• ホーム
  • 芸能
  • 梅宮辰夫、6年ぶりCM撮影で5時間の大遅刻!?

梅宮辰夫、6年ぶりCM撮影で5時間の大遅刻!?

 ベテラン俳優の梅宮辰夫さん(76)が、映画の撮影現場に大遅刻し監督を怒らせた――というのは、彼が6年ぶりに出演するCM上の話。ショップジャパンが展開する1台7役の人気ミキサー『マジックブレット』の新CMで、「映画から降ろすぞ!」、「プライドがみじんもないのか!」と激怒する監督をよそに、梅宮さんは軽やかに歌いながら同商品で大根をおろしたり、玉ねぎをみじん切りにしたりと、とことんボケまくり。俳優としてはもちろん、バラエティでも存在感を放つ梅宮のユーモアセンスあふれるCMになっています。

おもしろいと話題に! 宇梶剛士さん出演の「ワンダーコア」CMより
 ショップジャパンといえば、俳優・宇梶剛士さんのコミカルな演技が笑いを誘った、“倒れるだけ”の腹筋マシーン『ワンダーコア』のCMが、動画再生回数200万回を越える話題作になったことが記憶に新しいですよね。宇梶さんをあらゆるピンチが襲い、その度に唐突に腹筋をする姿は大きなインパクトを残しました。

激怒する撮影監督をよそに、梅宮さんは楽しくクッキング♪
 そんな前作に負けず劣らず、新CMもクスリと笑える仕上がりに。「映画から降ろすぞ!」のひとことには、さすがの梅宮さんも「俺を誰だと思ってるんだよ! 梅宮辰夫だぞ!」と反論し、その迫力には思わず監督も「すみません…」とおじけづいてしまうほど。現場に張り詰めた空気が流れ、どうなることやら…と思った瞬間、梅宮さんは「大体おろすってのはな…」と再び愉快にクッキング。撮影監督の怒りとそれに動じない梅宮さんの滑稽なやり取りが、時短調理に役立つ同商品の特徴をユニークに描いています。

撮影現場には映画さながらの本格セットが組まれた
 時代劇の撮影現場が舞台となった本作ですが、実際に映画さながらの本格的なセットが組まれ、風情漂うなかでのCM撮影となりました。芸能界きっての食通であり、「梅宮辰夫漬物本舗」や「梅宮辰夫の江戸前鮨 すし辰」といった自身プロデュースの飲食店を多数経営するなど、料理の腕も買われている梅宮さんは“役衣装”のエプロン姿もお似合い。大根を持ちながらマシーンを操作し、歌うシーンでは、さすがのベテランもNGを連発してしまいましたが、そのほかでは年齢を感じさせない演技力で次々にOKテイクを重ねていったそうです。

『マジックブレット』を使えば下ごしらえもラクラク! 時間を有効活用しちゃおう
 『マジックブレッド』は、食材をカップに入れて押すだけで「きざむ」、「おろす」、「泡立てる」、「する」、「まぜる」、「挽く」、「砕く」を瞬時にこなす時短調理の救世主。目が痛くなる玉ねぎのみじん切りや、手が疲れるホイップ作りなど、面倒な下ごしらえがこれ1台でラクラク。毎日のおかずやお弁当、おやつ作りまで幅広く活躍します。軽量でコンパクト、さらに洗いやすい構造も特長であなたの右腕となってくれること間違いなし!
 新CM「プロデューサーと梅宮さん」篇は、関東、関西ほか全国6エリアで10月7日よりオンエア。
◆ショップジャパン 公式サイト
http://www.shopjapan.co.jp/top/CSfTop.jsp

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!