• ホーム
  • 音楽
  • a-nation『注目アーティストが一堂に会した白熱の2日間をレポート!!』

a-nation『注目アーティストが一堂に会した白熱の2日間をレポート!!』

 夏の恒例野外フェス『a-nation 2012 stadium fes』の東京公演が8月25、26日の2日間、味の素スタジアムで開催。白熱の2日間をレポート!!

暑さに負けないパワフルなステージで観客を魅了

 トップバッターに登場したhitomiは、頭にティアラ、チェックのミニドレスを着て登場。「やあ〜みんな元気か?愛しあってますか〜?」ステージを所狭しと動き回り、「SAMURAI DRIVE」や「LOVE2000」などを披露し、会場を盛り上げた。一変してmoumoonは、「大好きな人のことを思い浮かべながら聴いてください」と「Hanabi」で伸びやかな歌声を轟かせ、会場に心地良い風を運んだ。

 目にも鮮やかなショッキングピンクの衣装をまとった3人組ガールズユニット・Love La Dollは、「HONEY(はーと)BEE」でキュートなパフォーマンスを展開。続く宮崎薫は、アコースティックギターを弾き語りしながら「君と空」など、初登場ながら落ち着いたステージを見せ、昨年オープニングアクトとして登場した東京女子流は、今年はシューティングステージでパフォーマンスを行い、パープルのロングドレスで新曲「Bad Flower」などを披露した。

 シークレットゲストとして登場した石塚英彦は、「ガムシロ飲んでるかーい?」とおデブタレントならではの挨拶をし、「聴くだけで5キロ太るおむすびの歌」と「きゅっころりん」をデニムのオーバーオール姿で披露。会場をほのぼのと和ませた。

 この日、唯一のロックバンドとなったDo As Infinityは、「冒険者たち」から「本日ハ晴天ナリ」まで、骨太なロックチューンと伴都美子のどっしりとした貫録のステージングで一気に駆け抜け、3人組ユニット・ソナーポケットは、「365日のラブストーリー」からキャッチ―なナンバーを立て続けに展開。「ソナポケ☆DISCO」ではうちわを縦に振ったり、体を横に揺らしたりと会場と一体となって盛り上げた。

 徐々に日が暮れはじめるとともに湘南乃風が登場。「はやくも一番盛り上がるときが来たぞ!遊ぼうぜ〜」と彼らが一声を発した瞬間から大盛り上がり。お祭り番長といわんばかりの男気あふれる貫録のパフォーマンスで「睡蓮花」などアゲアゲチューンを連発。「マジでこの腐った世の中、本気で自分の愛を素直に伝えられるようになったらいい時代になると思う」と叫び、「純恋歌」を大合唱。「びっくりするぐらい回してね」とタオル回しならぬ、うちわ回しで、青いライトがグルグル回る圧巻の光景がみられ、メンバーも「初めてだけど、めっちゃヤバい景色!」と大興奮していた。

 すっかり日が暮れるとSUPER JUNIORが登場!スクリーンに1人ひとりメンバーが映し出されただけで、大歓声が沸き起こる。真っ赤なライトがステージを映し出すなか、ステージ後方から全身黒いスーツ姿のメンバーが登場。重低音がリズムを刻むなか、妖艶な雰囲気をたたえながら「OPERA(Japanese ver.)」、「Mr.Simple(Japanese ver.)」と立て続けにヒットシングル曲を披露し、観客のボルテージは最高潮に。「(5万4000個の青い光の会場を見て)本当にきれいですね〜今日初めましての方もいると思いますが、僕たちSUPER JUNIORのステージを思い切り楽しんでいただけると嬉しいです!」(ソンミン)と喜び、リーダーのイトゥクが「僕たちはこの舞台は初めてですが、日本のアーティストのみなさんと一緒のステージに立つことができて本当に光栄です。よろしくお願いします」と丁寧に挨拶。「SORRY,SORRY」では、「みなさんの声が聴きたいです!」と観客と掛け合い。また「BONAMANA(Japanese ver.)」では、メンバーがステージ左右に広がり、横並びになって大きく手を振ったり、花道を通って客席近くへ行き、ジャンプしたり、頭を振り乱したりと白熱のステージを展開!ラストは新曲「Sexy,Free&Single(Japanese ver.)」(8月22日発売)で魅了し、「毎年チャンスがあれば、このステージでみなさんにお会いしたいと思います」(イトゥク)と約束を果たし、惜しまれる声に見送られステージを後にした。

