• ホーム
  • 音楽
  • 氷室京介、「新型Golf Variant」CMキャラクターに!新曲も書き下ろし!

氷室京介、「新型Golf Variant」CMキャラクターに!新曲も書き下ろし!

氷室京介、「新型Golf Variant」CMキャラクターに!新曲も書き下ろし!

 日本を代表するロックミュージシャン・氷室京介が、約3年ぶりにCMに出演!フォルクスワーゲン グループ ジャパンの「新型Golf Variant」CMキャラクターに起用され、新曲となるCMソング「ONE LIFE」を書き下ろした!CMは2014年1月6日よりオンエア!

 ミュージシャンとしてストイックにロックを追求するのはもちろんのこと、ゴルフやフィッシング、カメラなどプライベートの趣味にも真剣に取り組む氷室。そんな姿勢が、実用性とスタイリッシュな外観、スポーティーな走行性能に、環境性能(燃費)を兼ね備えたジャーマン・ステーションワゴン「新型Golf Variant」の「+ing」というコミュニケーションコンセプトと合致。同車のメインターゲットである30〜50代からの支持も高い氷室に、CMキャラクターとしての白羽の矢が立った。

 同CMでは、「新型Golf Variant」で颯爽とドライブし、山中の厳しい環境下でトレッキングに取り組む氷室のオフタイムを、迫力ある映像とともに表現。常に新しいことに挑戦する氷室の姿を通じて、今を愉しむ大人たちにライフスタイルの豊かさを提供する同車の魅力を訴求する。下山して車に戻ったところで野うさぎと出会い、思わずカメラのシャッターを切るシーンでは、普段あまり見せない“素”のリラックスした表情や微笑みも披露。緊張感のあるトレッキングシーンとは対照的に、ヒューマンでホッとするシーンに仕上がっている。CMソングは、氷室が書き下ろした新曲「ONE LIFE」。何事にも挑戦し続ける、現在進行形の人に語りかけるフレーズと、情熱的に歌い上げるミドルテンポのメロディが、CMのストイックな世界観をより一層引き立てている。

 大自然の厳しい環境のなかで行われたロケ撮影について氷室は、「ロケ地の山頂付近は、壮大で最高なロケーションでした。極寒のなか、プロフェッショナルな撮影クルーとの仕事は、寒さも感じないほど充実した撮影で、完成した映像もとてもカッコよくて気に入っています」とコメントしている。

◆氷室京介が出演する「新型Golf Variant」30秒テレビCM

◆CMメイキング映像

【CM撮影エピソード】

◆寒さの厳しい冬の阿蘇山頂付近でロケ撮影
 撮影は、熊本県阿蘇山の山頂周辺で行われた。CM冒頭のシーンが山頂で日の出を迎えるという設定上、夜中の3時に現場入りして、本番開始に備える氷室。12月という時期にしては天候に恵まれたものの、標高の高い山頂の岩山付近という場所柄、ロケ地の気温はマイナス1度以下。ときおり頬を撫でる風も冷たく、防寒対策をしたスタッフも機材の運搬や撮影中、何度も凍える思いをした。しかし、タイトな黒のトレッキングウェアに身を包み、誰よりも軽装の氷室だけは一切「寒い」と口にしたり、寒そうな仕草を見せることなく、早朝5時から半日以上撮り続ける撮影に向けて、静かに集中力を高めていた。

◆トレッキングとこだわりのマイカメラでオフタイムを演出
 CMでは、心身を鍛えるトレーニングのイメージとして、トレッキングのシーンをメインビジュアルの舞台として採用。険しい岩場の一角で、氷室のストイックなリアリティにこだわって撮影された。また、趣味であるカメラのシーンの撮影にあたり、氷室は普段から使っているライカを2台持参。本篇でもその1台を実際に使用している。自宅に暗室があり、フィルム現像やプリントも自ら手掛けるなど、興味を惹かれたものにはこだわりを持って全力で取り組む氷室のストイックな姿勢がここでも垣間見えた。

◆「朝までやらなきゃダメかな」と覚悟を決めた微笑みシーン
 本業ではない”演技”を要求された氷室が思わず「こりゃ朝までやらなきゃダメかな」とジョークを飛ばし、スタッフを笑わせていたのが、野うさぎの写真を撮った直後に微笑むシーン。氷室が普段あまり見せない“素”の表情を映し出す山場だけに、真剣な表情で何度もプレイバックを見ながら、直前の演技をチェックし、自分を追い込んでいた。目線や表情、仕草など、細部にまで神経を行き届かせ、4テイク目にしてようやく監督のOKが出たものの、納得の行かないポイントがあったのか「最後に、もう一回だけやらせてください」とリクエスト。再び集中を高めると、見事にこの日一番の微笑みを披露し、本篇では氷室がリテイクを要求したこのラストカットが採用された。

◆フォルクスワーゲンユーザー・氷室も絶賛の「新型Golf Variant」
 撮影のために用意されたピカピカの新型Golf Variantを前にして、「カッコいい車ですね」と目を細めていた氷室。自らの活動拠点である米・ロサンゼルスは世界でも有数の車社会。氷室が所有する車のなかには、常時フォルクスワーゲン車をラインナップに加えているという。フォルクスワーゲンには親しみを持ち続けており、新型Golf Variantにも興味津々といった様子で「ゴルフのステーションワゴンは、自分にすごく合っている」と語っていた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!