2015-12-15

Christmas night in Tokyo
「グランルーフ」の光アートで高まる風を彩る東京クリスマスナイト

Christmas night in Tokyo「グランルーフ」の光アートで高まる風を彩る東京クリスマスナイト

about a GRANROOF 未来を感じる東京駅八重洲口のランドマーク・グランルーフ

外観イメージ  グランルーフとは東京駅再開発の一環で2013年9月、八重洲口に誕生した新ランドマーク。 デザインは世界的建築家のヘルムート・ヤーン氏によるもので、“光の帆”をイメージした大屋根が印象的だ。 インスタレーションアートのメイン会場は長さ約230メートル、幅最大9メートルの歩行者通路で、広々とした空間で壮大なインスタレーションアートを体感できる。

Tokyo Colors.2015

Rhizomatiks Architectureが手がける「Tokyo Colors.」再び!

Rhizomatiks Architecture  昨年東京駅100周年を記念して行われた冬季限定インスタレーションをさらに進化させた「Tokyo Colors.2015」。 企画・プロデュースは昨年に続き、Rhizomatiksの有國恵介氏(写真)。 数々の商業施設で先進的なインタラクティブ作品を手がけてきたRhizomatiksの建築部門「Rhizomatiks Architecture」が制作した。

風を受けて演出が変化! 先進的なインスタレーション

光のアート  この“光のアート”でもっとも斬新なのは、風をキャッチして光と音に変換していること。 施設28ヶ所に風向きセンサーを設置し、気流をシミュレーションしているという。 パターン化された光の点滅や色合いだけだと見飽きてしまいがちだが、ここでは通り抜ける風によってさまざまな動きを見せるため、何度訪れても楽しめる。

“希望の芽”とアンビエントなサウンドが織りなす幻想空間

光のアート  風を受けて光を表現しているのは、独自に作られた“希望の芽”と呼ばれるオリジナル灯具約3000本。 それらが約230メートルの通路両側に配され、幻想的な空間を作り上げている。 音楽も、風を受けてさまざまなサウンドに変化。 冬の空気と風を受けて生み出される光と音は、日常を忘れ別世界へトリップさせてくれそうだ。

Installation art Special Movie

Christmas Installation art

クリスマス期間中は特別バージョンも披露!

光のアート  12月20日から25日までは、このインスタレーションアートもクリスマスバージョンに…。 クリスマスカラーに変化したり、限定サウンドが流れたりと、この期間ならではの演出が楽しめる。 ちなみに、施設内ペデストリアンデッキには“希望の芽”で作り上げたクリスマスツリーも飾られているので、こちらもチェックを。

Christmas Dinner&cafe

光のアートを堪能した夜は食事もこだわるべし

 インスタレーションアートを眺めるだけで帰るのはもったいない!  光と音の幻想空間を堪能したら、次は食を味わってみよう。 クリスマスシーズンに楽しむ光のアートは、カップルや女子同士、大勢のグループなどなど、一緒に訪れる人によって見え方が変わるもの。 そのあとのグルメも、その余韻を味わうつもりでチョイスを。

  • TENQOO
    (ホテルメトロポリタン丸の内)

    東京の夜景を見下ろしながらいただくことができる、ホテル27階にある本格フレンチレストラン。クリスマス限定ディナー(税・サ込1万8000円)は特別な夜にぜひ…。

  • VOLPUTAS OLIVEOIL DINING TOKYO(グランルーフ)

    オリーブオイル・コンセプトレストラン。美容にも良いとされる、質の高いオリーブオイルを使ったタパスやパスタなど、多数のスパニッシュイタリアンが楽しめる。

  • ACORN
    (グランルーフ フロント)

    こだわりの生ハムや自家製ソーセージ、多数のフレッシュチーズのほか、新鮮なカキなど、オリジナルの地ビールや世界のワインが多数。75席あるので大人数でも安心。

information

「Tokyo Colors.2015」
開催期間:開催中〜 2016年1月11日(月・祝)まで
開催時間:17:00〜23:00 (予定) ※荒天の場合は点灯を見合わせる場合があります

東京駅グランルーフ 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 アクセス/JR東京駅八重洲中央口から徒歩1分

東京駅グランルーフ
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 アクセス/JR東京駅八重洲中央口から徒歩1分

公式サイト