• ホーム
  • 音楽
  • Superfly『デビュー5周年だからおもしろいことをしたい!』

Superfly『デビュー5周年だからおもしろいことをしたい!』

 デビュー5周年を迎えたSuperfly、最強のロックライブアルバムは、スタジオ録音盤とライブ録音盤の2枚組。TBS系連続ドラマ『サマーレスキュー〜天空の診療所〜』の主題歌「輝く月のように」も収録!

自分の内面をさらけ出した作品

――「輝く月のように」という歌もドラマも、人と人とのつながりを描いていますね。
志帆そう。台本を読んで、私も人が人に救われるというところに感動したんですよ。もともと“感謝を届けたい”というテーマはあったんですけれど、台本とプロデューサーさんのお話を聞かせていただいて、いま私が言いたいこととすごくリンクしそうだなと思ったので、この曲を作らせてもらいました。

――太陽(あなた)の光を浴びて月(私)が輝いている……という歌詞に共感します。
志帆今までの私は、自分でがんばって輝こうとしていたところがあったんです。でも、ほかの人の力ややさしさを借りて、より強く輝いたり逞しくなっていくことってあるんだなぁと感じた出来事があって。それって太陽と月という関係性に近いような気がして書いた歌詞なんですよ。そういう想いを力強いバラードに乗せました。

――伝えたい想いを歌にすることで、志帆ちゃん自身、浄化されるところはありましたか?
志帆ありますね。今回のアルバムはけっこう自分の内面をさらけ出した作品なんですよ。今まではネガティヴなことも隠しておきたかったんですけど、そういう部分も私から心を開いてみようと思って。そうやってさらけ出すことによって“自分のことがちょっと好きになれるんだな”って思いました。


――今回のアルバムを聴いて、強くなったなぁというか、アルバムの内容といい、今の“自分をちょっと好きになった”という言葉といい、志帆ちゃん自身が自分を受け入れる体制ができたのかな?……って感じたんですよね。
志帆あぁ……。うん、わかる。受け入れようって思いましたね。なんか、悩みを口に出せたっていう感じです。“ちょっと聞いてくれる?”と口に出しただけで、相手が私の抱えている荷物をちょっとだけ持ってくれている気持ちになって楽になれていたりする。だから好きになれたんだと思うし、自分を受け入れられるようになったんだなと思いますね。

――すごく正直にさらけ出しているアルバムですもんね。音も声もめちゃくちゃカッコいいです!
志帆ロックライブアルバムが作りたかったんですよ。あるライブに向けて新曲を作っていくというイメージで、1曲めから11曲めまでセットリストにしました。実際にファンクラブツアーでアルバムを完全コンプリートしたんですけど、新曲だらけのライブっていうのが私のなかではすべてでしたね。ライブアルバムなので、お客さんを入れて、お客さんと一緒に楽曲たちを育てて、録音して、そこで初めて完成という形にしたかったんです。

――アルバムを完全再現のツアーという形で、ファンクラブのみなさんに披露して……というのは、どんな想いからだったんですか?
志帆5周年だからおもしろいことをしたいなっていうのがひとつ。それに5年間活動していると自分の代表曲が増えてきて、過去の代表曲に自分がちょっとずつ甘えたり頼ってたりしてる部分が出てきてるのかな?って思うようになって。過去の曲、新曲であろうがちゃんと伝える力が今の自分にあるのかな?と問いかけることが増えて……ライブをやりすぎると混乱してくることもあって(笑)。自分がどれくらい新曲をお客さんに伝えられる力があるのかな?っていうのを試す意味でもやりたかった。デビュー前はお客さんにとっては全部新曲で、Superflyっていう名前も“はじめまして”だったしね。その状態で曲を聴いてほしい、名前を知ってほしいと思うエネルギーってすごかったな〜って振り返って思うんですよ。怖いモノがないから目がキラキラしていて(笑)。今それくらいの力がないと、ここからもっと大きいところには行けないなと思って。そういう力がほしかったんですよね。