大歓声に包み込まれた白熱のステージ

 また、ダイナミックなパフォーマンスで魅了したといえば、三代目 J Soul Brothers。各自異なるカラーの衣装でステージ下から上昇して登場し、爽快な「Go my way」を披露。続く「1st place」では、1人ずつ個性あふれるダンスを繰り広げ、グループとしてはもちろん、各々のレベルの高さを魅せつけ、ミドルチューン「FIELD OF DREAMS」では、メンバーがステージ左右に広がり、ジャンプして観客を煽った。「昨年に引き続き2年連続の出演で、今日という日を凄く楽しみにしてきました。今日という日は今日、今という時間は今、もうすぐ夏が終わるけど、夏の思い出をみなさんと一緒に作りたいと思います」(今市)と新曲「花火」を披露。今市と登坂の切なくも胸をじんわりさせるファルセットボイス、感情を込めて歌うボーカル2人の周囲をしなやかに踊るパフォーマーの光景に、新たな三代目J Soul Brothers、内から湧き出る情熱を感じたのだった。さらにDOBERMAN INCを呼び込み、炎が上がるなか、上半身裸になって「FIGHTERS」を披露。男気あふれる姿、大和魂を見せつけた。

 『a-nation』東京初日のトリを飾ったのは、東方神起。一気に客席が赤いサイリウムのじゅうたんへと変貌し、スクリーンに東方神起の名前が映るとすさまじい大歓声が場内を支配した。「MAXIMUM」のイントロがはじまると、花火が上がり、メインステージ下からユンホが登場!今度はサブステージ下からチャンミンが登場そ。そこにユンホが加わり、2人揃って華麗にパフォーマンス。「Superstar」では、ダンサーを引き連れキレのあるダンスを展開。「盛り上がっていくぜ〜!」と、ユンホの気合いの入ったコールに合わせて、チャンミンも拳を振り上げ、応戦!「こんばんは〜みなさんお待たせしました!今日も相当熱いですね。1年ぶりに『a-nation』のステージに立ちましたが、みなさんいかがですか?楽しんでますか?」(ユンホ)、「東方神起もこのステージに立ててすごくうれしいですし、一番はここにいるみなさんに会えて本当にうれしいです!みなさんの熱気がものすごく熱くて気持ちいいです」(チャンミン)、「東方神起もこの熱気に負けないように、最後までいきたいと思います!」(ユンホ)と意気込んだ後、「みなさん準備はオッケーですか?」(チャンミン)、「最後まで東方神起とひとつになって盛り上がりたいと思います」(ユンホ)と「ANDROID」をスタイリッシュにパフォーマンス。一旦ステージから姿を消した2人は、白いベストから黒いベストに着替え、切ないバラード「STILL」を熱唱。「Duet」では、2人の息の合ったハーモニーを響かせ、観客はじっくりと聴き入った。また「Before U Go」では、セクシーなダンスとともにチャンミンの胸に迫るハイトーンボイスが心に焼きつき、「BREAK OUT」では、ダンサーたちと圧巻のロボットダンスを繰り広げた。

 さらに、「we are T!」の掛け合いをし、「最後まで盛り上がっていくぞ〜!」(ユンホ)と二手にわかれトロッコに乗って、「ウィーアー!」を歌いながら一周。サイン入りのフリスビーやカラーボールを投げたり、手を振ったりとステージから遠く離れた観客たちとコミュニケーションを堪能しながら「Summer Dream」へと突入。その後、メインステージ戻ると、ステージに炎が燃え盛るなか、エネルギッシュに「Why?(Keep Your Head Down)」を展開した後、サブステージで2人は向き合いながら「Somebody To Love」をアカペラで歌唱。「もっともっといくぞ〜」とユンホがコールすると生バンドの音色が加わり、5万4000人がジャンプしながらタオル回し&大合唱!最後に力強く手を上に突き上げ、ジャンプすると打ち上げ花火が上がり、この日最高潮の熱気に包まれながら、東方神起のステージで幕を閉じた。「今日は素晴らしいアーティストとひとるになって本当に楽しかったです。2012年『a-nation』の主役はここにいるみなさんです!これからも東方神起、もっともっと頑張りますので、応援よろしくおねがいします」(ユンホ)と、トリという大役を見事に果たした。
(文:星野彩乃)

『a-nation 2012 stadium fes』はWOWOWで観よう!


stadium fes.の中から東京・味の素スタジアムで行われた8月25日(土)の模様を中心に26日(日)の模様も凝縮して放送。放送予定アーティストは、8月25日Do As Infinity、hitomi、moumoon、三代目 J Soul Brothers、湘南乃風、ソナーポケット、SUPER JUNIOR、東方神起ほか。26日AAA、BIGBANG、Every Little Thing、浜崎あゆみ、m-flo、TRF、U-KISS ほか。

『a-nation 2012 stadium fes. ver.0825』
◆放送日:9月30日(日)午後9時〜

関連リンク

PHOTO GALLERY
OFFICIAL SITE
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!