• ホーム
  • 芸能
  • Perfume、YKKショートアニメのエンディングテーマを歌う!

Perfume、YKKショートアニメのエンディングテーマを歌う!

Perfume、YKKショートアニメのエンディングテーマを歌う!

 ファスナーのトップメーカーであるYKKが、企業ブランドおよびファスナーを広く伝えていくための活動の一環として、Perfumeがエンディングテーマを歌うショートアニメ『FASTENING DAYS』(石田祐康監督)を制作。公式YouTubeチャンネルにて、日本語、英語、スペイン語、フランス語、中国語(簡体字/繁体字)で全世界向けに公開した。

 同作は、YKKのブランディングメッセージである「“つなぐ”ことの大切さ」をテーマに、同社が71ヶ国・地域で事業活動を展開するファスニング事業のタグライン“Little Parts. Big Difference.”を世界に伝えるべく制作された。ストーリーは、とある近未来のとある街に暮らす少年と少女、ヨージとケイが主人公。ふたりは実はヒーローとしての姿を持ち、平和な日常に訪れた危機を乗り切ろうと奮闘する。疾走感あふれる近未来アニメーションに仕上がっている。

 監督には、『フミコの告白』(2009年)で第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞や、2010年オタワ国際アニメーションフェスティバル特別賞を受賞するなど、世界中から注目されるアニメ監督のスタジオコロリドの石田祐康氏を起用。また、エンディングテーマには、2014年9月に全米デビューを果たし、10月からは世界5都市を回る『Perfume WORLD TOUR 3rd』を開催するなど、グローバルに活躍するPerfumeの「Hurly Burly」(2012年発売)を採用した。

 今回の起用に石田監督は「多くの人にとっても広く親しまれている、あの“締め心地”を実現しているブランドのアニメーションを作れるとなればワクワクせざるを得ません。様々な面での初挑戦も相まり、思わぬ苦戦をすることとなりましたが、スタッフの協力を借りて、結果とても軽快で楽しげな作品になったのではないかと思います」と自信をのぞかせる。

 一方、ツアーの衣装はすべてYKKのファスナーを使っているというPerfumeは「Perfumeの衣装の早替えの早さは、YKKさんのファスナーにあるといっても過言ではない!」と告白。エンディングテーマへの採用については「楽曲がマッチングしているか……それはいまだに不安なところはありますが(笑)。この曲がいい! というお話をうかがったので、こちらは前のめりで受けさせていただきました! 日本だけじゃなく、世界のたくさんの人に届いたらいいなぁと思っています」とコメント。

 躍動感に溢れた主人公たちが、街を疾走していく姿は、「つなぐ」機能を持ったファスナーという小さなパーツが、大きな違い、未来の可能性に繋がって行くことを表現するコンテンツになっている!

ショートアニメ『FASTENING DAYS』公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!