• ホーム
  • 音楽
  • AKB48『高難度ダンスナンバー「UZA」収録の裏側から新体制への意気込みまでを語る!』

AKB48『高難度ダンスナンバー「UZA」収録の裏側から新体制への意気込みまでを語る!』

 今夏、デビュー以来の夢だった東京ドーム公演を実現し、同時に“第2章”へと足を踏み入れたAKB48。28thシングル「UZA」は、そんな幕開けにふさわしい“AKB史上最高難度”のダンスに挑んだアップテンポナンバーだ。今回は、Wセンターを務める大島優子、高橋みなみ、篠田麻里子ら選抜メンバー8名に今作の舞台裏について迫った!

高難度のダンスは毎回命懸け!

――初めて「UZA」を聴いたときの印象を教えてください。
高橋みなみ曲調がスゴくカッコいいし、“AKB第2章”の始まりにふさわしい曲だと思いました。秋元(康)先生からいただいたメールには「『ポニーテールとシュシュ』のような可愛い曲だけでなく、『RIVER』のようなカッコいい曲を歌えるところが、AKB48がほかのアイドルと違うところ。だから、アーティスト性を強く打ち出したこの曲で頑張ってください」と書かれていました。
横山由依どこからサビなのかがわかりにくいところが、外国の曲みたいでカッコいいですね。サビも<最初にキスをしよう>という歌詞からはじまりますし!

――斬新なタイトルや歌詞についてはどう思いましたか?
大島優子“ウザい”って、口にする言葉であっても、歌詞で出てくることはあまりないから、また面白い発想だなと思いました。
高橋最初に「UZA」と聞いたとき、何か省略した言葉かと思っていました。でも、もっとストレートな意味でした。ウザいといっても人に対する悪口じゃなくて、恋愛に関して常識にとらわれない。そんなの(自分を抑えてしまうような感情は)ウザいんだといった意味なので、そこだけはみなさんに勘違いしないでいただけると嬉しいです。割とシンプルなことですよ。
板野友美改めて歌詞カードを読んで、本当にカッコいい曲なんだと思っていただきたいです。

――今回のダンスは過去最高に難度が高いとのことですが、いかがでしたか?
小嶋陽菜最初にお手本を見たときは、絶対ムリだと思いました。でも、“AKB第2章”という次の一方を踏み出すにあたって、みんなメチャメチャ頑張っていて、私も負けたくないという気持ちが出てきて。深夜に指原(莉乃)を誘って一緒に練習しました。
横山曲の後半で、4人(高橋&大島&横山&山本彩)で“ドルフィン”という大技をやるんですけど、私はその技をやったことがなくて、スゴく難しかったです。今も試行錯誤しながらやっています。
高橋毎回命懸けで、膝がアザだらけです(笑)。4人のタイミングを間違えるとバラついて見えてしまうので、そこに注意しています。最初は全員やる予定だったんですけど、それはムリだろうってことになって……コツを掴むまでが難しい技ですね。

――ほかに、個人的に苦労された点などはありますか?
島崎遥香レコーディングのとき、いつもより音程が半音下がっていたりして難しかったです。だから、意外と女のコが歌いにくい曲かもしれませんが、頑張って歌ってほしいです。
篠田麻里子(作曲の井上)ヨシマサさんの曲って、レコーディングのときにこだわるので、そこに向けて時間をかけました。

――では、今回の音楽ビデオについて教えてください。
高橋前回の「ギンガムチェック」に続いて、映像作家のジョセフ・カーン監督に撮っていただきました。みんながおもちゃの人形みたいに変装して、可愛かったり、どこか不気味だったりします。にゃんにゃん(小嶋)と麻里子さま(篠田)はフランス人形の役だし、ぱるる(島崎)はマリオネットだったり、やっぱりそういう(イメージの)人がそういう役に選ばれるのかと思いました(笑)。
横山普段は絶対しないメイクをしているので、良くも悪くも見る人の印象に残ってもらえると嬉しいです。
峯岸みなみ<UZA>と連呼して、一番最後に振り向きざまに<UZA>と言うのがなんだかキャッチーです。最後に振り向く人が毎回違ったりするので、その人がどんな表情をするのか、それが楽しみです。

新チーム体制への意気込みは?