――なるほど。ストイックですね。それで、ファンの方の反応はいかがでしたか?
志帆思いの他、最初から盛り上がってました(笑)。全然知らない曲なのに、事前に聴いたかのようなリアクションで逆にビックリしました(笑)。でも私自身すごく真っすぐな気持ちで歌えたし、お客さんも泣いてくれたり楽しんでくれたりする姿がダイレクトに感じたから、“あ、伝わってるんだな”っていう印象でツアーを終えました。

ライブ盤があってアルバム『Force』の完成版

――Forceの力ですね〜。
志帆ですね〜。私、4という数字にすごく縁があって、4月4日がデビュー日だったり、部屋の番号とか郵便番号とか、なにかと4がくっついてくるんです。だから4はかけたいなぁと思っていたときに、“あ、Force!Forceだー!”って感じで(笑)。まぁプリミティヴな作品にしたいと思っていたから、うまくリンクする言葉はないかな?と思っていたんですよ。わりと早い段階で、しっくりとくるタイトルが見つかってよかったです。

――飾り気のない音で、自然に入ってきますね。
志帆うん、直球モノばっかだと思います(笑)。楽器編成も華やかな楽器はなるべく使わないようにして少ない楽器でシンプルに気持ちを伝えるという、いろんなことを削ぎ落としたアルバムになったと思います。

――1曲めの「Force」でキタ!と思い、2曲めの「Nitty Gritty」で私、涙が出てしまいました…。
志帆ええっ!私もこれ好きです!大好きです!泣けます……。歌入れしたテイクをプレイバックで聴いて唯一泣いたのが、この曲です。

――「Nitty Gritty」って“核心”という意味なんですね。
志帆これは仮タイトルで多保君がつけていて、私、最初は意味を知らずに変えようと思ってたんですよ。で、この歌詞を書き終えたあとに、意味を調べたら“核心”という意味で、“あ、この曲ってこういう内容に導かれていたのかな?”って思いました。

――すごく心にきますね…。「Nitty Gritty」とは違う意味で泣けたのが、ピアノのバラード曲「終焉」。人との関係の中で、“なんでこうなっちゃったんだろう?”って思うこと、あるなぁ…と。
志帆人と人とが想いを伝えあうのは言葉だったりするけど、間違ってしまうと、それが届いてしまってからではもう戻らなくて悩み続けてしまうんですよね。あとで謝ったとしても、謝った本人がスッキリするだけで言われた方はずっと辛いままじゃないですか。

――そうなんです!
志帆言葉の取り扱いには注意ですね(苦笑)。実際にあった出来事だったんですけど、本当に幕が下りた気がしたんですよね。詞をかきながらも、ステージにポツンと私がいて、客席にいる相手に向かって“もう泣かなくてもいいよ”って訴えかけている映像が出てきて、曲が終わったときに幕が本当に下りてくるイメージだったんです。

――そしてラスト曲、「スタンディングオベーション」まで行くと、部屋で聴いていても思わず立ち上がってしまいそうになります。しかも歌詞がステキだなと思いました。特にラスト、<ちっぽけな私へと 心から さあスタンディングオベーションさ>っていうところ。
志帆最後は全肯定できる曲で終わりたくて。私も自分に拍手を送りたいし、みんなも1日の最後とかに自分に拍手を送ってほしいなと思うし、私も周りの人たちへ拍手を送りたいなぁって思いました。私、拍手ってすごく好きなんですよね。いいライブをしたときとか、みんな拍手で応えてくれたりするし、それってすごく自然な動作だと思うんです。いつかは私から送り返したいなと思っていたので、こういう曲ができてよかったです。

――最初に“自分を受け入れる体制ができたのかな?”って話をしましたけど、この曲を聴くと、あぁやっぱりそうなんだなって思えます。
志帆うん。なんかそんな気はしますね。自分だけじゃなく周りもちょっとだけ受け入れられるようになったというか、そんな扉が開いた感じです。

――スタジオ盤を聴いたあとにライブ盤を聴くと、なんていうか映像じゃないんだけど3Dみたいに感じます。超気持ちいいです!
志帆うれしいです。ライブアルバムって最近あまりないみたいですけど、ライブ盤があって『Force』の完成版だと思っているので、記録できてよかったです。

(文:三沢千晶)

関連リンク

ARTIST PAGE
過去の特集
OFFICIAL SITE
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!