2015-06-01

20代から40代の男女に大調査!ヘルシー志向のお悩み事情

食べたいけど、健康が気になる…… 20代から40代の男女に大調査! ヘルシー志向のお悩み事情

美容やダイエットなど健康に関するテレビ番組をよく観るが、その一方で、美味しい食べ物を紹介する番組やグルメドラマも人気だ。コンビニやスーパーに行くとスイーツの品揃えの多さに驚かされ、美味しい物を食べたいけど健康や体型が気になる……という人も多いはず。そんな板挟みの欲求の中、どのようにバランスをとっているのか? そこでORICON STYLEでは、「食と健康」に関するリアルな実態に迫る!

20代から40代の男女1000人の「食と健康」に関する本音と実態とは

健康や美容&ダイエット、意識している人は77.5%スイーツを食べたいけど、カロリーが気になる……

あなたは、健康や美容・ダイエットを意識する? あなたは、カロリーを気にする?

 食べるものを選ぶときに、「美味しければいい」では済まないのが現代人。ORICON STYLEでは、20代〜40代の男女1000人に調査したところ、「日頃から健康や美容・ダイエットを意識して、食事に気を配っている」という質問に、「あてはまる」「ややあてはまる」と答えた人が実に77.5%にものぼった。なかでも「メニューのカロリー表示をチェックする」(神奈川県/20代/男性)、「メニューに迷ったらカロリーの低いほうを選ぶ」(東京都/30代/女性)といった回答からも、「カロリーの高いものは美容と健康に良くない」という考えは広く浸透しているようだ。そんなヘルシー志向の現代人の悩みどころは間食の誘惑。「甘いものを食べたいが、カロリーが気になる」という設問に72.8%の人が「あてはまる」「ややあてはまる」と答えている。とはいえ、「疲れやストレスが溜まると甘いものが食べたくなる」(京都府/30代/男性)という回答からも、体と心がスイーツを求めるときはあるようだ。

健康や美容&ダイエット、意識している人は77.5%スイーツを食べたいけど、カロリーが気になる……

食後にデザートを食べたくなる?

 昔から「甘いものは別腹」とよく言われるが、「食事の後はデザートや甘いものを食べたくなる」という設問に、73.8%の人が「あてはまる」「ややあてはまる」と答えている。「食事のあとに口をさっぱりさせたい」(埼玉県/40代/女性)という回答にあるように、特に脂っこいメニューの後には“お口直し”のために爽やかなスイーツが欲しくなるようだ。しかしガッツリ系メニューに加えてデザートまで食べてしまったら、「カロリー過多が心配」(和歌山県/40代/男性)、「脂肪に加えて、糖分の摂りすぎになってしまう」(東京都/20代/女性)といった不安の声もあがっている。食後のデザート欲求は、健康や美容を意識している人にとって大きな妨げになっているようだ。

実際に、デザートを食べる頻度は……頻繁に食べる人が4人に1人

あなたは日頃、デザートを食べますか?

 カロリーが気になるならデザートは控えたほうがいいとわかってはいても、欲求に打ち勝つのはなかなか難しいもの。右のグラフにあるように、頻繁に食べる人のほうが、まったく食べないという人を上回った結果となった。では半数以上を占めた「たまに食べる」という人がどのようなタイミングにデザートが欲しくなるのかというと、「残業した後のご褒美に」(三重県/30代/女性)、「家に帰ってほっとひと息ついたときに」(神奈川県/20代/女性)、「食事だけでは物足りないので」(大阪府/40代/男性)といった回答が寄せられた。調査対象である働きざかりの20代〜40代にとってデザートやスイーツは小腹を満たすだけでなく、心や体の休息に欠かせないものだということが今回の調査で浮き彫りとなった。

外食時の意外な行動とは……お酒を飲み過ぎるより、デザートを食べてしまう人が多く過半数超え!

外食の際にやってしまいがちな行動は?【デザートを食べてしまう】

 美容や健康を気づかうなら、外食よりも自炊が理想的。とは言え、働きざかり世代を反映してか「外食はほとんどしない」という人はアンケート調査でも少数派。また、かつては“大人の外食”と言えばお酒がセットだったが、若者のお酒離れに加えて健康志向の高まりからか、調査によると「外食の際に飲みすぎてしまう」という人は減っているようだ。ところがその一方で、「外食の際にデザートを食べてしまう」という人は、「あてはまる」「ややあてはまる」を加えると57.8%と半数以上。外食中はもちろん帰り道にも“落とし穴”があるようで、「ついでにという感覚でコンビニに立ち寄ってしまう」(愛知県/20代/女性)という人も多かった。

 「デザート選びで気にしていること」として、「癒し」や「お腹を満たす」という回答が上位にあがったように、デザートを求める心理はなかなか抑えられない。そんななかでも「なるべく低カロリーなものを選ぶ」と、ここでもカロリーを気にする声が多かった。健康志向とデザート欲求を両立させるには、やはりヘルシーなスイーツを選択するのが得策と言えそうだ。

【調査概要】
調査名:「食と健康に関する意識実態調査」
調査期間:2015年4月17日(金)〜4月24日(金)
調査地域:全国
調査対象:20〜40代男女 1,000人(※日頃から健康や美容・ダイエットを意識している人)
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ(調査企画:株式会社oricon ME)

オリコンランキングに参加しませんか?アンケートモニター募集中!

1400人が選んだヘルシーだと思うスイーツNo.1「ゼリー」

ヘルシースイーツランキング 1位ゼリー/2位わらびもち/3位杏仁豆腐/4位あんみつ/5位ようかん

 健康と美容は気になるけど、やっぱり甘いものはやめられない。そんな現代人が選んだ「ヘルシーだと思うスイーツ」の上位には、和菓子系が並んだ。洋菓子に多く使われるバターやクリームは高カロリーで「摂りすぎは美容と健康に良くない」というイメージがあるようだ。そして和菓子を押しのいて1位となったのは、さっぱり系スイーツの代表とも言える「ゼリー」。実際、ゼリーは水分も豊富で、フルーツが使用されていることが多い。口当たりもすっきりして、これからの暑い季節にもぴったりだ。スイーツにはお腹を満たすだけでなく、心を癒す効果もある。今回の調査では、カロリーや成分に配慮しつつもあまり神経質になりすぎず、上手にスイーツと付き合っている現代人の姿が浮かび上がった。今年は季節外れの台風6号の到来など、真夏のような気温が続いているが、ヘルシースイーツで身体を思いやってみてはどうだろう。

最近はフルーツゼリーにも様々なタイプ・種類が続々登場! 近年は、果汁や果肉入りのフルーツゼリーが主流で、フルーツ感たっぷりのゼリーが人気のようだ。カロリーゼロやナタデココ入りのゼリーもあり、特にカロリーを気にする人にも嬉しい。最近では、二層仕立てやふるふるとした食感のジュレタイプのゼリーなど、様々な商品が発売されている。

【調査概要】
調査名:「ヘルシーだと思うスイーツ調査」
調査期間:2015年1月30日(金)〜2月12日(木)
調査地域:全国
調査対象:10代〜40代の男女 1,400人(10代男女 各100人/20代〜40代男女 各200人)
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ(調査企画:株式会社oricon ME)

オリコンランキングに参加しませんか?アンケートモニター募集中!