――大島さんは今回、松井珠理奈さんと“Wセンター”を務めていますが、いかがですか?
大島楽しいです!珠理奈はパワーがあってフレッシュじゃないですか。私はそんなフレッシュじゃないので(笑)。そうやって相対しているのが面白いかなと思います。“AKB第2章”ではあるけれど、すべてが新しくなってしまったというわけではなく、前の名残りもありつつの第2章だと思うんですよ。ぱるるは次の曲(じゃんけん選抜)のセンターだけど、どう?
島崎じゃんけん選抜のセンターはここまでダンスが難しいわけではないと思いますし、楽しめると思うんです。あくまでも自分で勝ち取ったものなので、プレッシャーみたいなものはありません。

――カップリングには再組閣後、新チームとしての新曲も収録されています。レコーディングではどのように思いましたか?
高橋早い段階で新チームとしての動きがあって、すでに新チームで歌っているカップリングの音楽ビデオも撮っているんですが、割と各チームのカラーがすでに出ているのかなと思います。そこから各公演の初日までに、どうやってチームとして作り上げていくのか。そこがカギになると思います。2年前の組閣で、メンバーが入れ替わることで化学反応が起き、みんなが成長できました。だから、今回の組閣でもみんなの魅力が引き出されればいいな、と思います。
大島新チームKはメンバーが個性的すぎるので、反発し合いすぎて化学反応が起きないわけがないですね。これが上手くキレイにまとまったらいい。そして、何よりもみんなが所属してよかったと思えるようになればいいですね。
小嶋新チームBのメンバーはチームKとは逆に、みんな“ほわ〜ん”としているのですが、これからみんなの個性がいっぱい出てきて、(いい意味で)反発し合えたらいいです。
峯岸まだ潜在能力を隠しているメンバーが新チームBにはたくさんいるので、そのメンバーたちがどんどんキャラを出してくれたら面白くなると思うし、それを引き出せるように私も頑張ります。
板野どこもまとまっているみたいだし、今までよりも熱いチーム構成になるんじゃないかな?と思います。

――8月の東京ドーム公演でデビュー以来の夢が叶ったわけですが、今後の目標や夢となるものがあれば教えてください。
高橋東京ドームのように提示されているものがいま明確にはないのですが、まだまだやってないことがいっぱいあると思います。それを1つひとつやっていきたいですね。お客さんと近いスタンスで居続けたいのはもちろんのこと。優子が言っていたのは無謀だけどアジアツアーとか。
大島違うよ。ワールドツアー!絶対にお客さんが入らない国があると思うけれど、やってみる価値はあると思うんですよね。
横山私の地元である大阪城ホールやアリーナツアーとか、今まで地方へはチームごとに回っていたのですが、そうじゃなくてAKB48全体で回りたいです。
篠田来年もドーム公演をやりたいし、スタジアムツアーとかもやりたいですね。

東京ドーム公演の限定Tシャツ“リメイクモデル”をゲットしよう!


 『ORICON STORE』では、8月に行われた初の東京ドームライブ『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』で発売された限定Tシャツのリメイクモデルを発売中!Tシャツは2パターン、カラーは6色のなかから好きな色をチョイス。限定数発売なので、この機会をお見逃しなく!

第2回予約スタート!
予約受付期間:2012年11月6日〜11月26日/お届け予定:2012年12月中旬

AKB48 東京ドーム限定Tシャツのリメイクモデル限定数販売!

関連リンク

「UZA」ミュージックビデオPHOTO GALLERY
ARTIST PAGE
OFFICIAL SITE
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!