• ホーム
  • 音楽
  • モーニング娘。『9期&10期が見据える“16年目”のモー娘。いま掴み取りたい“チャンス”とは?』

モーニング娘。『9期&10期が見据える“16年目”のモー娘。いま掴み取りたい“チャンス”とは?』

 誕生15周年、シングル50枚目到達、11期メンバーの加入と、今年は話題の絶えないモーニング娘。が、新曲「ワクテカ Take a chance」をリリース。現在進行形のグループとしての面白さ、充実ぶりを味わえる1曲だ。今、彼女たちのなかで何が起きているのか?9期と10期からメンバー4人に聞く。

個性豊かな面々だから、どんな曲でもハマる

――大ざっぱに言って、今回の「ワクテカ Take a chance」みたいなカッコイイ系の曲と「ピョコピョコ ウルトラ」(48thシングル)みたいな可愛い系と、どっちが馴染むとかありますか?
石田亜佑美どちらかというと、カッコイイ曲のほうが好きです。キーが高くてガッと歌えるほうが、歌っていて気持ちが良くて。高いなら高い音程で思い切り声を出したいんですよね(笑)。「ワクテカ〜」もそっち系だから、いいなと思いました。
譜久村聖私はどっちも好きです。というか、曲の世界観に合わせて歌ったり踊ったり表情を作るので、「今回はこういうのが来たな。じゃあ、こういうふうに考えよう」って感じ。
工藤遥私も、どっちが好きとかはないです。「ピョコピョコ〜」は素直に楽しくて、「ワクテカ〜」はやり甲斐があって。ただ、今回のアルバム『13カラフルキャラクター』(9月12日発売)の田中(れいな)さんのソロ曲「涙一滴」とかは、田中さんが歌う分にはすごくいいと思うんですけど、私には絶対歌えません(笑)。

――「涙一滴」は切ない恋愛の歌だから、12歳の工藤さんには難しいかも?
鞘師里保でも、どんな曲も自分なりにいろいろ考えれば、どんどん到達点みたいなものが見えてきます。いろんな曲調を歌えるのは、モーニング娘。ならではかな。いろんなタイプのメンバーがいるから、可愛い曲でもカッコイイ曲でもしっとりした曲でも、しっかりハマって、どんな曲も楽しくやれます。


――「ワクテカ〜」でも、歌の女性像を掘り下げました?
鞘師好きな人を振り向かせるために、自分から「行くぞ!」っていう、すごく強い女の人だと思いました。自分ではそんなの考えたことないから、そこは妄想みたいなところに持っていくんですけど(笑)、振り向かせる勢いで歌いました。
工藤私もイメージ的には、可愛いよりカッコイイ女の人だと思いましたけど、歌詞は大体いつも私には難しくて。頭のなかの想像力にも限界があるし、たぶん譜久村さんや飯窪(春菜)ちゃんより、限界が来るのが早いです(笑)。意味の分からないところもいっぱい。でも、そこは自分なりに。
譜久村前回の「One・Two・Three」と曲調は似ていますけど、あっちは健気な女の子、こっちは強気な女の子。違いを見せないと同じように聞こえちゃうので。訴える感じの言い方で、表情はツンとした笑顔とかが合う曲かなと思いました。
石田2番の<はしゃいだりしたいのに 少し冷めたようなフリしてるだけ>で、自分を表に出せない人なんだなと。私は勢いで行っちゃうタイプだから、これを歌う時は自分を抑えて、おとなしさを演じました。でも、サビでは<本気で恋してみろ>とか命令口調で強気になるので、そこはいつもの負けず嫌いな自分を少し出しました。

――石田さんの負けず嫌いって、どんな時に発揮されます?
譜久村9期、10期は、ほかのメンバーも相当な負けず嫌いですけど、亜佑美ちゃんはしょうもないことでも負けず嫌いなんですよ(笑)。たとえば、お弁当を一番早く食べるとか、そういう感じのことでも負けず嫌いだし、ダンスとか大事なことでも負けず嫌いです。
工藤しょうもないことなら、私のほうが負けず嫌いかも(笑)。学校から帰る時、赤信号で自分と車が止まっていると、青になったら「(私の方が)先に横断歩道を渡る!」って、勝手に車と競ったりしてます(笑)。
石田それ、私もやる(笑)。バスに抜かされないように先に走って、心の中で勝手に「次の信号まで勝負だ!」と(笑)。
鞘師私も昔、下校する時に同じ地域の子たちで一列に並んで帰る習慣があって、教室で「さようなら」を言ったら、廊下にダーッと出て、一番前に並ぶのを競っていました(笑)。「さようなら」の時点で、廊下の方に足を伸ばしていて(笑)。
譜久村私も道を歩いていて小学生に抜かされたら、早歩きして抜き返します(笑)。

いまメンバーが狙う“チャンス”って?

