんだなと思いました。

――歌詞が文学的でもあり、“ため息はヴィオロンの調べに似て”とか“上げ初めし前髪の”など聴いたことのあるフレーズが出てきたりしますよね。
ハナエ元ネタを知っている人は気づくっていうところがおもしろいな〜と思います。この歌詞は、女の子が恋をして相手を見上げているけど、曲が進んでいくにつれてだんだんと目覚めて仕掛ける側になっていく…っていうふうに私は捉えています。

ハッピーなことを伝えていきたい

――ミュージックビデオ(MV)は川越で撮影したそうですね。
ハナエハイ。MVにも出てきますけど街並みがすごいレトロで、ロケをしていてタイムスリップしたみたいな気分でしたね。私もモガになりました(笑)。

――出てくるアイテムもレトロ満載でしたね。“こけし”から始まるっていうのもおもしろいし、影絵とか茶道とか人力車とか……。
ハナエ影絵の手の形は、レコーディングのときに真部さんに「MVのイメージとかありますか?」って軽く聞いたら『ときめきトゥナイト』っていうアニメのエンディング曲「Super Love Lotion」の<女の子は〜>っていう振り付けをやって、“あ、そうなんだ”と思って……。

――え、真部さんが『ときめきトゥナイト』を……?
ハナエ(笑)そうなんですよ。それを取り入れました。

――一方のEDテーマ「神様お願い」は、60年代グループサウンズを代表するザ・テンプターズのカヴァーなんですね。
ハナエ“僕のあのひとに 逢いたいのさ”なんて、今どき言わないですよね。そういう歌詞も新鮮だったし、なによりも♪アーアアア―がインパクトありますよね。初めて聴いたときから、その日寝るまでずっと頭で鳴り続けてました(笑)。私がカバーするに当たっても、♪アーアアア―のインパクトは大事にしました。

――ハナエさんが思う“神様”とは?
ハナエ私は本当にフレディ・マーキュリーが大好きで、亡くなっても1人ひとりの心の中で生きているのがすごいなって思うんですよね。私にとってフレディは、愛と自由と美の象徴なんですよ。その3つは人生を楽しむ上で一番大切な要素だと私は思っていて。彼はそれを全部持っているんですよね。

――デビューから約1年半ですが、気持ち的な変化はありますか?
ハナエ1stシングルの「羽根」を書いたのが14歳、デビューしたのが高校3年生で、当時は自分のなかに溜めこんでいたいろんな気持ちを音楽に昇華するということが多く、わりとパーソナルな部分が曲に直結していたと思うんです。それはひとつの表現方法だったと思うし、歌詞に込めた想いを10代の子たちが“私のことを歌ってくれているんだ”と感じていてくれたからそれはそれでよかったと思います。それで高校を卒業する頃に2ndシングル「BLACK BERRY」を出して、いろんな人に支えられているんだなということをより感じるようになって。そこから次のステップに進みたいなと思ったときに、ハッピーなことを伝えていきたいなという想いが強くなったんです。その表現方法を模索していたときに真部さんとご一緒することになって、すべての歯車がうまくハマって、いま動き出した感じがしています。
(文:三沢千晶)

関連リンク

プロフィール
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!