――そんなみなさんは、いまどんなチャンスを狙ってますか?
譜久村私ひとりの企画をやりたいです。今までは、周りに合わせる性格でひとりで行動するのが怖かったのが、同期や10期のみんながガツガツしているせいか(笑)、前へ出られるようになって。えりぽん(生田衣梨奈)がひとりでイベントとかしてるのが、羨ましくなったんです。もし自分だったらどこかで『ハロー!プロジェクト』の曲の解説コーナーをやりたいです。ハロプロ愛を発揮したい(笑)。
鞘師私はサイダーのCMに出たい!サイダーが本気で大好きなんですよ。それをモーニング娘。に入ってから、ずーっと言い続けていて。CMに出ている方が代わると、「ちょっと!私じゃないの?」と思います(笑)。毎回、素晴らしい女優さんとかが出ているから、誰でも納得かもしれませんけど、私は悔しいんです(笑)!もちろん、今の時点で私が出られないのも分かるから、CMでなくても宣伝大使でも何でも、ちょっとでもサイダーに関わる仕事をしたいです。
工藤私は10期でバスツアーをやりたくて。9期さんのをDVDで観させてもらったら、すっごい楽しそうだったので。
鞘師楽しかったよ。
工藤ファンの方の前でほうとうを作っていたり。ハワイでファンクラブツアーをやった時も、“ドッヂビー”(円盤を投げるスポーツ)をしたり、面白かったから。
石田10期は1周年記念イベントをやらせてもらうので、そこでまずファンの方に「11期に流れないでください」と正直に伝えるチャンス(笑)。そのためには自分自身がパワーアップするのはもちろん、イベントで面白いことを言えるようにがんばります(笑)!
工藤でも、だーいし(石田)はいつもスベるんですよ(笑)。
石田そう。すっごいスベります(笑)。
工藤飯窪ちゃんがフォローしないと、成り立たない(笑)。
石田「これはイケるぞ!!」と思って言ったら、シーン……となったり(笑)。
工藤「面白いことを言います」みたいなドヤ顔で言うと、シーン……と(笑)。
石田最近、その顔がダメなんだと気づきました(笑)。「言うゾ!」と構えて言うから、みなさん「えっ!?」となっちゃうんですよね。今度のイベントでは、自然に言えるようになれたら。

――逆に、ほかのメンバーからファンを奪ってやろうとは(笑)?
石田そのイベントでも、「同期のファンの方も自分のことを好きにさせるぞ!」くらいの勢いで行かないとダメだと思ってます(笑)。
工藤やめてくれー(笑)!
鞘師実際、何気にそういうことが起きています(笑)。いつの間にか、私のファンだった方の服の色が田中さんのイメージカラーに変わっていて……。
石田コンサートでも意外と見えるから、ショックですよね。
工藤私がモーニング娘。に入った時から、いろんなイベントに来てくださって「名前を覚えてね」と言ってくれていたファンの方が、「One・Two・Three」の握手会の時、あれ?今までオレンジを着てくれてたのに……っていうこととか(笑)。
鞘師正直に言ってくださる方もいます。「まぁちゃん(佐藤優樹)に推し変するね」、「分かりました……」っていう(笑)。私は楽しさを表に出せないんですよ。楽しいと思っていても、はしゃいだりできなくて。ちゃんと自分の素を見せていかないと。
譜久村でもファンの方には、「メンバーで争うんじゃなくて、もっとほかのアイドルからファンを獲ってきて」と言われましたけど(笑)。
(文:斉藤貴志)

BACK NUMBER


★シングル「One・Two・Three/The 摩天楼ショー」インタビュー
『道重率いる“新生モー娘。”が目指す道とは?』(12/07/02)

★シングル「ピョコピョコ ウルトラ」インタビュー
『新メンバーが語る!先輩の印象・今後の野望!』(12/01/23)

★『コンサートツアー2011秋』ライブレポート
『「私の宝物」笑顔と涙の高橋愛卒業ライブ』(11/10/11)

関連リンク

PHOTO GALLERY
ARTIST PAGE
OFFICIAL SITE
モーニング娘。Q期(9期)公式ブログ
モーニング娘。天気組(10期)公式ブログ
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!